据え膳食うの?食わないの?

DSC_0744.jpg
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR D5

長い長いブランクを経て、やっといつもの場所に戻ることが出来ました。

鳥撮りの先輩方は皆さんお元気で、様々な場所に遠征したりして
活力に溢れてました。僕も20年後にあんな風になれるかしらん。
DSC_0734-(4)RAW.jpg
RX10M4のユーザーになった師匠のレビューが聞きたくて
どうですか?と水を向けると

「世の中やっぱり金だな。普段使ってる大砲レンズと
 一眼レフがいかに素晴らしいかわかった。」

なんていう火の玉ストレートが返ってきました。
それをいっちゃあおしまいよ…。
DSC_0765.jpg
師匠がラクという一眼レフでありますが、久しぶりに
使ってけどやっぱし難しいですよ。失敗ばっかし。

僕の腕だとRX10M4のほうが、間違いなく歩留まりが良いです。

5月のお楽しみと言えば、用水池にやってくるコアジサシ。
今年も元気な姿を見せてくれました。
DSC_1302RAW.jpg
いつものことだけど、遠いなあ…。
メインは50-100mくらいのレンジなんだよね。

これだと等倍くらいまでトリミングしないと
迫力の無い絵になっちゃいます。

でも、今回は面白いものを見ることができましたよ。
沖合の流木にパーチするつがいのコアジサシ。
DSC_1119RAW.jpg
毎年つがいとなったコアジサシの求愛給餌を
見ることのできる場所です。

眺めていると、甲高い鳴き声とともに
メスが交尾を待つ姿勢(ロードシス)を取り始めました。
DSC_1122RAW_20180509083451fd8.jpg
でも、オスはなんだかその気がないみたいで。
ボーっと傍に立ってるだけ。

メスは辛抱強く、ずっとロードシスのまま鳴きつづけています。
何だか可愛そうになってきました。しっかりしろよオス。

据え膳食わないとはいったいどういう了見だ?
mate.gif
やれやれ、無事に済んだ…って僕の心配することじゃないけど(汗)

煮え切らないオスにメスが業を煮やして求愛給餌を自ら仕掛けるのは
見たことがあるけど、交尾をせがむのは初めてみました。

野鳥の世界はなんでも♀主導なんだなあ…。



これはRX10M4で撮影。超解像ズーム(2倍)と4KからFHDへのトリミングで
さらに2倍。都合600x2x2で2400㎜相当。やっぱり遠いですこの場所。

これから色んな鳥の求愛や子育てが、この池で繰り広げられます。
今年はどんなシーンを目撃できるのか。今からとても楽しみです。



何もないGW

晴天続きのGW。皆さまはどうお過ごしだったでしょうか。
個人的には何にもせず、自宅でずっと妄想にふけっていました。
DSC07918.jpg
何にもしなかった、というのはおおげさか。
妻がWALKMANが欲しいというので量販店に買いにいったんです。

すぐに買い物は終わったんですけど、隣のコーナーに
謎の物体があって、すごく気になりまして。
actual-size_refa_grace_head_caxa_201805061735153b8.jpg
火星人の襲来かとおもうわけですが、銀色の足は見た目と
違ってとても柔らかいのです。

店員さんに聞くと「頭皮のマッサージャー」とのこと。
しまった。これは地雷だ。なんてこった。

僕は20代後半からずっと若ハゲと取り組んできまして
やっとlet it beの境地にたどりついたんです。もうそのままでいいの。

いまさら揉んでもなあ。それに、コレを頭皮に当ててるところを
じっと店員に見られるのって、完全な羞恥プレイでしょ。無理。

「ぜひお試しください」

と言って、スイッチを入れる店員さん。
触手みたいな足がぐるぐる回りだしました。

もう、当てざるを得ない状況です(涙)ところがちょうどいい具合に
店員さんは、すぐに他のお客に呼ばれて、どこかに行ってしまいました。
DSC07838_20180506172115779.jpg
やれやれ助かった。公開処刑されなくてすんだぞ…・
一刻も早く、このコーナーから脱出しよう。

でも、止め方が分からない(汗)
しばらく、きらめきながら回り続けるマッサージャーと格闘しました。

そういえば、このお店で「鼻毛カッター」を買った時も、
在庫を見てきますね~と言って倉庫に出かけた店員さんが戻ってくるなり

「鼻毛カッターをお待ちのお客様!鼻毛カッターをお待ちのお客様!」
って連呼しながら僕を探し始めたんだよな。きっと相性が良くないんだ。
IMG_20180430_142122_1.jpg
あとは、中華街に行きましたね。20分くらい。
メシじゃなくて、すぐ近くのディーラーでクルマの点検をしてもらったのです。

点検が終わるまで、中華街を散歩。
来るたびに関帝廟に来てしまう。
IMG_20180430_134940.jpg
神仏にはうとい生活をしてますが、ここでお参りしている若い中国の人は
すごく真剣にお祈りしてます。関羽像より、その熱心さに毎回打たれる感じです。

ところで、ここには大きな香炉がありまして、金紙というものを焚いてます。
あの世の通貨にあたるもののようで、これを焚き上げると神様に届くようです。

地獄の沙汰も金次第…なんていうとバチが当たりそうですけど
神様にお金をささげるのはちょっと面白い。

舞い上がる金紙をハイスピードで。



金紙がぼんぼん燃えていくと、非常に気分が高揚するといいますか
紀伊国屋文左衛門の気分が味わえます。もっともっと!

昔、船成金で、紙幣でタバコに火をつけたりした人がいたでしょ。
山本唯三郎か。あれですよ。

僕がすっかりうっとりしていると、真面目そうな男の人が、大量の金紙を
抱えて、香炉で炊き上げてもらってました。

すごく真剣な表情で取り組んでいたので、反省した次第です…。
DSC01594.jpg
そういえば、今は火星、木星、土星が近くに見えるらしいですね。
僕もちょっと覗いてみました。

天体望遠鏡はないので、例によってゴーヨンに25-60倍のアイピースをつけて
デジスコで撮影です。
DSC01669.jpg
2000㎜でみた木星…何にも見えない(汗)
真ん中にちょっとだけ見えるホコリみたいなやつ。

3000㎜くらいまでズームして、トリミングするとこんな感じ。
DSC01741.jpg
うーむ、直接見る木星は、もっと鮮やかなんだけどねえ。
でも、考えていたら生まれて初めてちゃんと木星の模様をみたかもです。

動画で撮ってみるとこんな感じ。



自宅のベランダからでもこれだけ見えるわけなので、真剣にやれば
素敵なヤツが撮れるかも。

うーむ、それにしても長い休みで、もっといろいろ出来た
はずなんですけど、もう終わっちゃいましたね。とほほ…。

地獄のアクアライン渋滞を攻略する

L1221156_5_7_tonemapped_20180502221446c5d.jpg
今年もアクアライン渋滞がひどいです。
全長15㎞強の有料道路ですが、大部分が海底トンネル。

ここに長時間閉じ込められるのはマジにきつい。
でも本当にヤバいのは、アクアライン周辺なんです。

行きも帰りも、アクアライン本線よりも、導入路までが地獄なんですわ。
まずは午前中の渋滞について考えます。
名称未設定-1
これがアクアラインの全体図。入口付近はこんな構造。
名称未設定-1
多くの車が選択するであろう黒矢印の方向からのアプローチは最悪手であります。

特に東京方面からの車が集中する北側は、この地図の範囲をはるかに超えて
びっちり渋滞します。入口にたどり着く前にギブアップするヒトが続出。

この場合はアクアラインに対し、直進する形で進入する赤色の矢印が
正しいアプローチラインになります。

次は帰り道。帰り道は館山道ーアクア連絡道ーアクアラインが一般的。
名称未設定-1
しかし、午後4時くらいには、渋滞の列は連絡道をはみ出し
館山道本線まで及びます。

こうなると状況は絶望的。一昨年はアクアライン通過に最大240分という
空前絶後の数字が計測されました。普段15分で通過するところなのに。

しびれを切らせて、高速道路を降りても結果は同じ。高速周辺の一般道は
高速道路と同じくらい混んでいます。
名称未設定-2
アクアライン入口に向かう道路で、辛うじて機能しているのは
この地図東側で南北に伸びる県道87号線のみ。

これとて小櫃川(おびつがわ)を渡るあたりからは、ほとんど進みません。
ここは諦めて、地図西側海沿いの竜宮城スパホテル三日月を目指しましょう。

竜宮城は房総半島の中では、最も良質なコンテンツと考えています。
ここで、ゆっくり風呂につかって渋滞をやり過ごすのです。
3_20100709181542_2018050222144456b.jpg
僕のおすすめプランとしては、

・昼まで、自宅でゆっくり過ごし、遅めの出発。
・15時すぎに、アクアライン下り方向を通過。ほぼ渋滞なく走行できるはず。
・うみほたるPAで休憩。午後の下り側からはスムーズに入場できる。
・木更津金田ICで高速を降りてアウトレットへ。渋滞我慢。買い物少々。
・県道87号をつかって木更津方面へ(逆方向で空いている)
・金木橋手前を右折して竜宮城へ。
・食事をとり、風呂にゆったり浸かる。プールもあるしお土産も買える。
・渋滞が落ち着いてくる22時過ぎをめどに出発。

連休らしく朝寝坊しても大丈夫なプラン(日帰り)はこれくらいですかねえ。

マザー牧場で遊んで、アウトレットで買い物と食事。
そういう誰でも考えるプランは爆死確定です。

一番のおすすめは「行かない」なんですけど。
DSC08142.jpg
一回でもひどい目にあえば、懲りそうなもんですが、
毎年同じ渋滞がおこるわけです。

読書したり、部屋の模様替えしたり、出かけなくても楽しく出来るはず。
映画をじっくり楽しむのもいいですよね。

アダルトサイトの広告で「新作動画がぞくぞく登場!GWはH動画漬けになろう」
なんてのも見ました。いいじゃあないですか、趣味に貴賎なし。全ては等価だよ!

でも涙が止まらないのはなぜ…?
P4010058.jpg
地元民からすると、なんでそんな思いまでして
田舎に来なければいけないのかサッパリわかりません。

ヒドイ目にあうと分かっててやってくるというのは、ある意味巡礼に近い。
そう、これは儀式なんだと思うのです。

家でぼんやりしてると何だか損したような気になる。
それも何となくわかるんですよ。

日々溜まっていく「日常」という穢れ。

混むとわかってても、あえてそこに突っ込んでいくというのは
ケガレを洗い落とす禊(みそぎ)なのかもしれません。
DSC07959_20180503113851013.jpg
連休はどうだった?と同僚に聞くとき、一番盛り上がるのは
渋滞や混雑がいかに悲惨だったかという話になります。

「実家が青森なんで毎年地獄っすよお」

でも何だかやりきった感のある顔なんだよね。
やっぱりGW渋滞はお祓いみたいなもんなんでしょうか。みんな、気を付けてね。


2018年5月4日追記 今年の状況。
5月3日は嵐になるという予報のせいで、通行量激減。
渋滞は全くなく、らくらくと走行できました。この日来た人は大当たり。
5月4日は、朝から快晴。午前中から始まった渋滞は午後3時でも解消せず。
帰りの車で上りが渋滞してるのに下りもまだ混んでるという悲惨な状況でした。

ねこ日和

DSC01410_201804141316417df.jpg
鳥撮りの合間に猫とよく遊んでます。猫が好きなんです。
コイツは、威風堂々、大物感があります。ライオンみたいだなあ。

僕の車に爪を立てないで…。
DSC01439.jpg
そばで見てるのに、車の屋根に登ってゆうゆうと過ごしてる、
やはり大物…というかジャイアンみたいなやつです。
DSC01466.jpg
見ていると、この公園の子たちは、みんな耳に切れ込みがある。
これは避妊手術ずみのサインなんだそうです。

地域のみんなで育ててる猫だよ。増えないから大丈夫だよ。
そういうメッセージですね。

最近は、自治体から手術費用の補助金が出るケースもあるんだそうで。
殺処分なんかより、確かにスマートですね。
DSC01398.jpg
この子も耳に切れ込み。ちなみに右ならオス。左ならメスなんだそうです。
ジャイアンは右に切れ込みがあったなあ。そういえば。
DSC01497.jpg
ジャイアンも女の子には弱い…。

しかし不妊手術を受ける側の気持ちというのはどんなもんだろう。
僕らが受ける可能性もゼロじゃないでしょ?

ある日、UFOから異星人が下りてきて、我々を支配したりするするかもじゃないですか。
タマを抜かれるか、処分場に行くかどっちか選べなんて言われたらどうしよう?
P2260399_201804141316500b4.jpg
抜かれた人間は攻撃性が無くなるので、反抗心もなくなり、穏やかに過ごす。
一方、抜かれてたまるかと、レジスタンスとして地下活動に入る若者たち。

ボーイフレンドが目の前でUFOに吸い上げられて、戻ってきたら耳に切れ込みが。
泣き崩れる女の子…なんていう妄想が湧いてくる。

お前、アタマ大丈夫かとよく言われるんですが、こういうのが
すぐさまイメージとして浮かんでくるんだよなあ。困ったもんだ。

M140i M3より速い1シリーズ

DSC02607_2018032817341921f.jpg
ともかくたまげた。それが最初の感想です。
いまどき、こんな荒々しい加速をするクルマがあるなんて。

静止状態から、アクセルをいっぱいに踏み込むと、お尻を左右に振りながら
ロケットのように加速します。BMWの1シリーズなんだぜ?
IMG_20180310_122937_20180328173442c79.jpg
現代の車って、様々な電子制御で、アブナイ事は起こらないようになってる。
ホイールスピンすらなかなか起こせない。

このクルマは違う。雨の日の全開加速は相当覚悟が要ります。
そのすさまじさは、間違いなく僕のM3(先代モデル)より上です。
P1040983_201803271719203a5.jpg
調べてみると先代のM3はV8で420馬力。これで0-100㎞は4.8秒でした。
M140iは…4.6秒!やっぱり気のせいじゃない。

このクルマはものすごく速い。しかも暴力的に(笑)
エンジンフードを開けてみる。
DSC03040_20180328173437773.jpg
何も見えない (汗) 最近の車ってみんなこうだよね。
カバーを開けてみよう。

おお、本当に6気筒です。
DSC03077_20180328173440898.jpg
直6が縦置きされて、前輪の車軸を超えて運転席にめりこんでる。
1シリーズという小さなボディに6発。無茶するねえ。
DSC03123_20180328173440a49.jpg
ちなみにこのエンジンは5や7シリーズにも採用されてるものと
同一です。3Lのツインターボ。340馬力。

狭苦しいとこに無理やりハイパワーエンジンを
押し込むというのは、何やらわくわくしますよ。初代GT-Rみたいじゃんか!
DSC02819_2018032817343041c.jpg
直6という長いエンジンを縦置きするとその分スペースを食われます。
大きな車ならともかく1シリーズのボディには結構厳しいはず。

その分、車内やトランクスペースが犠牲になるのではないか?
DSC02763_2018032817342767c.jpg
ところが、トランクは十分に広く感じます。デジスコや大砲も楽々のみこむ。
これなら家族旅行も普通にこなせそうです。

車内はどうか。感激するのはメモリー付きの電動シート。
調節幅が広く、好みのポジションを取れます。安物感は全くなし。
DSC02733_20180328173425c9d.jpg
ただ、このハニカム柄はちょっと…なんか魚皮っぽくない?

リアシートに乗って、ああやっぱりなと。
狭いです。
DSC02862_2018032817343356e.jpg
僕は短足なんで、思いっきり前にシートを出します。
ドライバーが小柄短足でやっとこれくらいのスペース。

運転席に大男が座ると、後ろは子供専用になりそうです。
縦置きの6気筒のしわ寄せはトランクではなくリアシートに来たわけですね。
DSC02678_20180328173423d88.jpg
ところで、この車は結構静かに感じます。
思いっきり踏むといい音がしますが、かなり控えめ。

普段はハイパワーエンジンの存在を意識することはほとんどありません。

でも、外で聞いている人にきくと、それなりに大きい音がするそうです。
特にエンジン始動時は、うちの家族は顔をしかめてましたから。
DSC02834_2018032817343181d.jpg
室内ではまるで分らない。かなり遮音が優秀なようです。

ATは8段です。パドルを操作すれば、マニュアルに切り替わります。
250㎞でリミッタが動作。(これはM3も同様)

欧州車は鈍足セダンでも260㎞まで目盛りが振ってある。
スピードメーターは計測器じゃなく妄想量を測るモノになってる。

でもM140iはちゃんと250出せるわけです。
これなら景気よく300くらいまで目盛りを書いてもいいと思う。
IMG1_20180328173443f7e.jpg
長めに借りることが出来たので、片道150㎞のロングドライブもしてみました。
走る前は意気込んでたんです。ハイスピードドライブを満喫じゃ!

結果的には、ものすごくダラダラ走ることになりました。
何故って、ATが凄く頭がよくて、何にも考えなくてラクに走れるんです。

ハイパワーなエンジンに優秀な変速。ゆったり走るのがとっても気持ちイイ。
ハイウエイクルーザーとしてもいける。

少し眠くなったら、料金所で全開ダッシュ!



動画だと今一つ伝わらないんですが、全開加速では必ず直ドリ(汗)
左右に尻を振りながらのロケットスタートで毎回笑ってしまう。なんてデタラメなんだ!
DSC02668_20180328173421a81.jpg
ボディのそこかしこに散りばめられた「M」の文字。
カッコいいロゴなので、後付けパーツとしても人気です。

しかし、これがついたクルマに対する印象は良くない。
DSC02648_201803281734208e7.jpg
硬すぎるアシと、これのどこがシルキーなの?というやかましく
がさつなエンジン。僕が経験してきた「M」はそういうクルマでした。

特に「Mスポーツ」というグレードには偏見がありました。
「M」からパワーを取り去って、足だけはガチガチのまま。

でもM140iはそういうネガティブな印象を一気に払拭してくれました。
買い物も、スポーツ走行もこれ一台でこなせる。
DSC02913_201803281734345ee.jpg
じゃあこれを買うかっていうと、かなり勇気がいる。
M140iの新車は乗り出し600万以上。なのに全然高そうに見えない。

初代1シリーズの中古って30万円くらいからあるんです。
見た目はそれとあんまり変わらない…。

これ、何とかならないですかね。
AUDIも、見た目は普通のワゴンで中身は化け物っていうの出してる。

そういうさり気ないのがカッコイイという美学なんだろうね。
個人的には足軽と侍大将が同じヨロイっては、あり得ないんですけど…。

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR