α7SⅡ 超高感度域でのマイナス補正

DSC00107.jpg
α7SⅡ ISO12800 1/40秒 -1EV

ズミルックス50㎜をF2に絞って撮影しました。
もちろん手ブレ補正はあり。

撮影現場は真っ暗・・・船もほとんど見えない
状況なんです。それでも写っちゃう。

ISO12800に大口径レンズだと、対応できない
シーンがほとんどない。恐ろしいことです。

初号機を買って、超高感度を試した時に
なんかギャップがあったんですよ。

ISO12800でもノイズレスみたいなこと言ってたけど
全然違うじゃん!って。

DSC09999.jpg
SUMMILUX-M F1.4/50mm ASPH.
ISO10000 F5.6 1/25秒


いろいろ試した結果、α7Sはなるべくマイナス補正を
避けて撮ったほうが良さそうだという。

ISOは人肌を撮るときは3200が限界。そんな結論に。

α7SⅡはどうなんだろうか。
ちょっとやってみたですよ。

クリックで等倍
名称未設定-1

今までほとんど目立たなかったノイズがやっと
出てきた。こういう全体が暗いのが苦手なんだよね。

初号機は、マイナス補正かけるとさらに暗部の
ノイズが浮く印象があったんだけどⅡは違うみたい。

暗部はばっさり落とす。黒はちゃんと
黒くなって、見た目に近い仕上がりです。

こうなると、怖がらすにマイナス補正かけても
大丈夫なのかなあ?って。

DSC09928.jpg

なんとも魅力的な店構え(笑)
お酒が飲めないので、入ったことがない。

ここで、ISO400から12800まで-1EV補正
で、撮り比べ。

クリックで等倍
hor比較

やっぱし、超高感度域では、細部が甘くなります。
後ろの白い壁をみるとよくわかる。

ただ、12800で撮った画像単体でみるとあんまし
違和感ないんですよ。較べなければ。

普通はノイズだらけで見れたもんじゃないよね。

DSC00060.jpg
ISO12800 F2 1/40秒 -1EV

再び、港に戻って撮影。

船って、揺れてるから、スローシャッター
だと綺麗に撮れない。必然的に高ISOが必要。

ところで、まだCaptureOneがα7SⅡに対応して
ないんで、撮影はもっぱらJPGです。

ソニーのImage Data Converter が今のところ
唯一の対応ソフトです。

クリックで等倍
名称未設定-11

こうしてみると、標準のJPGは結構強い
NRが掛かってることがわかります。

これはどっちがいいのかねえ。

細部追及ならRAWでしょうけど、見ばえは
JPGだし。なかなか悩む。

CP1なら、両立してくれるかもなどと、
今後に期待。

人肌についてはまだテスト中。
7Sでは、個人的にISO3200が許容範囲だった。

DSC08344.jpg
ISO12800 F2 1/640秒

ISO12800としては超優秀ですよね。
これでマイナス補正かけるとどうなるだろう?

DSC00237.jpg
AF-S NIKKOR 500mm f/4E FL ED VR
ISO12800 F4 1/25秒


ゴーヨン担いで、夜中の羽田。
もう2回も出かけた(汗)

「いそごまんまいなすいちほせい・・」なんて
念仏のように唱えながら動画撮影。

隣の釣り人が気味悪そうにしてた。
傍目にみると、基地外だよなあ。すまんのう。

しかし、とことんテストしないと、このカメラの
「いいあんばい」がわからないのよ。

そういうわけでひたすら修行中・・・。












関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは~。
最近のデジカメは高ISOにおけるノイズが非常に少なくなりましたね。
といっても、どう足掻いたところで出るもんは出るわけでして。
要は使い方、というか設定なんですよね。
アンダーにさえしなけりゃ、かなり高ISOでもそれなりに満足出来ます。
問題は、高ISOでも弩アンダーにしないとSSを稼げない・・・というシチュエーションでしょうか。
ん?そんな状況で撮影すること自体が間違ってるって?
はい、仰るとおりでございますm(__)m

Re: No title

だっくさん

暗い中のカワセミ撮りは最も高感度が必要な被写体の
一つかもしれませんね。ダイブ狙いに限っての話で
止まり物は、ほかの鳥より楽ですけど(笑)
D4SやD810はISO3200までは十分実用になると思います。
7SⅡは、ノイズはでるけど12800くらいまではなかなか
破綻しないという感じですね。

No title

う~ん、木更津ホルモン、いいですねぇ!
いや、これだけでご飯3杯いけます^^
ISO12800って?????
私はISO AUTO800以上使わないので、よくわからない世界です、ダハ(T_T)

No title

こんにちは。

いやー、もう十分凄いですよ。
庶民が手に入れられるカメラとして
最高じゃないですか。

ソニーは、やっぱり凄かったですね。

ああ、あと僕は、12-40PRO届きました。
マップカメラさんで、並品だったので
危惧してましたが、とても状態がいいので
安心しました。

写りの方は。。。ぱない。素敵です。

Re: No title

monopodさん

>いや、これだけでご飯3杯いけます

あはは!それは良かったです。下戸は本当に不便なのですよ。呑み屋というのは
被写体の宝庫だと思うのですが。
高感度画質が高くなると、ISOオートの使用頻度が上がります。一昔前は
ISO400以上はあげて欲しくないので、たいてい固定でしたけどね。

Re: No title

Tanskさん

皆さん、画素数が少ないのが不満のようですけど、普通に使う分には
あんまり気にならないです。ブレも目立ちませんし。
全画素読み出しのため、センサーサイズを据え置きしたのでしょうが
僕はそれで良かったと思ってます。
12-40PROイイですよね。光学系が綺麗ならむしろ並品のほうを
選ぶかも。。。

こんばんは

>なんとも魅力的な店構え
ほんとにそう思います~港町の夜景もなかなかよろしいですね~
そんな環境に身を置いておられるセンセが羨ましい限りです
またあの夕焼けや、橋の夜景が観てみたいです~

No title

panoramaheadさん、こんにちは。

いつも楽しく拝見させて頂いています。
ソニーのカメラで露出補正をマイナスに補正したときの話ですが、私は最近のソニーのカメラはα7を最後に、その後は購入してませんけれど、α550、900、RX1等も使用してきました。

カメラの設定ですがDRO(ダイナミックレンジオプティマイザ)はオフにしていますでしょうか?
これは諧調補正の機能ですが、結構派手に暗部を明るくしようとしますので、ノイズが増える原因となります。
マイナス補正しますと更に「より暗いから明るくしよう」とする補正が強くかかり、悪化する印象を持っていました。
確か、RX1とα99の頃からは、暗いところは暗くて良いと判定して、無理やり明るくしようとする補正は多少頭が良くなったはずですが、それでも完ぺきではない印象でした。

というわけで、私はDROをオフにして使用しています。
α900を現役で使用していますが、私は子どもたちの写真をたくさん撮るため、髪の毛や瞳などの比較的暗い部分にノイズが増えるのを嫌っているからというのが、DROをオフにし始めたきっかけでした。(古いカメラなのでα7SIIとは同列には語れないかもしれませんが)

最新のカメラでは進化していると予想されますが、もしDROオフを試されていないようでしたら、一度試して頂ければと思います。
釈迦に説法かもしれませんので、既にご存知である際は聞き流して頂ければと思います(笑)

Re: こんばんは

TKNさん

港町に住んでいると、特にありがたくも感じないのですが
埼玉にいくと、ああやっぱり海があるって特別なことなんだと
思います。でも入間川のほうが好きですけど(爆)
鳥がね~。

Re: No title

ヨーさん こんにちは。

コメントありがとうございます。丁寧に解説していただき誠にありがとうございます。
NikonでアクティブD-ライティングという機能がありまして、まさにDROと同じ思想なのです。
僕はこの手の補正を好みませんので、オフで撮影を行っていますが、時折コントラストの
強すぎるシーンで試すと、実に上品に補正してくれます。Nikonのはちょっとやりすぎ感が
あるんですけど、DROなら常時オンでもいいかなと思うくらいです。マイナス補正とDROの
関係は初めて知りました。なるほど!と納得です。
ヨーさんはRX1のユーザーだったのですね。あれこそ通好みかつ、贅沢な製品です。
僕は買う勇気がありませんでした。いまだにフォロワーが出ないんですからね。
奇跡のようなカメラだと思います。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR