夕景の人

P1970454.jpg
FZ1000 ISO800 F5.6 1/30秒 -0.3EV

夕景よりも、それに見入るひとのほうが
なぜだか気になります。


・・・と、愛読するブログ「B級フォトサロン」風に
始めてみました。

写真は数枚、時には1枚。
ごく簡潔かつ趣のある文章がつく。

そういうのが、カッコいいなあと何時も
見ながら思うんですけどね。

やっぱりだらだらiいっぱい書いてしまう・・・。

P1970394.jpg
ISO800 F5  1/200sec -0.3EV

夕焼けの本番は日没後20分くらい。

上空に夕焼けを写すスクリーンとなる雲があって
地平線上には雲があるけど、その上は晴れている。

ちょうど、西の空に「小窓」が開いているような時に
よく焼けるイメージがあります。

P1970467.jpg
ISO800 F5.6 1/60sec -0.3EV

以前に載せた夕焼けの写真をみて、ずいぶん
派手なレタッチだねと言われて、がっくりきました。

まったくいじってなかったんです。
本当にすごい光景でした。

あんまりすごいと現実味が無くなっちゃう
のかもしれませんねえ。

びっくりするようなタイミングの一瞬を捉えた
写真や動画につくコメントで

「これ合成じゃないの?」

そういうの必ずあるでしょ。僕もそういう風に
思ったりします。

もう何度も騙されてるから構えちゃうんだろうね。


よくよく考えれば、デジタルの時代に
ホントかウソかなんて詮索するのは野暮。

写真としての仕上がりが全て。
レタッチ上等!がんがん行こうぜ!

そういうことなのかなあ・・・違うか。

※今回全て撮って出しです。



関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは~
写真の「色」って、ホンモノの色と違っても何の問題もありませんよね。
だって全て自己満足の世界ですもん。
極端な話、カワセミがピンクだって全然問題なしでしょバキッ!!☆/(x_x)
>写真は数枚、時には1枚。ごく簡潔かつ趣のある文章がつく。
う~~~(笑)
だっくは文章じゃなく枚数で勝負(^^;)

No title

Panoramahead様、今晩は。

素敵な色を有難う御座います。

大ちゃんは、作為的な表現を避けるフォトグラファーである。
Kazuはそう信じております。
昔のコピーのようですが、きれいな物は綺麗に、そうではない物は
其れなりにを表現されていて、凄く好感が持てます。
各種ギミックを使用される時も、その効果を検証し、表現上の功罪を
理解しつつ遊び心を持って私達に提供されています。

写真を見る行為は、全人的なものでそれは素晴らしい事ですが、写真
に対してソフト・ハードの両面で程度の差は勿論あれど、正確な知識
を持たない人の評論は、全く無意味だと思います。
観念であれば自分の心の内だけで良いのですから。
レタッチと表現された方は今までどれだけの数、夕景を見てこられたのでしょうか?
お尋ねしたいものです。

Re: No title

だっくさん

今日はすごい一日だったようですね~皆さんの笑顔が眼に浮かぶようです。
羨ましい~。それにしてもカワセミがピンクはまずいでしょう(笑)
だっくさんの文章は面白いですよ。単なる記録じゃないです。状況が
手に取るように分かるし、まとめもオモロい。
僕は、書きながら考えるほうなので、どうもまとまりがなくなるんですよね~。

Re: No title

VAIOKKAZUさん

こんばんは。すごく褒めていただいて有難い!嬉しい!
でも、ちょっとというか、かなり恥ずかしいです。
そんなにたいしたもんじゃないんですよお。
そもそもレタッチってなんぞやって話になると難しいです。
撮って出しだから、無作為ってわけじゃないですもんね。
WBの選択は「作為」なのか「表現」なのか。
PLフィルタはOKで、トーンカーブいじるのは駄目なのか。
考えると難しいです・・・ともかく超絶素晴らしい夕景は
何も考えられず、ただシャッターを切ることしかできない
すごいパワーをもってますね。

No title

Panoramahead様、度々スミマセン。

正しい知識を元に、ピクチャーコントロールのプロファイルを作り、現像パラメーターを構築することを常に意識して、自分なりのロジックを持つ努力を続
けていかなければならないように思います。
それはDSLRに移行してから簡単に撮れるようになったことの裏返しでもあり、全てのワークフローがカメラマン一人で出来ることで生じるカメラマンの責任だと思います。
音楽には譜面があり、楽器には調律があります。ジャンルを問わず厳然たるものです。。音色は色と同じで環境の影響により不安定ですが、譜面と調律の絶対性
が無ければ、再現する事が不可能で、原音に近付くことが出来ません。
フォトグラフも近似値になりますが、音楽における譜面と調律の関係性のように
露出とWBは出来る限り正確に表現しなければなりません。
DSLRが良くなったとはいえ、露出とWBは未完成で貧弱ですし、撮像素子のダイナミックレンジも眼からすれば狭いのは周知の事実です。
それらをハード面で補うならば、露出計・カラーメーターやPLフィルターを用いる事であり、ソフトで補うならトーンカーブ・WB補正その他PC上の補正をする事です。ここで信頼に足りるReferenceが必要ですが。
これらの事を突き詰めないと再現性を高く出来ません。
そうですね、キーワードは再現性です。
そうしないと行き当たりばったり、数打ちゃ当たるのまぐれ写真。真を写す事からどんどんかけ離れて行き、終いにはどうでもいいじゃん、好き勝手になりかねません。アマチュアと言えどもフラッグシップや役満レンズ所有し、より高みを
目指し、プリントした写真を買ってくださる方が居る身として、ここんとこ看過出来ないところです。
もっと丁寧な説明の後に結論を示したかったのですが、眠くなってシマウマ!
乱文お許しください。オヤチュミ!



Re: No title

VAIOKKAZUさん こんばんは。

>全てのワークフローがカメラマン一人で出来ることで生じるカメラマンの責任

>音色は色と同じで環境の影響により不安定ですが、譜面と調律の絶対性
が無ければ、再現する事が不可能で、原音に近付くことが出来ません。

噛むほど味が出るぜ、アニイ。やっぱ只者じゃないです。
繰り返し読みました。分かりやすい文章なんだけど、とても面白く
大切なことが書いてあるわけですから。

眠くなるまで考えて書いていただき感謝です!

こんばんは

>夕焼けの本番は日没後20分くらい。
そうですね~その短い時間が、夢の中に居るように感じられます
夕焼け写真は自分もレタッチは一切いたしません~
カメラの設定をちょこっと弄る程度です~(^ω^)
今日のお写真をお借りして、待ち受けにさせてもらいたいです~
明日は朝のうち、ちょこっと河口へ寄らせてもらう予定です~~

No title

TKNさん

こんにちは。
今日は、爆発とは行きませんでしたが、なかなか楽しめる
良い日でありました。TKNさんの毒ガスもしっかり暴露させて
もらい、いつもの自分に戻った気分です(笑)
次回の鳥撮り日は引越しなので残念ですが伺えません。
またよろしくお願いします。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR