感動した!

DSC07836.jpg
RX10M2 リッチトーンモノクロ

愛読するデジカメWatchの記事に
ぶったまげました。

驚異の“18倍マクロ撮影”に挑戦
PENTAX Q-S1に自作照明とリバースレンズを装着


18倍マクロって撮影自体が恐ろしく
難しいと思うんです。これは大変だったろうなあ。

自分の皮膚から吸血する蚊も撮影!
血が透き通る口器の写真なんて初めて見た・・・。

この記事を書くのにどれだけ時間が掛かったん
でしょうねえ。無料で読むのが申し訳ない感じ。

探究系企画の金字塔と言っていいんじゃないかと。

いい記事を読むと元気でますね。
俺もやるぞお!って。

DSC05908_201510071304557e2.jpg
RX10M2 HDR

さて、今回はRX10M2のNDフィルタのはなし。

動画メインのカメラにとってNDというのは
とても重要です。

というのも、動画はSSを1/30か1/60秒で
撮るという鉄則があるんですね。

ちなみに映画は1/48秒で撮る決まりになってる。

やってみるとわかるけど、1/2000秒とかの
高速シャッターで動画を撮ると動きがカクカクに。

1/30秒の写真はブレブレです。でも並べて
動画にするとあら不思議。とっても滑らかになるという。

DSC06072.jpg

前に使ってた業務用カムは3段階のNDフィルタが
内蔵されてました。

最初はそのへんの事情を知らなかったので
なんだこりゃ?と。

プロの方々はなんとしてもSSを落とさなければ
いけない事情があったわけですねえ。

DSC07897.jpg
ISO64 F16 1/20秒 -0.3EV

せっかくNDがあるし、昼間にひたすら
流し撮りしてみようと港に来てみました。

きらきら光る波の先は南の島・・・。
ではなく製鉄所(爆)

なんか全然流れてないじゃん!
これではいかんとMモードで。

DSC07926.jpg
ISO64 F16 1/5秒 

うむ、やっとそれらしくなったぞ。
しかし1/5秒まで落とさないとダメか・・・。

ISO64とNDフィルタ内蔵が効いてますなあ。

この調子でどんどん流そう。
次は飛行場。

DSC08133.jpg
ISO200 F6.3 1/20秒

1/20秒でやっとそれらしい画像になりました。
結構落とさないとダメなんだね。

着地の瞬間にタイヤから白煙が
上がります。これはシビレる。

DSC08227.jpg

しかし狙ったところには着地してくれない。
鉄塔の間で白煙が上がっても・・・(涙)

場所を変えて、さらにSSを落とす・・・。
なんとか粘って白煙ゲット!

DSC08251.jpg
ISO200 F9 1/13秒

僕の隣で若い女性3人組がヒコーキ撮影。
珍しいよねえ。流行ってんのか?

聞き耳を立てていると、話の内容が
超マニアック。いろんな人種がいるもんです。

さて、まだまだ流し足りない気分。
どこにいくかなあ…。

そういえば、僕の近所にサーキットがあったはず。
確か「袖ヶ浦フォレストレースウェイ」

DSC06240.jpg

最近サーキット走行もご無沙汰で、近くに
立派な施設があるのに、行ったこともなかった。

ナビを頼りに田舎道を走りますが・・・。

DSC06245.jpg

途中まで、案内板一切なし。
何度も引き返そうかと。

入口も恐ろしく地味でさ・・・。
ハレの演出がなってないよ。

DSC06276.jpg

2009年のオープンですがまだピカピカ。
出来たばっかりみたいです。

こんな素敵なコースが自宅から30分くらいの
ところにあるのに、なんで来なかったんだろう。

考えてみたら次男が生まれた年だ。2009年。
そういう理由だったか。

DSC06257.jpg

感慨にふけっていると、いよいよスポーツ
走行開始のようです。

サーキットに、爆音が響きわた・・らない。
騒音規制があるんだよね。ここは。

普通は「バリバリバリ」「プシャー」
「キイイイ」みたいな音の洪水なんだけど。

DSC06792.jpg
ISO64 F8 1/20秒

ちゃんとメインストレートで騒音測定してるようで
爆音車にはピットサインが出る仕組み。

そういうわけで、ナンバー無しの武闘派系レースカー
の方はごく少数でしたね。

コース幅は、最大18mとかなり広い。

追い抜きを楽しめるように、と設計者が
こだわった部分です。

DSC06356.jpg

ナンバー付きのフィアット500が楽しそうに
走ってるのをみて、僕もウズウズしてきました。

おいらも混ぜてくれ~、なんて。
ここなら意地悪なクルマもいなそうだし。

初めてのFISCOで、N1ヴィッツにさんざん
あおられたトラウマがいまだに消えないのよね。

DSC06661.jpg

しばらく、走り回る車をRX10M2で追いかけました。
大満足で終了。

細かく設定できる絞りとNDフィルタ。そしてISO64。
ピーカンでも流し撮りはらくらくです。

使い込むたびに楽しくなってきますね。RX10M2。


関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは~
サーキット撮影、楽しそうですね。
でも、走る方がもっと楽しそう(^^;)

ハイスピードに続いて今度は流し撮りですかぁ。
フィールドを高速通過する翡翠を、SS:1/15で流し撮りお願いしますm(__)m

Re: No title

だっくさん

おお、超高速のコメントありがとうございます。
1/15秒で翡翠の流し撮りは神レベルの映像になりそうです(笑)
僕の腕だと320か1/640秒がいいところでしょうか…。
カメラの焦点距離と振りのスピードが段違いですものね。

こんばんは

飛行機と車の流し撮り、素晴らしいですね~
カワセミ流し撮りはSS下げなければ僕でも撮れます。
ボク的には、蜘蛛の巣の弩アップ見たかったな~
あれ、もの凄くきれいなんですよね!

No title

こんばんは。

ええ、申し分ない写真の数々です。
あざーす。

僕は今、マイクロフォーサーズとXマウントに
夢中ですよ。

底値でしか、買わない漢ですが。。。

Re: こんばんは

TKNさん

蜘蛛の巣のドアップ、1インチセンサーだとちょっと
苦しいみたいです。反射するところを狙ってドアップすると
虹色に輝いてとてもきれいなんですが、思ったほどボケないん
ですよ~撮り方が悪いのかなあ・・・。

Re: No title

Tanskさん

底値の見極めというのも結構難しいものですよね。
もっと落ちるだろうと思ってたら3段ジャンプしたり(笑)
まるで生き物のような…。MFTは安ウマのレンズが揃ってますんで
探し甲斐がありますねえ~。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR