ウルトラ難しいツバメの飛翔

先日見かけた興味深いシーン。
泥をくわえたツバメが上空を旋回。

DSC_5034.jpg AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR D5

勿論、撮影中は巣材をくわえている
なんてわかりません。

すごい速度で飛び回っているのですから。
しかし…。

DSC_5038.jpg 
あれ?なんかこぼれたぞ。

DSC_5041.jpg 
吟味してくわえたはずの巣材を廃棄する
なんて…のどに詰まってむせた?まさか。

それにしても、ツバメの飛翔は難しい
ですね。ほとんどピントが合いません。

現時点での、ニコン最強装備と思われる機材で
歩留まり1割以下ですから。

DSC_4893.jpg 
背景があってもなくても、難しさは
同じ。空抜けのほうが簡単そうに思うけど。

とくにイワツバメは難しいっすなあ。
強敵です。

DSC_5298.jpg 
すげえ時間をかけて、やっと慣れてきた。
当たりも出てくる。

でもね。綺麗に撮れても、鳥が地味(笑)
なんか見栄えしないよね。

DSC_4790_20160420171952f20.jpg 
河原の中州では、カモのヒナたちが
集合。盛んに泥の中を物色中。

必死なのかもしれないけど、遊んでいる
ようにしか見えない。

DSC_4801_201604201719519a2.jpg 
そばで見守る母。僕が動くたびに
じっと睨み付けていました。

ところで、この子たちの父親は
マガモとカルガモの交雑種です。

子供たちはカルガモのクオーターと
いうことになるんでしょうか。

DSC_4816_20160420171953c98.jpg 
これが、我々がよく見るカモの雛。
カルガモとマガモのヒナってすごく似てる。

しかし、その中にこんな子たちが混じる。

DSC_4845.jpg 
よく見ると過眼線がうっすら入ってる。
アヒルとの交雑にこんな感じの子が多かった気が。

親は、色の違いがあっても、分け隔てなく
愛情を注ぐようです。



翡翠の撮影は、変わらず低調。
この時期はしょうがないんでしょうね。

DSC_4605.jpg DSC_4628.jpg 
この時期と言えば、交尾。
まだ見てません。というかもう何年も見てない。

師匠は、あんなの綺麗なものじゃないしと
言うのですが…。



まだハイスピード撮影を始めたばかりのころの
作品。2007年ごろの撮影です。

メスの翡翠がなかなか画面の真ん中に収まらず
困ってたら上からオスが降ってきて、画面ど真ん中にぴたり。

偶然としては、出来すぎの展開でしたが
それだけに、印象深い。

もう何度も紹介してますが、僕にとっては
大切な映像なんです。






関連記事

コメント

No title

センセ、おはようございます。
この10年で、ハイスピード動画の画質も随分と向上したのが判りますね。いや、ハイスピードだけじゃなく、静止画ももの凄い進歩ですが。
フィールドは相変わらずの状況で、長い々々トンネルが続きそうです。あのワケのわからぬ婆がまた出現、居並ぶCMに全くひるむこともなく・・・面白かったですよ~バキッ!!☆/(x_x)

Re: No title

だっくさん

こんにちは。ハイスピードカメラはしばらく不作の時期が続いていたんです。
カシオは新しいデバイスを開発する気が全くなくて、初号機が一番良かったという。
結局売れないんでしょうね。
長い低迷期を超えてやっとRX10Ⅱが出てきてくれたのです。
あのひと、これからもやらかしそうですね。要注意です。

こんばんは

ツバクラメ~よくぞこれだけ撮れましたね~
やっぱり腕と執念で撮った画像という気がします
D5も使い込めばこのように撮れるようになるのですね~
僕も頑張ります~ダメかな~~
泥まみれのカモのヒナが可愛かったです~差別しないでね(^ω^)/

Re: こんばんは

TKNさん

こんにちは。200-500の調子はいかがですか。
使いやすそうなら、僕も買っちゃおうかと…。
>> 僕も頑張ります~ダメかな~~
なんでそうで弱気なんですか(笑)
D3であれだけ撮れるのですもの。全く問題ないとおもいます。
>差別しないでね(^ω^)/
はい、そうします。でもやっぱり全部おなじほうが
可愛いし見栄えがしますよね(汗)
こんなこと言ってるから、妻からレイシスト扱いされるのです。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR