速過ぎる電動カート

DSC08421.jpg
サービスXでスーパーカーをレンタルする話、第二弾です。
今回はトミーカイラZZを借りてみました。こんな格好ですが電気自動車です。

0-100km/h加速のタイムは3.9秒と完全にスーパーカーの世界です。
3.9秒ってフェラーリF40と同じ。超絶速い。
DSC084018.jpg
黄色と白の2台が選べるんですが、迷わず白を選択。黄色も好きだけど
このボディは派手すぎる。パレードするんじゃないんだから。

運転席は超タイト。レカロのバケットシートに座るというよりは
体をはめ込む感じ。運転する以外は何も出来ない(汗)
DSC08272.jpg
ボディはバスタブ型アルミフレームだそうですけど、確かにそれっぽい。
古い官舎の風呂みたいな(汗)ともかく狭苦しい。

自分がテトリスのブロックになったような気分でしたねえ。
ピタッとはまって動けない。

ヒップポイントは27.7㎝と激ひくい。駐車券を取るのも大変。
DSC08287.jpg

まだ7000㎞しか走ってない個体でしたが、かなりくたびれてました。
道路の段差を乗り越えるたびにミシミシ異音がしてボディがきしむ。

乗り心地は、見た目ほど悪くないです。ビシビシ突き上げるようなことはなかった。

インパネについてるボタンはこれだけ。
左からキルスイッチ、ハザード、そしてシフト。
DSC08307.jpg
シフトは一回ひねるごとに、R→N→Dと変化。

つまり発進するには3回スイッチをひねらないと駄目なんだよ!
戻す時も同じ。超アナログ。
DSC08248.jpg
このクルマには、何にもついてません。エアコンもラジオもカップホルダーも。
ま、幌もないからエアコンは無意味だし、風の巻き込みで何も聞こえないし(笑)

パワステもなし。ブレーキのアシストもナシ。とにかく何もない。

ステアリングが重いのは、全く気になりませんでした。それよりはスピードを
出すと、手ごたえが無くなるほうが気になりました。
DSC08326.jpg
ヤバいのはブレーキ。「踏力で効かせるタイプ」とレビューにはあったんだけど
意外と踏みしろがあって、ガツンと踏まないと止まりません。

いつもの感覚でブレーキを踏むと、車は空走していきます。
マジ怖いです。自然と車間を取るようになります。

風の巻き込みは超暴力的。80㎞/h以上出すと、横風に顔を叩かれる感じ。
僕の場合は、耳の穴が痛くなってきて参りました。

肘をついて、耳を覆いながらドライブ…傍から見ると気取ってる
ように見えるけど、本人は耳を守るのに必死だという(汗)

こういうクルマっていつもそうだよね。はたから見てるほど
本人は気持ち良くないっていう。
DSC08431_2017072711495865b.jpg
航続距離は満充電で120㎞。実際はもっと短いようです。
電池の残量表示から目が離せない。。

ところがその表示が超アバウト。数字じゃなくて、長さでみる。
しかも、「バーの長さが半分まできたら、もう充電しないと駄目」

だそうです。これだと、6~7割くらいの残量になるのかね。
DSC08367.jpg
EV乗ってて、何がストレスって、電池の残量ですよ。
それはしっかり教えてほしいなあ…。

そもそも最大航続距離120㎞の時点で、車として破綻してるよな。

このクルマを開発するにあたって、こだわったのは、

・ 0-100㎞/hの3.9秒という圧倒的な加速と
・ 850㎏という軽量ボディ

だそうです。それが根本的に間違ってる気がするなあ。

軽量化のために、快適装備はもちろんバッテリまで削ってしまったのかな。
さらにABSやTRCはおろか、ブレーキのサーボすら省いてる。

古いスポーツカーに慣れてる方からは、昔の車はみんなそうだったんだよと
いわれそう。でも、このクルマは速過ぎるんです。

暴力的な加速性能を持つクルマは、それに見合うストッピングパワーを
持たせないと。それがメーカーの責任ってものでしょう?

ピュアスポーツの美名のもとに、必要なものまで削ぎ落とすのは
ちょっと違うんじゃないかと思うんだよね。
DSC08379_20170727114953ce2.jpg
夜風を感じながら街中を流すのは楽しかったです。
でも、それは他のオープンでも出来る。

実はこのクルマで、電気をつぎ足しながら、富士山に行こうと
思ってたんです。EV限定のスバルラインをこれで走る。

いかにも気持ちよさそうでしょう?充電計画もあれこれ考えたりすると楽しい。
澄み切った富士スバルラインの空気をフルオープンで満喫するという。

でも、このクルマだと行くまでに気疲れして、ぐったりしちゃう気がするなあ。

大艦巨根主義

DSC03405.jpg
実に久しぶりの原器登場。やっぱしデカいですねえ。体感巨根…じゃなくて大艦巨砲主義は
いまだに鳥撮りの現場では主流です。

ともあれ持ってると自信出るよね。ドヤあ!
DSC_0997RAWw.jpg
D5 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRISO800 F6.3 1/3200秒

クリックで拡大。さすがD5とFLゴーヨン。クッキリはっきり。ちょっとキレすぎの感もある。
次にα9で撮ってみる。
DSC03385w.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO1250 1/3200秒

やはり、単焦点とズームレンズ+テレコンじゃあ勝負にならないって
書こうと思ったらなにコレ。あんまり差がないじゃん!

ちょっと待ってくれよ…FLゴーヨンと、60万円近く差があるんですけど。
なんてこったい。

FE-70-200 GMを買ってから、物欲が減退したわけが分かりました。
あんまり不満点が無かったんだね。そういうことだったんだ。
DSC_1041RAWw.jpg
D5 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

クリックで拡大。電車シャッターは、動き物が苦手なイメージがあります。
やはりメカシャッターで切り取ったほうが結果が良い。

カメラは据え置きで、被写体が鋭く動き回る。そういうのを
撮ると、微妙に甘いことが多いんです。ほらね…。
比較
違いを見せようとしたら、あんまりブレてないし
画質も変わんないし!片方は100万円超えなんだぜ?

何かの間違いじゃないかと思うんだけど、どうも本当みたいです。
これはいよいよ一眼レフってのも…。
DSC04001.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC

この日は、さっぱり鳥が現れなくて、茂みの昆虫を撮って過ごしました。
最短撮影距離でこんな感じ。

さすがにテレコン付けると甘いです。でも大きな一眼だと寄ること自体が
出来ないからなあ。
DSC03687.jpg
あとは、短小を気にしなければ…ですね。
巨根がうろうろしている銭湯で、前を隠さずに堂々としていられる度胸が必要です。

こっちは、硬いんだぞ!膨張率はお前らより上だあ、なんて強がってもねえ。
何の話なんだか…。

でも、大砲の列のなかに手持ちで入るのってちょっと気おくれするでしょ。
写りは遜色ないって思ってても、やっぱりね。男ってのはしみじみ、どうしようもないなあ。


ワトソン君

DSC07019.jpg
RX100M5 奇石博物館

Googleと言えば翻訳。僕にとっては、ですが。
外来で重宝するんですよ、コレ。

地方都市でも、外国人はとても多いんです。サッカー留学のブラジル人青年とか
工場勤務のペルー人とかね。

福祉施設の従業員は半分近くフィリピン女性だったりする。いまやそういう時代ですよ。

困るのは、彼らが、病気やけがの時です。通訳係りとしてきたのが、
英語がちょっと話せる中国人で、患者はベトナム人とかもうカオス(汗)

そういう時に、グーグル翻訳は助かる。みんな一瞬笑顔になるしね。
面白いなあ、コレ。しゃべるのか!って。
DSC06821.jpg
昨年11月からGoogle翻訳の精度が急激に上がってきました。
もう前みたいな、ヘンテコ訳は出てこない。

特に新聞のような硬めの文章は、ほぼ完璧にこなします。試しにワシントン・ポストとか
をコピペして、和訳させるとその出来に、本当に感動します。

AIの力恐るべし。

IBMの人工知能「Watson」が、治療が難航していた稀な白血病患者の病名を
10分ほどで見抜いたというニュース。結構話題になりましたよね。

この時点でWatsonは2600万件、紙にすると富士山を超える高さの文献を読み込んで
いたんだそうです。(IT Mediaの記事

20年前までは、文献検索と言えば、全部手作業。図書館にないものは、請求して2週間後に
コピーが届くという状態でした。いやはや。

この賢いワトソン君で我々も遊ぶことが出来ます。面白いよ。

Watsonの適用事例 + 自社に導入するための適用判断

音声認識、画像認識、性格分析ができるんですが、まずは画像が手っ取り早く楽しい。
「画像認識 Visual Recognition を試してみる (英語)」のリンクから入れます。
名称未設定-1
並んでる写真をクリックすると、AIが何を認識したかの結果が数秒でズラリと並ぶ。

手持ちの画像でもいけるので、色々読み込ませるとオモロイ。

新型R8V10Plusの一部を読み込ませてみました。
クルマの後ろ側にしゃがみこんで写真を撮ったんですが…。
20170213_171908_20170721222340365.jpg
驚いたことにワトソンは最初に「show room」を提示してきた。
端っこに写ってる階段を認識したのかね??

もちろん「tailpipe」も結果に乗ってた。ふーむ。

あとは、性格分析。任意の文章からその人の性格を分析できます。
著名人の文章や、ブログでもなんでもOK。

クライアントの送ってきたメールとかも、日々分析してるのかもと思うと
やや怖いです。
DSC07134.jpg
ソフトバンクではWatsonを使ってコールセンターにかかってきた電話の内容から
適切なアドバイスをオペレーターに耳打ちするなんてことを計画してるそうです。

スゴイ時代だよなあ。くどくど小言を言い続ける母親の相手とか、
もう何度も聞いた笑い話をする祖父の相手とかもAIにしてほしいよ。

あとは年賀状だな。あれって本当に苦痛でしょう?数年分の年賀状を読み込ませて
送ってきた内容から、相手に適した内容のを作成してほしい。

毎年、細かい文字で、びっしり年頭所感を書いてくる人とか、
「○○家、昨年の10大ニュース!」なんてのを雑誌風にまとめてくる人とか。

元旦からぐったりですよ。一種のテロだよな、アレ。
もう年賀状に関わりたくない。

みんながこれを使うと同じ内容の年賀状がいっぱい送られてきそうだね。

アイツもAI使ってんのか。
Watson以外のに替えなきゃだめだなあ、なんて。

FE 100-400mm GM 発売に寄せて

DSC03211w.jpg
α9 FE70-200GM SEL20TC ISO1000 F6.3 1/3200秒 -0.3EV

クリックで等倍。いきなりデカいのを貼りました。すんません。今回は全部でかいです。

ようやくFE100-400㎜GMの発売日が決まりましたね。出張中だったんですが
親切な方がブログ経由で教えてくださったのです。もう光速でポチ(爆)
SEL100400GM.jpg

伊達淳一さんの発売前レビューを見ると、画質も相当なもの。
今から28日が楽しみです。

夏の鳥枯れ=ネタ枯れでもありまして、またしてもセキレイであります。
ただ、今回は連写画像をカットなしで並べたところがミソ。
DSC02836w.jpg
DSC02837w.jpg
DSC02838w.jpg
DSC02839w.jpg
DSC02840w.jpg
DSC02841w.jpg
DSC02842w.jpg
DSC02843w.jpg
全て拡大可能です。2400x1559。ISOは1250。

8コマ連続で並べると大抵アマいのが混じるものです。D5だってそうです。
等倍で見ると、わずかに被写体ブレがあるけどピンはバッチリ。

河原の常連さんたちは、長い長い追尾を全部バチピンでこなしたりするけど
僕にはそんなの無理。でもα9ならこなせちゃう。

誇張でも何でもなく、今まで使ったカメラの中で、最も
動体撮影がEasyにこなせるカメラです。ある意味がっかりするくらいに。
DSC02700w.jpg
α9 FE70-200GM SEL20TC ISO500 F6.3 1/3200秒 

α9を使っても全く捉えることが出来なかったのがキジバト。
河原を僕に向かって真正面に飛んでくるんですが、これが激ムズ。

何度やってもピンが来ない。師匠からは、これはどんなカメラでも難しいと
思うよと言われました。でもテレコン外してたらいけたかも。そんなことをさえ考えてしまう。

にしても、α9使い始めてから、完全に虚脱状態で、カメラ雑誌もあんまり見てない。
E-M1markⅡ購入直後もそうだったけど、α9はもっとひどい。

何でも出来るって、逆に無力感がある。別にオレが頑張らなくても機械がやって
くれるんだなあって。

AFが全然合わないとか、ISO200以上は使えないとか、そういう苦難を
乗り越えてこそ楽しかったんだと、しみじみ。

天竺に着いちゃったあとの西遊記みたいな感じですよ。
次の展開が思いつきません。




ポルシェを格安レンタルしてみた

DSC06111.jpg
驚くほど、あっさり借りられちゃいました。3時間で7020円。
Webで会員登録して、カードで前払い。それだけ。

他の業者だと、名刺と免許証を事前に提出して、審査を受けたりしなきゃ
いけないんですけど。こんなにカンタンでいいんですか。という。

その代わり、事故を起こすと免責が50万とか(汗)。かなりアツい。
ほかのスーパーカーレンタルは、上限でも数万円とかなんですけど。
DSC06118.jpg
さらに、急激なGがかかると、警告装置が作動します。
タイヤを鳴らすようなコーナーリングをすると、ビーッと音がする。

ドラレコもついてるし、実質、隣にオーナーが座って見張ってるようなもんです。
悪さは出来ない仕組みになってます。

レンタルの中心となるのは911カレラ。驚くのは2000万超級のGT3やターボも
レンタル可能なこと。左ハンドルのMT車とか、敷居が高すぎる。でも借りられちゃう。

大昔のポルシェは、恐ろしくクラッチが脆くて、アイドリングで発進するのがお約束。
Porsche-930-HD-Background.jpg
写真は懐かしの930ターボ。

ポルシェのクラッチに慣れてないオーナーが、新車を受け取って、自宅にたどり着く前に
壊しちゃったなんて「伝説」もありましたね。

80年代後半からどんどん改良が進んで、今や、PDKと言われるデュアルクラッチ式ATが主流。
坂道発進もストレスなしです。
DSC06144.jpg
で、僕はオープンカーを試したかったので、ボクスタースパイダーを選択。
これが、思った以上に男臭かった(笑)

軽量化を追求するあまり、ドアノブがベルトに(汗)
ドアミラーはもちろん手動。
DSC06162.jpg
幌も勿論手動…というかこれが強烈難物。
係りのお兄さんからは、

「慣れてる僕らでも、3分はかかると思います。
手順が複雑で大変なので、開けないで乗るお客さんも多いんですよ。」

でも、やっぱり開けたい。じっくり操作法を教えてもらいました。
まずはトランクを開ける、ダンパーなんてついてない。ロッドで支える。
DSC06314.jpg
トランクを開けると、幌の張りが緩む。テントのペグを外す要領で2つの留め金を
外します。
DSC06331_20170715223847d61.jpg
次に、ウインドスクリーンのホック(五箇所)を外します。
DSC06376.jpg
次にドアを開けて、ウインドスクリーンを根元から外します。
DSC06396.jpg
まだまだ幌は外れない(汗)
外したスクリーンはトランクにしまいます。
DSC06413.jpg
トランク内のゴツい留め具を外します。
DSC06474.jpg
これで、やっと幌の梁を外すことが出来ます。まだ外れない(笑)
幌を巻き上げてフロントウインドウ中央のラッチを外して終了。

外れた幌は、リアトランクの専用スペースへ収納。全部手作業です。
やれやれ、やっとオープンになった。
DSC06545.jpg
でも、幌を外した姿は、実にカッコいいです。これはしびれるなあ。
炎天下で作業したんで、顔も頭皮も真っ赤。ゆでだこ状態。

それでも走るぞオレは。風になるんじゃ!

借りた車には、スポーツエグゾーストとスポーツクロノパッケージという
2大お楽しみ機能がついてました。

スイッチオンで、ポルシェサウンドが炸裂…。



動画ではあんまり伝わらないんですけど、すごくイイ音なんですよ。
フェラーリの甲高い音とも、国産チューニングカーの野太い響きとも違う。

メーター読みで100㎞/hも出てないのに、響きだけは音速超え(笑)
あまりにすごいんで、運転中は笑いっぱなし。なんてデタラメなんだ。最高じゃないか!
DSC06176.jpg
幌は大変でしたけど、パワーウインドウもエアコンも完備。
バックギアに入れれば、ナビ画面にリアカメラの映像が出ます。

調節性ゼロのバケットシートで、レーシーな気分も味わいつつ
実は快適性も失っていないという。なかなか面白いバランスとなっています。
DSC06574.jpg
それにしてもオープンは面白かった。高速のトンネルの中は意外と何の臭いもしなくて
むしろ地元の海岸の磯くさいのが気になったり。

日中より、夜のほうが快適で楽しかったり。いやはや、勉強になりました。
他にも面白そうなクルマがあるんで試してみようかな。


プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR