EE-1とエツミのブラケットが到着

注文していたオリンパス製ドットサイトが
ようやく到着しました。

DSC08386.jpg

かなりの人気商品のようで、注文から
2か月くらいかかりました。

ドットサイト照準器 EE-1
DSC08341.jpg

DSC08379.jpg

パンタグラフ式とでもいうのでしょうか。
組み込み式のユニットが持ち上がる。

これだと、ドットサイトのレンズを傷つけて
しまうこともなさそうですね。

ドットの調節は自由雲台ではなく
上下左右の2方向をダイアルで調整。

DSC08362.jpg

もともと銃器用のサイトはダイアルが硬くて
素早い調節が出来ないものが多い。

この商品のダイアルは指で容易に回せます。
大きく動かないぶん、自由雲台より精密な調整が可能。

よほど需要が多いのかエツミから両眼視用の
ブラケットも発売されてます。

01---コピー

「カメラメーカーのアクセサリー」のアクセサリ。
こんなのが商売になるんかね。

実際に装着するとこんな感じ。

DSC08419.jpg

とてもよく出来ているのですが、、背の高いカメラ
だと、両眼視できないかもです。

monopodさん考案のブラケットなら上下の調節が
出来るので、他社製カメラで使用する場合はこちらがいいでしょう。

よくできた商品ですが、ちょっと気になるのは
レティクルの形状。

K0000764987.jpg

こんな大仰なレティクルは要らない。
赤い点が一つあれば十分です。

小さな小鳥をサイトから見る場合
このレティクルに視界を奪われそう。

小さな点に切り替えられるようにしてほしい。
なんか見るたび、工場のマーク見てるみたいよ。

これが工場のマーク。

1_20151029193721286.jpg

小学校の社会で習いましたよねえ。
なんか、しみじみ思い出してしまいした。

じっと見てるとたてに線を一本書きたくなるんだよね。

いや・・・何でもない。聞き流してくれ。

コメント

No title

センセ、こんばんは。
このドットサイト、電池の持ちも良いとのことで、かなり人気があるようですよ。
ドット位置調整が簡単に出来るというのも人気の秘密なのでしょうね。
というか、調整のために六角レンチが必要というのが、そもそも変!
写距離によって収差調整をしなければなりませんから、調整ネジもクリック感があって欲しいところです。
なかなか良いデキのようですが、ちょっと大仰なところが・・・(^^;)

No title

こんばんは。。。


あああ、僕には。。。
難しい商品です。。。

すいません。。。

Re: No title

だっくさん

長距離狙撃用のサイトを操作している動画をみてると
手でカリカリ調節してますので、本物はもっと素早く操作できるんでしょうね。
六角レンチでの微調整は扱いにくいですよね。あれだと、距離が違うシーンに
まったく対応できないですもん。クリック感が必要というのは、全く同感であります。

Re: No title

Tanskさん

35㎜には絶対使わないですよ(笑)でも超望遠撮影には必ず
必要なんです。1000㎜超えてくると、これがないと本当に
効率が悪いんですよ~。

No title

panoramaheadさん、こんばんは。

両眼視用のブラケットがあったとは知りませんでした!
小型の自由雲台を使ってるので、六角レンチで調整したことないんですが、部品の数が少なくて済むのは良いですね〜。
レティクルのタイプと色は変えられると良いですね!

Re: No title

nkgwさん こんばんは。

いい製品なので、なんとも惜しいです。これも慣れなのかもしれませんが。
やっぱし小さなドットで追いたいですね。うーむ。
僕も今は小型雲台で使ってますけど、このサイトは微調整がたやすいですから
固定式のブラケットが安定していそうです。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR