超拡大版テスト いざ暗黒の世界へ

DSC_3912.jpg
 Nikon D5 :makro planar t* 2/50 zf.2
ISO3200 F2 1/100sec


「未知なる光を補足せよ」というキャッチで
デビューしたD5。常用感度はISO10万に達するそうです。

果たしてISO10万が必要なのかってはなし。
少なくとも一般の人には要らないよなあ。

せいぜい子供の寝顔を撮るくらいでしょう?
WBずれまくりで、ゾンビみたいな顔色になるけど。

なんか使い道あるのかね?

DSC_3036RAW.jpg
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
ISO51200 F3.5 1/80sec


やっぱり業務用なんでしょうねえ。

でも、夜間の動物観察を生業にしてる
ひとってそんなにいるのかなあ?

著名人の密会を狙う週刊誌の記者は
喜んでるかもしれない。

しかし図体がデカいからなあ。D5.
隠密行動には向かない。

DSC_2887RAW.jpg
ISO102400 F2.8 1/25sec

桜祭り会場も深夜でひっそりとしてる。
・・・はずだった。

なんか若者がうろついて、放歌高吟して
おります。すげえうるせいぞ。

「夜更かししてる子はいねがあああ」

なまはげの恰好をして、脅かしてやろうかい。
もう、早く帰って寝なさいよ・・・俺もか。

公園の池は墨を流したように暗い。

DSC_2948.jpg

空白じゃないよ(汗)
写真が貼ってあるんです。

本当に真っ暗でよくわからない。

DSC_2957RAW.jpg
ISO102400 F2.8 1/10sec

超高感度で撮ると、オナガガモがいることが
わかりました。

こういう条件で、手持ちで撮れるのも驚きだけど、
もっと驚きなのはAF。ちゃんと合焦するんだよ!

僕の目が迷ってるのに、どういう仕組みだ?

こういう時には「やっぱり普通じゃないのね」と
強く感じます。すげえカメラだけど僕には宝の持ち腐れ。

DSC_3009RAW_201604071242332c2.jpg
ISO12800 F2.8 1/13sec

カメラを向けると一目散に逃げていく。
普段は「餌よこせ!」と迫ってくるのに。

ま、こんな時間に来る奴はマトモじゃないと
奴らもわかってるんでしょう。

DSC_2978RAW_20160407124235aff.jpg
ISO102400 F2.8 1/400sec

ISO10万ともなると、ノイズがすごい。
明るいところでは目立ちませんけど。

わりと明るい場所では、コンデジっぽい
ゴワゴワ画像に。

DSC_2978RAW_201604071416581b2.jpg

暗いところではVHS3倍モードで
何度もダビングしましたみたいな。

砂で描いた絵のようにも見える。

DSC_2978RAW_20160407141936041.jpg

使えるかというと、使わないだろうなあ。
ISO10万。週刊文春は使うかもしれんけど。

1000m防水と同じでしょ。
だれもそんな所までは行かないわけで。

ISO6400は結構実用的。
クリックで超拡大。

DSC_3560w.jpg
ISO6400 F2.8 1/5000sec

薄暗い中で高速シャッターが
きれるというのはデカい。

ISO12800もなかなかいいです。
ここくらいまでなら、使ってしまおうかという。

クリックで等倍
DSC_3192w.jpg
ISO12800 F2.8 1/2500sec

ISO12800は、大砲レンズなんかより
暗いズームレンズにこそ旨みがありそう。

F8まで絞って使ってもSSが保てるなら、
デカい単焦点の出番は無い。

コンパクトなズームレンズで身軽に・・・
まあボディは糞でかいんだけどさ(汗)

しかし、超高感度の活かし方について
未だに見えてこない。

もっと修行しなければいけないのではないか。

L1090912.jpg

で、やってきました富士山。
ふもとには、火山性の鍾乳洞。

暗所での撮影といえば、やっぱりここでしょ。
Shou New Doh!(ヤケクソ)

L1090872.jpg

今回選んだのは富岳風穴。
ここは初めてです。

富士山麓には、他にも洞窟が沢山あるんです。
いずれは全て制覇したい。スタンプラリーがあればいいのに。

L1090862.jpg

入口の所には、ヘルメットが用意してありました。

なんかコレを被ると頭を撃たれるような気がする。
そりゃ「かざあな」だ。

見てると日本人は使いませんね。白人の観光客は
律儀にかぶってる。

DSC01619.jpg
ISO3200 F2.8 1/10sec

洞内は年間通して3℃以下。寒いと知っていたので
完全装備に突入・・・。

外の気温は16度くらいでしたので、完全に別世界に
来たようです。氷柱もある。

DSC01584.jpg

外国人は「awesome!」とか言ってますけど
僕は別のことで感動してました。

暗いところでD5のスイッチを入れると
ボタンが光る。

L1090858_201604082234050d8.jpg

おお~これは実用的よね。助かるなあ。
暗所で一番使いそうなISOボタンは見当たらない。

実は一番指掛かりのいい場所にISOボタンが
移動してるんです。暗所ではこれが大変に使いやすい。

この手のプロ機でボタン配置を変えるのはあまり無いこと。
D5は本当に「暗闇スペシャル」なのかもですねえ。

DSC01685.jpg

さて、ここで高感度の王者α7ⅡS登場。

NikonD5と、超高感度での動画画質を
比較しよういうわけです。



結果は・・・もうどうでもいい(汗)
撮影・編集に疲れ切って考察する気力もない。

フリッカーが見苦しいとか、WB固定してないとか
後悔だらけですわ。せっかくいったのにねえ。

それにしてもα7ⅡSの動画ってすごいね。
縮小サイズでみると、全く画質変化が無いようにみえるもの。

そんなわけで、暗黒の世界を旅するはなしは一旦
終わり。次回からはお日様の下で健康的に過ごそう・・・。








関連記事

コメント

こんばんは

センセ、動画の結論はD5はさすがです~で終わらないといけないのでは?
何だか、D5の動画がイマイチに見えたのは僕だけ?
センセは暗いところとか廃墟がお好きですよね~廃墟は僕も大好きですが
なかなか撮影が出来ません~地元の若者が悪さするとか
火をつけるとかで、なかなか中に入れないのが残念です~ 

No title

センセ、こんばんは。
D5は、D4Sに比して1段分、高ISOノイズ特性が改善されたようですね。ISO6400までなら十分に実用レベルだと思います。(これはあくまでも翡翠撮影に限ってのことですが)
ISO10万は・・・コメントのしようがないのですが・・・(^^;)
暗所でスイッチが透過照明されるというのは良いですね~。バッテリーが異常に消耗・・・なんてことにならなければ良いのですが(^^;)

Re: こんばんは

TKNさん

>D5の動画がイマイチに見えたのは僕だけ?
まったく、その通りですね。α7SⅡがすごすぎるともいえます。
スペックはすごいんですが、あくまでD4Sから1段分良くなっただけということで
ミラクルはありません。むしろ、今回はAFの進化に注目してます。

Re: No title

だっくさん

ボタンの発光は、真っ暗なときは本当に助かります~。
これで星空を撮る方がいるかどうかわかりませんがあると便利ですよね。
久し振りにフラッグシップを買ってしみじみ思うのですが
電子音とかAF補助光が最初からオフ設定なんです。やはり業務用だなあと。

No title

Panoramahead様、今晩は。

ボタンのカスタマイズに悩みつつも一通りの設定を終え、春の鳥撮りに準備万端のKazuです。
とは言いつつもカメラの形状、特にボタンの位置は変えることが出来ないので
不満は解消されていないのですが・・・。
>暗いズームレンズにこそ旨みがありそう
>F8まで絞って使ってもSSが保てるなら、デカい単焦点の出番は無い
大ちゃんが感じたその結論とKazuの評価を統合すると・・・。
Verdict!
D5にはハチゴロー!鉄板です。大きなポイントは3点ありますが、細かい説明は抜きにします。Twinsだから解ってくれるっしょ!?
D4sの時より数段よくなったぜ!ウフフッ。

Re: No title

VAIOKAZUさん

えええ、氷穴はそれ?じゃなくて評決ヒョウケツ!
ううむ双子の兄弟だからツーカーのはずなのに分からないのは…。
ああ、そうだ僕ハチゴロー持ってない(汗)
弱ったなあ、そんなにいいんですか。しかしあの凄玉を使うこなす
自信も膂力もないのよね。handheld倶楽部の会長としては手持ちじゃないと
駄目でしょう?
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR