FC2ブログ

くんず ほぐれつ

まずは状況説明。P4030904.jpgほぼ巣穴も掘り終わり、これから産卵というタイミングで、もう一羽の♀が登場。これが呆れるほどシツコイ。追われても追われても、ずっと居すわろうとするのです。そしてついに…。P4030908.jpg
P4030911.jpg
P4030914.jpg
P4030915.jpg
P4030916.jpg
P4030917.jpgこのあとも延々連写。結局50枚くらい撮りました。P4030928.jpg
P4030931.jpg
P4030934.jpg
P4030938.jpg正確に顔の横の柔らかいところを狙い続けているのが、しみじみ怖い。一羽の雄を巡って激しいぶつかり合い。
「モテるなあ。きっといいモノを持ってるんだろうなあ」
「追いかけてるのは元カノか?妹?本妻かも?」
「いっそ、姉妹どんぶりで…」
およそバードウオッチングという響きからは遠く離れたオヤジ達の会話が続きます。全部動画に残ってて、聞いていると大笑いなんですが、ばっさりカット。嫁も見てるし。
IMG_0799.jpg師匠のSonyRX100デジスコ。触ってみると、安定感バツグン。しかもこのシステム、かなり凝ってます。IMG_0824.jpgカメラ本体もドットサイトも外部から給電。わずらわしい電池切れに悩まされることもなく撮影に集中できます。シーソー型のレリーズとか自作ブラケットとか見てたら、俄然自分もやりたくなってきました。P4031151.jpg今日は穴掘りのシーンをたくさん見ることが出来ましたので、RX10M3でじっくり撮影しました。望遠端600㎜。動画では周囲がクロップされるので、800㎜近い画角になってる気がする。素晴らしい。でも、あと一息なんだよね。やっぱしデジスコかな。


4K動画をFHDにクロップすると、1200㎜相当となり、かなり望遠効果出ますね。これで8Kの時代になれば、静止画も切り出しでいけちゃう。10年くらい経てば、5万円くらいになるかしらん。P4031788.jpg無事に抱卵、育雛、巣立ちと進んでくれるのを祈るばかり。いよいよ春らしくなってきました。

撮影 E-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO 

今日もおひとりさま

P3201135.jpgミーアキャットの砂堀りをどうしてもハイスピード撮影したくて、また来てしまいました。
長時間粘りましたが、結局駄目…。
今日もひとり。撮影って、家族が一緒だと出来ない。
あれこれじっくり試して自分にあった方法に至るのが楽しいわけで。

P3200151.jpg
P3201377.jpgフラミンゴの餌箱に飛びつくスズメをじっと待つ。結構しんどい。
こんな時、
「ねえ、もう行こうよ」だの
「喉が乾いた、何か飲みたい」
なんて言われたら、あっさり諦めてしまいそう。それじゃあ駄目よね。
P3201857.jpgE-M1でも良く撮影にきましたが、ダチョウの揺れる顔にはなかなかピンが来ませんでした。
MarkⅡは結構追いかけてくれる。進化をひしひしと感じます。
P3201703.jpg今回の発見は、コウモリの水飲みを初めて見たこと。這いつくばって飲む!驚きだ。


子供たちに見せても、「ふーん」で終わりなんだろうなあ。あいつらは字幕や大げさな実況がついてないと楽しめない。全部受け身。
ま、しょうがないよね。どこでも液晶画面を開きさえすれば、刺激的なコンテンツが脳に刺さって来るんだもの。
P3200130.jpgバツの悪いことに、何人かの同僚にあってしまいました。みんな家族連れ。
「いや、その、近くで研究会があってちょっと時間が空いてね」
なんて聞かれてもいないのに、しどろもどろで一人でいる理由を説明。

武士の情けで、撮影してるときは放っておいてくれると助かるんですが…。

かわうそ 川獺 獺

P3202043.jpg
E-M1markⅡ  M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
フィールドでよく見る動物と言えばイタチ。可愛い顔をしてますし、ほっそり長い体に短い脚がなんともいえずユーモラスであります。今回はコツメカワウソ。この子たちは見ていて本当に飽きません。P3201547.jpgとにかく表情がイイ!P3201590.jpg不思議な動きも見どころのひとつ。くるくる回転したり、腰を振ったり。少し動画も撮ってみました。
驚くのは、300㎜望遠端、手持ちでこの安定感…ちょっと異常だよなコレ。ビチーッと止まってる。E-M5の頃から動画の手ぶれ補正スゴイ!と思ってましたけどE-M1markⅡになって更に炸裂してます。今回から4Kになったし、いよいよ死角なしの様相を呈しておりますな。P3202094.jpgフンとオシッコをする時の動きも相当ヘンで大笑いなわけですが、ちょっと写真や動画で紹介するのは憚られるので、今回はナシ。まあでもカワウソ好きです。しみじみ。

オリンパスの迷宮にまたも放り込まれる

P3130590_20170313145542ad4.jpg
>E-M1markⅡ M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

このところ、60㎜マクロの出番が多いです。最初に出たマクロレンズなんですけど、結局ここに戻ってきてしまう。やっぱり使いやすいんです。適度にワーキングディスタンスも取れますし。P3130309.jpg
マクロフラッシュ STF-8使用
今回は新しく出たマクロフラッシュを使ってフィールドで写真撮りましょう、というのがテーマ。とにかく小さくて軽い。20170306_133514.jpg本体重量285gなんで、持って歩いても全然苦にならないです。基本手持ちなんで、大柄なフラッシュだと疲れちゃうんだよねえ。んで、早速実践してみたわけですが、いつもの問題に遭遇。どう設定しても自分のやりたいことが出来ない。フラッシュじゃなくてE-M1markⅡ本体の問題です。P3060384.jpg以前から繰り返しオリンパスのメニュー体系は迷宮のようだと言ってますが、そのクソっぷりはいまだに健在です。自分の頭の中では
1 なるべく高速で連写
2 フラッシュも同調しつつ
3 フォーカスブラケット
これをやりたかったんです。いつもはMFでピンを合わせて、連写しながらゆっくりカメラを前後に動かして撮ってます。ファインダを見ながら、額でカメラをで押したり引いたりしなさいと習った覚えがあるんですが…違うのかな(汗) ま、ともかくカメラを動かさなくてもピントを前後に自動でずらしてくれると便利っすよねえ?P3060848.jpgでも、駄目なんですよ。なぜって
・フォーカスブラケットは電子シャッターのみ。
・電子シャッターでのフラッシュ使用は1/50秒まで
という制約があるんです。1/50だと、動きの速い被写体はブレるし、フラッシュ使用では露出オーバーになりやすいんです。マニュアルを読んでも良くわからなかったので、色々試してみた結果、どうもそういう事のようです。P3130700.jpgいいアイデアだと思ったのになあ…フォーカスブラケットは諦めよう。フラッシュをぱちぱち焚きながら連写してみるか…観察していると、STF-8は秒3コマくらいの連写が限界みたいですね。カメラ本体をメカシャッターに設定して連写すると、連写速度の設定に関係なく秒3コマくらいでぱちぱち光ります。でも、何かの拍子に急に高速連写になったりするわけ。もちろんフラッシュの同調はなし。何が悪いんだろうと思って、設定を丹念に変えてみるんだけど、出来たり出来なかったりする。つくづくアホの相手は疲れる。P3060875_20170313151305265.jpgそういうわけでマクロフラッシュでの撮影はグダグダのまま終了。無念。でもせっかく買ったし、気力が再チャージされたころに、もういちど挑戦してみようと思います。これだけ軽いシステムってまず無いですし。



しょっぱいレンズ

P3061148.jpg
エプソンアクアスタジアム E-M1markⅡ ED 40-150mm F2.8 PRO

前回、ハイスピード撮影してなかなか楽しかったので、今回はE-M1markⅡと40-150PROでスチルに挑戦しました。DSC01623.jpg前列の背もたれが無い席は水がかかりますよ、という放送が繰り返しかかります。みんな知っているようで、誰も行こうとしません。数人、ポンチョを着込んだ人が座ってて、これはむしろそれが目当てなんでしょう。ショーの直前には進行役のお姉さんが出てきて
「前列から4番目までの椅子は水がかかります。かかるなんてもんじゃなく、びっしょびしょになります。」
「水と言っても、塩水です。カメラなどの電子機器にかかると大変なことになります。」
「場合により、5列目の席にも届く場合があります」(僕の席は5列目)
P3061073.jpgこの時点で死亡フラグが立っていることに気付くべきだったんですよね。ダチョウ倶楽部で言えば「押すなよ、絶対押すなよ!」みたいな感じなわけです。それでも、面倒くさくて動かずにいたら…。P3061090.jpgドバっと来ました。ノートリです。ピント来てるね(爆)レンズにもボディにも塩水が。
やっちまったなあ…まあ大丈夫でしょ。防塵防滴だし(震え声)まさか虎の子のPROレンズが塩漬になるとは思わなかった。P3061293.jpg
ISO6400 F2.8 1/800sec -1EV
テンションだだ下がりの状態で撮影続行…今回の写真は全部ノートリです。もう編集する気も失せていく(涙)ISO6400だけど、意外に荒れない。P3061168.jpg
ISO6400 F2.8 1/3200sec -1EV
使用レンズは、80-300㎜相当です。望遠端だと明らかに長い。200㎜でもちょっと大変かも。僕は望遠馬鹿なので、ぐいぐいズームしちゃいます。撮れなくってもいい。ドアップこそ正義なんじゃ!P3061332.jpg
ISO6400 F2.8 1/1600sec -1.3EV
望遠端300㎜相当です。イルカの体に絡みつく水の美しいこと!これは是非ともハイスピードで見てみたい。実際には光量が足りないとか、ピントが合わないとかで激高難度でしょうけど。それにしてもズームって便利だね。普段単焦点ばっかりなので、久しぶりに使うと、いいなあって。まあ塩味になっちゃったけどね。とほほ。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR