コジュケイ襲来

DSC07373w.jpg
α9 SEL100400GM ISO1000 F5.6 1/3200

実に久しぶりの鳥撮りであります。もう嬉しくてねえ…。クリックで拡大します。

この日は朝からひんやりと涼しく、鳥の出も期待させてくれるものでした。
ところが、待っても待っても青い宝石は現れません。

河原の向こうに、コジュケイの親子が出現。
DSC07332.jpg
お、飛んだ…と思ったらこっちに向かって一直線にやってくる。
慌ててカメラで追尾します。

しかし飛翔途中はまるでピンが来ない。AF追尾中のマニュアルアシストが
出来ないので、何度もAFボタンを押し直すしかない。FE100-400GMの泣き所、
DSC07372w.jpg
α9 SEL100400GM ISO1250 F5.6 1/3200

至近距離でピンがやっと来る。近ければ近いほど食いつき、しつこく追うのは
ミラーレスの特徴でもあります。

着地したのは、僕のパサートの屋根。常連の皆さんからは、引いて車全体を
撮ればいい記念になったのに、と残念がられました。

望遠馬鹿なので、その選択はなかった(笑)
あとでみたら、でっかい鳥フンが。この記念品は要らない…。
DSC07600w.jpg
さて、4時間待って、やっとカワセミ登場。
見るのは本当に久しぶり。
DSC07607w.jpg
ISO800 F5.6 1/3200 -1EV

離水はピントが合わなかった。
でも嬉しい。本当に久しぶり!

その後、落とした魚を垂直ダイブで取り戻す。
DSC07656w.jpg
DSC07658w.jpg
DSC07660w.jpg
20コマ連写だと、嫌になるくらい撮れます。
でも久しぶりなので全部押す(笑)

連写30コマ全部、クッキリ合焦したので、GIFアニメにしてみました。
kingfisher.gif
ホバも同じくGIFアニメに。
kingfisher2.gif
普通GIFは、コマ速を落としたりしないとぎこちなくなるんだけど
今回は単純に並べるだけでOKだった。

連写速度が速いと、どんどん動画に近づいていくんだね。

写真だと、秒15コマ連写なんて聞くとおお!と思いますよね。
でも動画だと、60fpsかあ、ふーんなんて扱い(汗)

やはりメカシャッターがガシガシ高速で動くところに「ありがたい」感じがあるわけね…。

大艦巨根主義

DSC03405.jpg
実に久しぶりの原器登場。やっぱしデカいですねえ。体感巨根…じゃなくて大艦巨砲主義は
いまだに鳥撮りの現場では主流です。

ともあれ持ってると自信出るよね。ドヤあ!
DSC_0997RAWw.jpg
D5 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRISO800 F6.3 1/3200秒

クリックで拡大。さすがD5とFLゴーヨン。クッキリはっきり。ちょっとキレすぎの感もある。
次にα9で撮ってみる。
DSC03385w.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO1250 1/3200秒

やはり、単焦点とズームレンズ+テレコンじゃあ勝負にならないって
書こうと思ったらなにコレ。あんまり差がないじゃん!

ちょっと待ってくれよ…FLゴーヨンと、60万円近く差があるんですけど。
なんてこったい。

FE-70-200 GMを買ってから、物欲が減退したわけが分かりました。
あんまり不満点が無かったんだね。そういうことだったんだ。
DSC_1041RAWw.jpg
D5 AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR

クリックで拡大。電車シャッターは、動き物が苦手なイメージがあります。
やはりメカシャッターで切り取ったほうが結果が良い。

カメラは据え置きで、被写体が鋭く動き回る。そういうのを
撮ると、微妙に甘いことが多いんです。ほらね…。
比較
違いを見せようとしたら、あんまりブレてないし
画質も変わんないし!片方は100万円超えなんだぜ?

何かの間違いじゃないかと思うんだけど、どうも本当みたいです。
これはいよいよ一眼レフってのも…。
DSC04001.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC

この日は、さっぱり鳥が現れなくて、茂みの昆虫を撮って過ごしました。
最短撮影距離でこんな感じ。

さすがにテレコン付けると甘いです。でも大きな一眼だと寄ること自体が
出来ないからなあ。
DSC03687.jpg
あとは、短小を気にしなければ…ですね。
巨根がうろうろしている銭湯で、前を隠さずに堂々としていられる度胸が必要です。

こっちは、硬いんだぞ!膨張率はお前らより上だあ、なんて強がってもねえ。
何の話なんだか…。

でも、大砲の列のなかに手持ちで入るのってちょっと気おくれするでしょ。
写りは遜色ないって思ってても、やっぱりね。男ってのはしみじみ、どうしようもないなあ。


FE 100-400mm GM 発売に寄せて

DSC03211w.jpg
α9 FE70-200GM SEL20TC ISO1000 F6.3 1/3200秒 -0.3EV

クリックで等倍。いきなりデカいのを貼りました。すんません。今回は全部でかいです。

ようやくFE100-400㎜GMの発売日が決まりましたね。出張中だったんですが
親切な方がブログ経由で教えてくださったのです。もう光速でポチ(爆)
SEL100400GM.jpg

伊達淳一さんの発売前レビューを見ると、画質も相当なもの。
今から28日が楽しみです。

夏の鳥枯れ=ネタ枯れでもありまして、またしてもセキレイであります。
ただ、今回は連写画像をカットなしで並べたところがミソ。
DSC02836w.jpg
DSC02837w.jpg
DSC02838w.jpg
DSC02839w.jpg
DSC02840w.jpg
DSC02841w.jpg
DSC02842w.jpg
DSC02843w.jpg
全て拡大可能です。2400x1559。ISOは1250。

8コマ連続で並べると大抵アマいのが混じるものです。D5だってそうです。
等倍で見ると、わずかに被写体ブレがあるけどピンはバッチリ。

河原の常連さんたちは、長い長い追尾を全部バチピンでこなしたりするけど
僕にはそんなの無理。でもα9ならこなせちゃう。

誇張でも何でもなく、今まで使ったカメラの中で、最も
動体撮影がEasyにこなせるカメラです。ある意味がっかりするくらいに。
DSC02700w.jpg
α9 FE70-200GM SEL20TC ISO500 F6.3 1/3200秒 

α9を使っても全く捉えることが出来なかったのがキジバト。
河原を僕に向かって真正面に飛んでくるんですが、これが激ムズ。

何度やってもピンが来ない。師匠からは、これはどんなカメラでも難しいと
思うよと言われました。でもテレコン外してたらいけたかも。そんなことをさえ考えてしまう。

にしても、α9使い始めてから、完全に虚脱状態で、カメラ雑誌もあんまり見てない。
E-M1markⅡ購入直後もそうだったけど、α9はもっとひどい。

何でも出来るって、逆に無力感がある。別にオレが頑張らなくても機械がやって
くれるんだなあって。

AFが全然合わないとか、ISO200以上は使えないとか、そういう苦難を
乗り越えてこそ楽しかったんだと、しみじみ。

天竺に着いちゃったあとの西遊記みたいな感じですよ。
次の展開が思いつきません。




α9に足りないもの

DSC00918CP1w.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO4000 F6.3 1/2000秒

Eマウントの100-400はいつになったら出るんですかねえ。
毎日チェックしてるんですけど、その後さっぱり情報がありません。

でも、購入へのモチベーションが徐々に下がって来てるのは確か。
70-200の2倍テレコンで何とかなっちゃってるんです。
DSC00775CP1.jpg
DSC00778CP1.jpg
DSC00781CP1.jpg
DSC00783CP1.jpg
DSC00784CP1.jpg
10枚連写したのを適当につまんでみました。最初は喧嘩してるのかと
おもったんです。でも、師匠が

「空中給餌かな?」

写真で確認すると、その通りだった!人間ハイスピードカメラ(笑)
僕にその才能があればねえ。

DSC00816CP1w.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO2500 F6.3 1/2000秒 +0.7EV クリックで拡大

幼鳥で細部が出にくいというのもあるけど、ややソフト。
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VRみたいなカリカリ感はない。

高感度だと、結構早めにソフトになる感じがあります。
嫌な感じじゃないですけどね。

でもどうなんだろうねえ。もし、400㎜単焦点が出たとして、これがもう少し
シャープになるからと言って、それを買う価値があるかなあ。

差額はヘタすると、100万近いかもしれません。しかも重くてデカい。
今のままでも相当ハイレベルですからね。これで十分素晴らしいじゃない?
DSC01931CP1.jpg
再び、コアジサシのダイブ狙い。
70-200で楽々追尾出来る。
DSC01932CP1.jpg
DSC01998CP1.jpg
DSC01999CP1.jpg
以前から思ってたことがあります。

「野鳥の飛びモノは、手持ちのほうが楽に追える」

特にE-M1markⅡとサンヨンを使うようになって、強くこれを感じるようになりました。
でも、その道の先輩たちはみんな大砲と三脚です。なんとなく言い出せなかった。

師匠に、僕は手持ちのほうが楽に撮れる感じがあるんですけど・・と言ってみたところ

「それは、その通りだと思うよ。レンズが大きくて重いから三脚が必要なんで
 手持ちで撮ったほうが追尾は楽に決まってるよね。」
 
「ロクヨンが200gくらいに軽くなれば、僕も手持ちで撮るよ」
そういって師匠は笑いました。

これは、久しぶりに嬉しかったなあ。僕の錯覚じゃなかった!
DSC02004CP1.jpg
DSC02006CP1.jpg
被写体ーレンズー撮影者の眼。これをいかに素早く一直線上に
持ってくるかが、動体捕捉のカギになります。

三脚設置の場合は雲台が支点になる。雲台から後方に伸びる
オーバーハング(レンズの一部とカメラ)が撮影者を振り回します。

手持ちだと、撮影者の頭が支点ですから、より安定して追尾出来る。
理屈としてはそういうことになるのかも。

ま、機材が軽いから出来るんですけどね。
デジスコによる動画撮影も久々にやってみました。



RX100M5…いいよねえ。そうだ、α9に欠けてるものって
480fpsのハイスピードモードだけかもね。

α9Ⅱではぜひ、これも積んでほしい。お願いだからハイスピード撮影を
色物扱いにしないで…と心から願う次第です。




 

α9を持って富士山へ

DSC00573w.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO1000 F7.1 1/320秒 -0.7EV クリックで2400x1600

夏の鳥撮りの定番。富士山五合目の奥庭に遠征。
ここは、撮影後に心臓破りの坂を登らなければいけません。

以前はゴーヨンとD3で出かけ、余りの重さと空気の薄さに悶絶。
デジスコにスイッチしたものの、今度は暗さに苦しみました。

E-M1markⅡとサンヨンにしてからは、ああついに俺は天国に
来たんだと思ったです。三脚不要。片手で持ち歩けます。

今回はα9で出かけました。70-200GMに2倍テレコン。
さて、暗いとこでどのくらい画質が出るか。
20170626_131837.jpg
パサートの高度計は結構正確でしたね。2000㎜超えてきたぞ…。
この日、下界は梅雨空でしたが、山の上は晴れてました。

帽子をかぶってなくて、頭頂部が真っ赤に(汗)
また毛根の砂漠化が進んだなあ…。
DSC00099.jpg
DSC09853.jpg
DSC09630.jpg
この場所にはいろんな鳥がやってきますが、しょっちゅう顔をみせてくれる
メンバーと、たまにしか現れない鳥と、出現率に差があります。

コモン…ヒガラ、コガラ
レア…ルリビタキ、メボソムシクイ、ゴジュウカラ
スーパーレア…、カヤクグリ、ウソ
アルティメットレア…ホシガラス、キクイタダキ

こんな感じですかね。ランキングは個人的に出会えると嬉しい順に設定しました(汗)
今回はほとんどの鳥種を確認できました。有難い。
DSC09476.jpg
ルリビタキの後ろで、ウソが水浴び。早朝だと、野鳥が水風呂の順番待ちに
なります。豪華な取り合わせだよねえ。
DSC09511.jpg
水浴び後はびしょびしょに濡れてしまいます。
皆さん、これじゃあ写真にならないと嘆いていますが、僕はわりと好きかも。

いつも鳥のこういう姿を見ると襤褸(らんる)という言葉を思い出します。
確かそういう名前のミリタリー雑誌があったような。

撮影場所の隣は奥庭荘の食堂なので、撮影の合間にゆっくり食事もできます。
20170626_114005_20170701182457e8a.jpg
ご飯を食べているときに、「ホシガラスが来たよ!」「キクちゃんだよ!」
なんて、声がかかって、みんな三脚まで走る(笑)

僕はカメラが手元にあるので、お店の座敷から、ちょっと顔を出して連写。
DSC00057w.jpg
ま、レアカードなんで保存するわけですが、特に綺麗でもないし・・・微妙(笑)
でも、見ることが出来ると嬉しい。

三菱デボネアAMGをみたような感じかしらん。
うおお、レアなものみた!すげえウレシイ。やっぱしカッコ悪いなあって。

それとはちょっと違うか。スバルSVXとか。いやそもそも現行の鳥だし。
カケスも一緒で撮るには撮るけど、綺麗とは思わないですね。

DSC00446.jpg
α9 SEL70200GM SEL20TC ISO1000 F6.3 1/250秒 -0.3EV クリックで2400x1600

2倍テレコンはやはりF6.3がいいみたい。開放は明らかにあまい。
α9のISO1000は綺麗ですねえ。これは躊躇なく使える。

D5やD810は自分でISO3200を上限としてました。多少荒れるけど、
まずまず使えるなあって。

α9はまだ、そこまで使い込んでないんですけど、フルサイズなんで
そのくらいは大丈夫そう。今度RAWで比較してみようかな。

鬼連写が特徴のカメラなので、あんまりRAW使いたくないんだよねえ。後処理が大変。
20170626_081220.jpg
四人分の撮影機材を飲み込んだパサート。
馬車馬としての仕事をきっちりこなしてくれました。

今のところ年3万kmペースですね。この調子でいくと、あっという間に
デリカと同じく超過走行車になりそうです。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR