グラム単価を考える

35㎜レンズを持ったフルサイズコンパクト。
RX1の後継機が登場しました。

01_20151015153216110.jpg

約3年ぶりのモデルチェンジです。

スゴイのは、この間フォロワーが全く
現れなかったこと。

まさに孤高の存在だったわけです。

1444862454000_IMG_540641.jpg

このサイズにフルサイズセンサーと
レンズを収めるのは、相当の難行だと思うよ。

ソニーってコンパクト化に異常に燃えるよね。
NEXなんて、ボディからマウントがはみ出してた。

アメリカでは3300ドルだそうです。
もしかしたら国内価格は40万超え?

DSC07808.jpg
RX10 イラスト調

コンデジに40万円払うって、考えてみれば
かなり変だよなあ・・・。

RX1Ⅱは約500g。グラム当たりの単価は800円!
最高級ステーキでもそんなにはしないでしょ。

1956年創業、ギド・ミシュラン2つ星に輝く
ステーキ店「麤皮」でさえ、グラム100円くらいと聞いた。

金とくらべるとどうなんだろう?

現在の金相場はグラム5千円。
RX1Ⅱと同じ重さの金は250万円。

さすがだよねえ。なんの機能もないのに。

DSC07754.jpg

グラム単価というキーワードで
調べていくとなかなか面白い。

世界で最も「グラムあたりの単価」が高い物質ベスト16

サイの角は笑ったなあ。金よりも
高いってすごいね。

法外に高いもの・・・と考えると最初に思いつくのは
やっぱり軍事関係でしょうか。。

戦闘機なんか特にそうだよね。

USAF_F-16FightingFalcon.jpg
OPERATION ENDURING FREEDOM -- A F-16 Fighting Falcon from the 174th Fighter Wing, Syracuse, New York, soars over Afghanistan in support of Operation Enduring Freedom. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Suzanne M. Jenkins)

F16の値段は、邦貨にして約17億円。
重さは19トン。

グラム当たりの単価は・・・9円!
すげえお買い得だぜ。

庭に置いとけば、子供も大喜び。
一人になりたいときは、コクピットでゆったり。
その気になれば空も飛べるらしいよ!

考えてみると、何の機能も無いのに高い
というのが一番エライ気がしてきた。

・換金出来ない
・非常に貴重
・実用性ゼロ

こういうのが、最も高貴かつゼイタクなもの
かもしれませんなあ。でも全然思いつかないぞ。

国宝級の職人が作った、便座とか(爆)
白磁で出来てて、座ると壊れるの・・・。






賞味期限/夜間飛行


久しぶりの更新です。
いろいろ調べものしてたら熱中してしまったのです。

今更ですが、月の写真。
フルムーン。今かよ!

DSC07709.jpg

流行って、ちょっと遅れるくらいが
一番イタいよねえ。

「じぇじぇじぇ」とか「倍返し」とか
すごい香ばしいでしょう?

逆に、すごく時間がたつと味が
出るものもある。例えばこれとか。

マイケルジャクソン「スリラー」の皮ジャケット。

いい具合にアクが抜けて…無いな(汗)
今でも恥ずかしいぞ。どんだけ濃いんだ。

arrow-michael-jackson-thriller-jacket-replica_201510131942223d3.jpg

「Beat it」が流行ってた頃、街中で着てるヒト
見たよ。とくに照れる様子もなく普通に。

80年代ってある意味すごい時代だったんだね。



無駄話が長くなってしまいました。
今回は夜に飛ぶ渡り鳥のはなし。

星空をコンパスにして、渡りをする
鳥の話は、以前から知っていました。

プラネタリウム内の実験が有名です。
星空の下、鳥が一定の方向に飛ぶというのです。

この話は、いろんな本に載ってるんだけど
どうも想像ができない。

真っ暗な中、どうやって記録するのか。
鳥が飛んだら、すぐ端っこにぶつかりそうだし。

どうもよくわからないので、本を色々
買って調べてみました。

すると、鳥はケージに入れた状態で
プラネタリウムに置かれたようです。

名称未設定-1
www.northern-stars.comより転載

海外の教育サイトに載ってた絵なんですけど
やっとこれでイメージがつかめた。

底面にインクがひたしてあって、鳥が
ケージの側面に飛びつくと足あとが残るわけ。

この図を見る限り、鳥は周囲を見ることができず
得られる情報は、星空のみ。

この状態でプラネタリウムを稼働させると
鳥たちは、一定の方向にのみ足あとを残す。

星空がコンパスになっていることを
確かめるための実験も各種行われてます。

・星空を逆転させる→鳥も反対向きに
・空を真っ暗にする→鳥の向きはバラバラに

その後の研究で、星座じゃなくて、
北極星を目標に飛んでいることが分かったそうです。

動かない星が目標になるわけですな。
南に行きたいときは、北極星と正反対に飛べばいい。

DSC07647.jpg

本当に北極星が目標なのか?
これを実証する実験がスゴイ。

オリオン座ベテルギウスを中心に回転する
架空の星空をプラネタリウムで作成。

この星空の下で、幼鳥を飼育。

若鳥へと成長した個体は、季節が来ると
偽の北極星=ベテルギウスを目指して飛ぶ!

すごい実験だけど、いったいどれだけ金と労力が
がかかるんだよ、マジに。

DSC07630.jpg

星空をみて、方位を知る。
この能力は幼鳥から若鳥の時に学習する。

星空を見せずに育てた鳥には、夜間に
正しい方向への渡りができない。

つまり、夜は寝てるだけじゃなくて
時々、目を覚まして星を見てるわけ。

毎晩、夜空を見ながら、たったひとつ
動かない星があることに気づくんでしょうね。

なんかじんわり感動するよなあ・・・。






ミステリーハウス!

今年の2月から80年代のシャープ製パソコン
MZ-80のカタログが無料配信されてます。

sharp2.jpg

詳しくは、GALAPAGOS STOREにアクセスして
頂くとして、この姿をみて懐かしさにしみじみ。

いま見てもスタイリッシュですよね。
やっぱし一体型と言うのはカッコいい。

で、MZと言えば「ミステリーハウス」
これが一番思い出に残ってます。

Mystery_House_-_Apple_II_-_3.png

これはAppleⅡ版のミステリーハウス。
当時のPC雑誌にはこれが良く紹介されてました。

落ちているメモを拾うと・・・。

Mystery_House_-_Apple_II_-_4.png

「高価な宝石が屋敷に隠されている。
 見つけた者がそれを自分のものに出来る。」

家の中を探索すると次々と見つかる死体。

mysteryhouse-3.jpg

粗末な線画のグラフィックが余計に怖さを
そそるという。いや、マジにあこがれましたねえ。

後年、実際にやってみたら結構しょぼかったのは秘密・・・。


当時のAppleⅡの値段はとても中学生の僕に
買える様な値段ではありません。50万を超えてたような。

FDDドライブ単体でも16万くらいしたかなあ。

アキバのショップでAppleⅡcの展示品に
触ったときの感激。カッコよかった。

そのとき遊んだのが「One on one」
you tubeでその画面を見ることが出来ます。



いや、待ってくれ(汗)すげえヘナチョコ!
あの頃は「動きが滑らかだなあ」と感動してたのに。

うーん、少年時代の思い出には、かなりの
美化補正がかかるみたいね。

KL_NEC_uPD780C.jpg

その頃のパソコンに積まれているCPUの
主流はZ80でした。

僕が初めて手にしたパソコンPC-6001も
Z80系であります。いや懐かしい。

nec_pc6001.jpg

ところが、今でもZ80は現役でバリバリ活躍中
なんだとか。

この記事によればパチンコ/パチスロ台では
いまだZ80が主流なんだそうです。

無論、あのデッカイ液晶画面を動かしてる
のはZ80じゃないです。そんなの無理。

Z80が使われてるのは、大当たり判定のほうですな。
これは他から影響を受けないように厳しく規制されてます。

記事中にあるとおりプログラム用の領域は
パチンコについては最大3KB!

なんかNECのTK-80を思い出しましたね。
これはユーザー領域512バイトでしたっけ?

1280px-TK-80.jpg

猫の額みたいなメモリで皆さん頑張ってた
わけです。

少しの無駄も許されない。おなじ動きのプログラムでも
上級者が書くとものすごくコンパクトになる。

ある種パズルみたいな世界だったのではないかと。


で、最初の話に戻るんですけどMZ版の
ミステリーハウスには死体は出て来ません。

謎解きもわりとあっさりとしてまして・・・。

先輩の家で遊ばせてもらったんですけど
「コレじゃない感」がありあり。

でも「凄いだろう?」と得意げな先輩の顔を
みて何も言えなかったのでした。






同姓同名を検索するはなし

知り合いの韓国のお医者さんから

「今年こそは、ソウルに遊びにきなさい」

とお誘いのメールがありました。

僕の勤め先に彼が留学していたんです。
しばらくの間、一緒に働きました。

何回か、都内をぐるっと案内したり
メシを食べに行ったり。

彼はとても喜んでくれて、それ以来、今度は
オレがご馳走するからとたびたび言ってきます。

義理堅いんだよね。

UklNRzAwNzf-vg_enlargement.jpg

しかし、以前にまして、反日感情が盛り上がって
いる昨今、韓国に出かけて大丈夫かいなと。

報道によると韓国への旅行者が激減してるんだそうな。
さもありなん。

TV見てると、僕らが韓国に行ったら石投げられそうな感じでしょ。
そんなわけないんだろうけど、メディアの刷り込みの力ですな。

例えば、僕の名前が「竹島」だったらどうなるんだろうね(汗)

「ナヌン タケシマ スムニダ」
(僕の名前はたけしまです)

宴会のとき、こうやって自己紹介するとき
ちょっと微妙な空気が流れそうでしょ?

考えすぎかなあ・・・。

ソウルの彼に聞いてみたいけど、真面目な人なので
やめておきます。

UklNRzAwNzX8vA_enlargement.jpg

同姓同名のヒトが、日本にどれくらい存在するか
調べるサイトがあります。

電話張の世帯主が全て登録されていて
県別に検索出来ます。

これ、すごく面白いんですよ!

僕が最初に検索したのは徳川家康。ヒット数ゼロ。
残念ながら現代に大権現はいらっしゃらなかった。

名前でもいけます。

勘兵衛さん、主税さんという古風な
名前の方が、どれくらいいるのかスグ分かる。

ここで「竹島」さんを検索すると2千人を超える
タケシマさんがいることがわかりました。

試みに「竹島治 たけしまおさむ」「竹島収」さんを
検索するとそれぞれ1人ずついらっしゃることが判明。

ちなみに「竹島譲 たけしまゆずる」さんは
6人いらっしゃいます。

名前は基本的に自分では選べないわけで
ご本人の主義主張とは、全く関係がありません。

でも名前の組み合わせによっては、予期せぬ
悲喜劇がおこったりするんじゃないかと。

どうなんだろうね。うーむ。

もっとストレートに「竹島統 たけしますべる」さんを
検索しましたが、ゼロでした。

もういいよってね。失礼しました。次行ってみよう・・・。

UklNRzAwODf_wA_enlargement.jpg

領土問題は、国益と国民の命をかけた
駆け引きなので、政府にはしっかりやって欲しいです。

でも一緒にメシ食ったり、遊んだりする分には
領土問題は関係ないですから。

どちらにしても、飛行機が怖いのでソウルには
行かないと思います。北海道・沖縄もムリ。

高いところダメなんです。怖い。

ムズムズするんだよう・・・


SDIM1223.jpg
DP3Merrill ISO200 F2.8 1秒

スムーズのことをスムースと言う方がいますけど
僕はこれにヨワいんです。うひー。

車のフレームをシャシーと言いますが
極めて高率にシャーシと書いてありますな。

こんなことを書いていると誰もコメント
してくれなくなりそうだね(汗)

ビョーキなので気にしないでください。
自分だって良く間違えるし。

スムースのほうが、しっくりくるのはわかります。
なんかこう、スベスベしてるもの。響きが。

時間にルーズとか。でもloose ルースなんだよ本当は
響きは圧倒的にルーズがいいけどさ。

SDIM1167.jpg

原音主義という言葉があります。

なるべくその国の発音に合わせて発音しよう。
そういうことです。

経済学者のマックス・ウェーバーはヴェーバー。
ジョージはゲオルグ。ピーターはペーター。

どうでもいいじゃないか、そう言いたくなる。
でも喜んでこれを指摘したがる方もいるので油断できない。

翻訳家・青山南さんの著書に詳しくその辺が
書いてあります。書名はそのものずばりの

「ピーターとペーターの狭間で」

SDIM1237.jpg


僕の好きな話を紹介。

とある日本人の研究者が海外の学会で講演しました。

地元の偉大な医学者に敬意をはらって
プルキニエ細胞(Purkyně)と原音に近い発音で発表。

次に発表した地元の若手の研究者は英語風に
パーキンジー細胞(Purkinje)と発音。

すると、聴講者の一人が

「お前はどこの国で生まれたのだ。遠く日本から
やってきた研究者が、わざわざプルキニエと言ってくれているのに!」

こういうリスペクトの結果としての
原音主義はいいすよねえ。

ただ、それも程度の問題でさあ。
なんでもかんでもいちゃもんつけるのはどうなの。

僕はそのヒトについて深い知識をもっていますよ。
だから一言いっておきたいんだ。

そういう自己顕示欲の発露は、あんまり・・。

SDIM1230.jpg

ぐだぐだ書いて申し訳ない。
でも見ると、むずむずするんだよう・・・。

車とかプラモデルの記事で「シャシ」って
書いてあるとほっとするわけ。

ああ、ここにも同じビョーキのヒトがいた!って。




プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR