α9 テレコン付けて連写しまくり!

DSC07938w.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO1600 F5.6 1/2000秒 -0.3EV  クリックで拡大

うーむ若干、後ピンですねえ。もっと絞らなきゃダメか。
難しいですトンボは。400㎜相当だと被写界深度も浅いし。

それでもAFは頑張って反応してますが。

写距離は3mくらいでしょうか。作例は2400x1600までクロップしてます。
この距離だとピンが後ろに抜けやすい。まあ当たり前か。

E-M1markⅡだと意地でも前に合わせようとするんですけどね。
DSC00124w.jpg
SEL14TC ISO500 F5.6 1/2000秒 -0.7EV  クリックで拡大

X1.4テレコンで280㎜。半段絞ると、かなりキリッとします。
この写りにはしびれた。

ところで、FE 70-200mm F2.8 GM OSS SEL70200GMはなかなか面白いレンズです。
DSC00312w.jpg
SEL14TC ISO200 F6.3 1/2000秒 -0.3EV  クリックで拡大

最短撮影距離は約1m。テレコンをつけても変わらないようです。
ワーキングディスタンスぎりぎりでは、かなりソフトに写ります。

倍率は0.25倍。ポートレートや花にはテレコン併用も面白そうです。
画角の違いはこんな感じ。

200㎜
DSC08300_20170608111627b32.jpg
280㎜
DSC08340.jpg
400㎜
DSC08276.jpg
望遠馬鹿としては黙ってx2テレコン一点買い…とはいうものの
そよ風が吹いても、花が動いてぶれるし、ピントは薄いし異常に難しいです。

さて、いよいよ野鳥撮り。果たして70-200GMにテレコンの使い勝手はどうか。
わくわくしますなあ。

今回は、照準器には頼らず、ファインダのみで撮影してます。
ブラックアウト無しの連写だと。追尾が楽なのはもちろん、他にもメリットがあります。
DSC00248w.jpg
SEL14TC ISO1250 F5.6 1/2000秒 クリックで拡大

ピンが後ろに抜けやすいシーンですが、仮に抜けても、すぐAF-ONボタンを
押しなおすとか、リカバリする余裕がある。。

一眼だと、追うのに精一杯でだったりします。ファインダの映像が途切れないので
連続的に捉えるのが楽だしデフォーカスしてるのが分かりやすい。
DSC00608w.jpg
SEL14TC ISO500 F5.6 1/2000秒 -0.7EV  クリックで拡大

x1.4テレコンで280㎜。30m以上の距離だと、とても遠く感じます。
2400x1600にクロップしてもカワセミはとても小さいです。ピントは合ってるみたいだけど。
DSC00695w.jpg
SEL20TC ISO1250 F6.3 1/2000秒 -2EV  クリックで拡大

2倍テレコンで400㎜。暗いとこでF6.3はいかにも厳しい。かといってF5.6だと甘くなるし。
やはり、早いとこ望遠単焦点をだしてほしい。そればっか言ってますが。

コアジサシの舞う沼にやってきました。
DSC02061w.jpg
SEL14TC ISO800 F5.6 1/4000秒 +1EV  クリックで拡大

背景なしの動体は、大抵のカメラの得意種目…のはずですがx1.4テレコンだと
歩留まりが悪い。甘ピンが頻発。

近接だと、そんな感じはないのに・・・結果ほとんどx2テレコンでの撮影になりました。
DSC02141w_201706090815543ac.jpg
SEL20TC ISO160 F6.3 1/2000秒 -0.7EV  クリックで拡大

魚をみつけると、体をグイッとひねって…。
DSC01222w_201706090815534b0.jpg
SEL20TC ISO160 F6.3 1/2000秒 -0.7EV  クリックで拡大

一気に急降下!足がたたまれているのがカワイイ。
DSC08066w_201706090815566b4.jpg
SEL20TC ISO160 F6.3 1/2000秒 -0.7EV  クリックで拡大

そしてダイブ!ほとんど失敗しません。大したものです。
翼が大きな鳥で、離水は見応えがありますね。
DSC01931_201706082132196ab.jpg
SEL20TC ISO640 F6.3 1/4000秒 -0.3EV 

ファインダでの追尾は、見やすく痛快そのものでありますが、目の前に突然
落っこちてくると、振り切られてしまいます。

これは、ホントに近かった…甘ピンなので、縮小画像のみ(汗)

さて、ざっと使ってみた感想は、レンズさえ揃えば、これは間違いなく超一級の
動体撮影システムになります。

前にも書いた通り、EVFの映像はゴワゴワして精細感に欠けるものですが
実用上全く差し支えありません。

ウットリして見入るようなものではなく、実用重視のツールです。
僕はそう考えることにしました。
DSC08043w.jpg
SEL20TC ISO1250 F5.6 1/2000秒 -1EV  クリックで拡大

野鳥や昆虫は被写体のサイズが小さいし、動きも不規則なのでAFにとっては
相当の難物です。このあたりは先行しているメーカーに一日の長があると感じます。

AF設定は標準のまま使っていました。使っていたのはもっぱらソーンAFです。
被写体をきっちり捉え続ければコマ速はほとんど低下しません。

AFが迷うようなシーンでは、秒15コマくらいまで連写スピードが落ちてました。
それでもスゴイ事ですけどね。

較べてみると安定感のD5、瞬発力のE-M1markⅡ.α9はその中間くらいでしょうか。
あくまで、素人がちょっと使ってみての感想ですけど。

今後ユーザーからのフィードバックを受けて、ますます動きが洗練されていくのでしょう。

結論としては、早いとこ、望遠・・・(以下略)


気分が上がるEマウント用テレコン SEL20TCとSEL14TC

DSC02614w.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO640 F6.3 1/4000秒 クリックで拡大

さて、超のつく高速連写を活かそうにもレンズがない状態のα9。
メーカーサンプルも大半が70-200を使用しています。

当面、テレコンでしのぐしかないようです。
P6040004.jpg実は、テレコンがあまり好きじゃありません。

「テレコンをつけても、画質低下はほとんど感じられない」
テレコンのレビュー記事でお約束のフレーズ。

これを見るたびに毎回「んなわけねーだろ」というツッコミを入れてます。
すでに完成してる光学系に何かを足して、良いことがあるわけない。

やっぱし、素の状態が一番いいわけです。ある意味テレコンはコンドームに近い。
x2テレコンなんてゴム2枚重ねみたいなもんで、気持ちイイわけがない。
P6040001.jpgx1.4テレコンとx2テレコンの両方を購入しました。
α9にいくら注ぎ込んだんだろうねえ…もう考えたくない。

感心したのは、テレコンにもちゃんと、ソフトケースがついてくるんです。
うっかり落としても大丈夫そうな厚手の素材でしっかりしてます。
P6040009.jpg
ケースの寸法は同じなんだけど中敷クッションの厚さが各商品で変えてある。
すき間なくピッタリ収まるように出来てる。手抜きなし。

これは気分が上がったね。SEL70200GMのケースも立派だった。
レンズとボディでは、別のチームが商品構成を考えてるのかなあ。

ボディはひどいもんでしょう?高いのもそうじゃないのも粗末な紙箱に
入れてあるんじゃないですか。ゲンナリするんだよ毎回。
P6040014.jpg
純正の保護フィルタも買ってみました。
どうせ傷つけるからと、いつも安いのを付けてるんですが…。

なんと、ZEISS銘が。グッときますな。
値段にもグッときますが(爆)いつも安物をつけてるんで、ビックリだよ。
P6040015.jpg
安物フィルタのケースって、ビニール製だったり、
実験でつかう樹脂製のシャーレみたいなやつとか。

これには、ワンタッチで開けられるラッチがついてる。
ま、一度開けたら、フィルタを戻すってことないけど、なんか嬉しいぞ。
P6040016_201706051434148e9.jpgマルチコートを表すT*マーク。
根拠はないけどいけそうだぜ。撮る前から期待が膨らみMAX。

んで、例によって、翡翠の模型でテスト。
まずは素の200㎜で。距離は5mくらい。
DSC08620.jpg
次にSEL14TCを装着。280㎜。
DSC08689.jpg
SEL20TCをつけて400㎜。
DSC08857.jpg
夕暮れのあぜ道でテストしてると、いい年して何をやってんだオレは…。
そんな気持ちになりますが、これをやらないと先に進めないのよね。

中央部をクロップして開放と、半段絞った時の画質を比較しました。
クリックで拡大します。比較画像
やっぱし、2倍テレコンは開放だと甘いよね。これはF6.3固定で使うことになりそう。
よほど条件に恵まれないと使いにくい。

いろいろやってたら、とっぷりと日が暮れた。
DSC02707.jpg

で、実際に使ってみてどうだったかは次回に。
ざっくり言うと相当イケてました。α9。

蜂…じゃなくて蝶の一刺し

カワセミ池の入り口に蝶が乱舞していました。

しきりに、木にしがみついて、樹液を吸っております。
コムラサキやアカボシゴマダラ亜種などの蝶にまじってキイロスズメバチも!
DSC05426.jpg奴らも樹液を吸うのか…。

捕らえた獲物をかみ砕いて肉団子を作るというのは聞いたことがあります。
彼らはなんでも食べたり、飲んだりするのか?

調べてみると彼らが狩る昆虫やクモは幼虫に与える餌で
彼ら自身は肉食じゃないんだそうです。

成虫は、幼虫が分泌する液体や花の蜜や樹液が栄養分。
飲み残しの清涼飲料水を飲むことがあるとか。

なんかイメージと違いますよね。菜食主義者っぽい。

でも、性格は獰猛かつ執拗と書いてました(汗)
ベジタリアンの殺し屋。



蝶に逆襲されてますね!
これも調べてみたんですが、よくあるんだそうで。

「あーら、ごめんあそばせ。オホホホ。」

そんな声が聞こえてきそうです。
蝶もやるもんだなあ。大人しそうにみえるけどね。

ひらひらしてて、スズメバチも捉えどころがないのかね。
ジャイアンがしずかちゃんをいじめないのと一緒ですか…それとは違うか。

スズメバチは、ミツバチを狩りますが、うっかりミツバチの仲間に
見つかると、集団で襲われ、蒸し焼きにされてしまいます。

そのほか、彼らの天敵は結構多い。狩ったり狩られたり。
毎日が血で血を洗う戦国時代。

惻隠の情とか慈悲の一切ない世界。もちろん忖度も(笑)
しみじみ平和な暮らしがありがたい。


α9 ちょっとD5と較べてみよう

P5270006_20170529202747a5c.jpg
α9、素晴らしいカメラだけど、今のままでは、仏作って魂入れずだよねえ。
とにかく、望遠単焦点が欲しい。

新しいレンズが出るというので、ひょっとして…と思ったら16-35mm F2.8とか。
超広角で高速連写…何も思いつかない。

父がクシャミで入れ歯を飛ばすところを、真横で撮るとか。
スイカ割をかぶりつきで連写とかねえ。なんにしろ苦しいですよ。
DSC02120_20170529203612199.jpg
ISO100 F3.2 1/1600sec -0.3EV
FE 70-200mm F2.8 GM OSSはいいレンズレンズなんだけどなあ。しみじみ。
逆光にはあんまし強くないみたいですけど、まあ自然な感じで。

しばらくはコレにテレコンで頑張るしかない。

今回は、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIとの比較。
といっても素人が片手間にやるんで、あくまでネタとしてご覧ください。
DSC01803.jpg
ISO500 F2.8 1/2000sec+0.3EV
まずは歩道橋に乗って、走って来るクルマを連写。

α9だと、交差点進入時から連写を始めて真下に来るまで52枚撮れた。
距離が遠いと秒20コマ。至近距離でも秒19コマ撮れてる。スゲエ!

D5は同じ条件で、だいたい秒11コマくらいのスピード。
DSC01855.jpg
ISO500 F2.8 1/2000sec+0.3EV
両機とも400枚ずつ撮影したんですが、ほぼ外さない。
驚異的な性能であります。

走りゆく車内の荷物や着ている服のロゴまでクッキリ解像。ある意味恐ろしい。
ぴかぴかのレクサス新車なのに、助手席には「おとぼけ課長」の単行本かよ!とか。

いやまあ、大きなお世話なんだけどさ。誰に見られてるか分からない。
僕も気を付けないと。助手席に置くのは岩波にしとこう。そういう問題じゃないか。

次は、子供に頼んでチャリンコでそばを走り抜けてもらいました。
DSC01423.jpg
ISO100 F2.8 1/1000sec
遠い状態ではほとんど外さないので差が出ない。
ある程度近づいてから、連写を開始して、すぐそばを通過するまで連写。

最終的にこんな絵柄になる(笑)
DSC_0719.jpg
ISO100 F2.8 1/1250sec+0.3EV
最初はD5でやってみました。EXIFから計算した連写速度はおおよそ10コマ/秒強。
スペック上は12コマなんですけど、これは設定でかなり変わってきます。

バチピンだけを○とすると
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○△○○○○○○○△△△○○○○○○○○○○○○○○××

とまあ、圧倒的な数字。いや惚れ直したぜD5。70-200は旧型ですけど
相変わらず切れまくりの画質だし、まさに性能評価の原器であります。

で、α9は
X△○○○△○○△○○○△○○○○△○○△△○○○○○○○○
○△××○○○△○△○△○○○○○×××××△××××
まずまず…でもなんか眠い。レンズのせいかなと最初は思ったんですけど
時々、エッジの立った目の覚めるような画像がある。何かヘンです。

この時、AFエリアは「中央」にして、さらに顔認識ONでした。
ひょっとして、コレが原因か?
DSC02893.jpg
ISO250 F2.8 1/4000sec
もう疲れた、と嫌がる息子に懇願し、設定を変えてリトライ。
今度はゾーンAFにして顔認識OFFとしてみた。

顔認識ONだとコマ速が12~14くらいまで落ちてたのが
一気に秒18コマまで回復。「顔認識」は意外と負担になってるんだなあ。
DSC02938.jpg
ISO250 F2.8 1/4000sec
恨みがましい顔で通り抜ける…許せ息子よ。

さて、結果はというと、

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○△△○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○△○○○○○○○○△△○○○○○○○○×××

と、成績がぐんぐんアップ!まるで別人のようです、
ふくろう博士もびっくり(意味不明)

そもそも、ソニーの顔認識で良い思いをしたことがないんだよな。
さかんに四角い認識枠が出るのに、そこにピンがこないの。

あれは、「ここに顔があります」という単なるお知らせなんだと思う。

※α9の瞳AFはかなり精度が高いとレポートが出ています。
 今回は結果が出ませんでしたが、機会を改めてトライしたいと思います。

DSC01933.jpg
α9のバッファは相当巨大のようで、長めの連写を断続的に繰り返しても
鋭敏に反応します。

でも書き込みが長い。ずっとアクセスランプがついてる。ここはSDカードも
最高速のものを奢ってやろう、というわけで、UHS-IIのカードを購入。
P5300002.jpg
おお…後光が差してるぜ。いかにも速そうだ。

まずは一世代前のパナUHS-Iカードを使ってみる。READ90-WRITE45MB/ sと書いてある。
連写してみると、465枚でバッファフルとなりました。(JPG-エクストラファイン)

連写時間にして約40秒。延々と連写できます。

(後日、繰り返しテストを行ったところ、20秒程度でバッファフルになるようです。
秒間20コマ連写を続ければ20秒で400枚に達するわけで、この時の結果は
何か設定が間違っていたのだと思います。訂正してお詫びします)

この間、E-M1markⅡで坊主の70m走を連写してたら、途中でバッファフルに
なってしまって、ゴール間際が途切れ途切れになっちゃったんです。このカメラなら…。

バッファフルまで連写後の書き込みは2分30秒。これをじっと待つのはツライ。
カップラーメンでも作ろうかって。ま、書き込み中も連写撮影は可能ですけど。

さあ、ここで最新型ExtremePro登場。お前の実力を見せてくれ!

結果・・・旧型パナと全くいっしょ。

いや~腐っても金パナですな。みんな良かったね。
カードは買い替えなくてもいいみたいよ。

ExtremePro…返品したい(涙)



α9 シェイクダウン

P5270004.jpg
α9が到着しました。結局買ってしまったという…。
とりあえず55㎜をつけてみました。

最初の印象は「デカい。太い。」勿論、5Dと較べると夢のように小さいのですが
α7を持ちなれていたんで、かなりガッシリした印象です。P5270001.jpg
SDのデュアルスロット。上のスロットにカードを入れると認識されない。
アレ?と思ったら下がスロット1なんだね。変なの。

55㎜じゃあどうにもならない、ということで、FE 70-200mm F2.8 GM OSSを購入。
P5270008.jpg
ボディとレンズですでに大出血。もうあとには戻れない。
しかし、このレンズはイイですね。ちゃんと高級品らしい佇まいがある。

オフホワイトの塗装も上質だし、花形フードの裏は起毛処理してあります。
付属のソフトケースも、立派。巾着袋を毎回つけるどこかのメーカーも見習ってほしい。
DSC02219.jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS

屋外に出てすぐに、ツバメが近くを通り過ぎたので、パチリ。
驚いたことに、カッチリ捉えている。これは凄い。
DSC02355w.jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS ISO100 F4 1/6400 +1EV

この画像はクリックで拡大。200㎜で鳥撮りってのも相当無理がありますな。
しかし、この秒20コマ連写はマジに素晴らしいっすよ。

僕は電子音は好きじゃないので、基本オフなんですけど、このカメラだけは
鳴らして撮ってます。ガガガガッと電動ガンみたいな音が気持ちいい。

ブラックアウト無しだと本当に、追うのが楽です。手ぶれ補正付きの双眼鏡で
見てるみたいな感じですよね。将来的には全てコレになっていくのかも。
DSC02753.jpg
スゲエなと思うのは、肉眼で分からないくらい離れた飛翔体でもAFが
捉え続けること。真ん中にツバメが写ってるんですけどわかりますか?

細かな無数のインジケータが画面上で明滅してロックオンしてるのを
知らせてくれるんですが、本当に反応が速い。
DSC02675.jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS ISO200 F2.8 1/4000秒

動体歪みが少ないというので、思いっきりパンしてみた。
確かに、今まで見てきたミラーレス機で一番すくないかも。

でも400㎜以上の超望遠で鳥を追いながらだと、また違ってくるでしょう。
7月までは望遠レンズがないわけですが。
DSC02775-(2).jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS ISO100 F2.8 1/800 秒

で、ここで重要なことに気付いたわけですが、α9のEVFは相当ヘボい出来です。
斜め線はジャギーが目立つし、波打ち際になどの動きの激しい部分には無数のブロックノイズが出る。

これは、よく見れば、というようなレベルではなく、使ってるうちに必ず気づくレベル。
イメージとしては、ややビットレートの低いyou tube動画みたいな感じです。

技術的なことはわかりませんが、画質を犠牲にして応答性を高めたということでしょうか。
DSC02042.jpg
FE 70-200mm F2.8 GM OSS ISO100 F2.8 1/400 -0.3EV

このEVFだと、いくら動体が捉えやすくても、光学ファインダを見慣れてる
ひとには相当違和感があるでしょうね。僕もかなり萎えました。

これだけの高額商品で、既存のEVFより大幅に解像感が劣るものを見せられるとは
思ってもいませんでした。

でも拡大MFでのフォーカシングは問題ありません。ちゃんとピントの山は取れます。

もう、光学ファインダに近づくための努力は放棄して、動体を捉えるための
単なるデバイスと割り切ってる感じもします。

ちょっと長くなったので、休憩。この項、まだ続きます。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR