入水でもなく着水でもなく・・・

DSC_9798_00014RAW.jpg
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR D810
アクティブDライティング


以前から探してる言葉があります。

それはカワセミがドボンと水に飛び込む瞬間。
これを何と呼ぶのかという。

DSC_9721_00008RAW.jpg
ISO3200 F4 1/1600秒ー0.3EV

水面を羽で叩いて飛び上がる瞬間は「離水」
これはまあしっくり来る。

では、水に飛び込むのは・・・「着水」?
それは違うんじゃないかと。

着水ってこういうイメージよ。

DSC_9768_00011RAW.jpg
ISO400 F4.5 1/2000秒-0.7EV

水面を飛沫をあげながら滑走する。
そんなイメージを持ってます。

でもカワセミのダイブはそうじゃないです。
水面を刃物で切り裂いて、中に突っ込む。

このイメージを端的に表す言葉はないものか。

DSC_9745_00010RAW.jpg
ISO 3200 F4 1/1250秒-0.7EV

シンプルに考えて「入水」が良いんじゃないかと
思うわけですが、これだと水に飛び込んで死ぬことになってしまいます。

「じゅすい」「にゅうすい」どちらで読んでも、身投げして死ぬという
意味になるようです。カワセミを土左衛門にするわけにはいかない。

困ったなあ・・・やっぱし着水?

DSC_9697_00006RAW.jpg

DSC_9698_00007RAW.jpg
ISO1800 F4 1/2000秒 アクティブDライティング

上の写真は「着水」してる気がする。

カワセミも、浅瀬に突っ込むことがあります。
海老捕りとかする時は、ほとんど水に入らない。

こういう時は着水でもイイと思うんだけど
どぶーんと潜ってなかなか出てこないことあるもんね。

あれはやっぱり「着水」と違う気がするのよねえ。

DSC_9681_00005RAW.jpg
ISO3200 F4 1/800秒

やっぱし無難に英語がいいのかなあ。
「dive」って言えばみんなわかるし。

「splash」でもいいか。ドボーンと飛び込んだ時の
しぶきのイメージが伝わってくるじゃないですか。

でもやっぱり漢字よね。
「穿」とか「貫」を使ってなんかいい表現が出来ないかなあ。

DSC_9672_00002RAW.jpg
ISO3200 F4 1/800秒

誰かいいアイデアがあったら教えてください・・・。







関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは。
着水だの入水だのと屁理屈をこねながらも、さりげなく凄い画像をアップしてますなぁ\(^o^)/
コレは誰も、ゴーヨン手持ちで撮影したとは思わないでしょうね。いやはや、横でロクヨン構えてる私が惨めになりましたm(__)m
で、やっぱりDIVEでしょうかね。そして離水、和洋混交だけどいいんじゃないでしょうか(^^;)

No title

だっくさん

ウルトラスピードの返信恐れ入ります。
手持ちで撮れたのは単なる偶然でしょう。
現場で見てもらったとおり、元画像は20度くらい傾いていて、如何に
乱暴にレンズを振ったのかがバレバレという。それでもちゃんと
止まるんですからVRの効果ってすごいものですよね。それは
本当に驚きました!!

こんばんは!

何だかんだとムズイ言葉を駆使して語っておられましたが
上の写真は凄いですよ~恐れ入谷の鬼子母神ですなァ(人真似)
こんなのはどうでしょう~「潜水」「潜行」「穿水」「尖水」『潜入』
そういえば「潜入捜査」なんてのがありましたね~(脱線した~)
もう出し尽くしました~先日の疲れはとれましたでしょうか?

No title

毎日、本ブログをチェックしている熱烈ファンの爺でございます。翡翠の飛び込みはそのものズバリのイメージで{飛潜」とでも呼びたい気持ちがいたします。それにしてもいい写真ですなあ。

Re: こんばんは!

TKNさん

おはようございます。「穿水」を単語登録しました(笑)
この日は寝不足でふらふら。妙に工夫せず、機械任せが良かったみたいです。
なんかいまだに疲れが取れません。困ったものです。
でも、ISSは必ずやいい写真を撮ってやろうと意気込んでいます。

Re: No title

いざよひさん

おはようございます。コメントありがとうございます。
雅なハンドルネームですね。
写真ご覧いただき、また過分な評価を頂いて恐縮です。
「飛潜」単語登録いたしました。(●^∀^)これからも宜しくお願いしたします。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR