Hawk's Factory製Eマウント用補助ヘリコイド付Mマウントアダプタ

DSC02844RAW_20150514183020da3.jpg
α7Ⅱ LEICA SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH

ライカ用レンズで接写が出来るアダプタが
最近流行ってます。

コンパクトで超高性能。
だけど寄れない。それがライカレンズ・・・。

みなさん手持ちのレンズでマクロ撮影を
してみたいという気持ちはかなりあったようで。

コシナ製のアダプタに注文集中。全然手に入りません。

先日ヨドバシからは「9月頃の入荷予定です」
ってまじすか。9月!?

んで、調べてみると Hawk's Factoryという会社が
ヘリコイドアダプタを出しているらしい。

DSC_0006_20150514201549ebf.jpg

で、気がつくと家に到着してた(爆)

見た感じ=「いかにも中華」
あんまし高級感はないですねえ。

Hawk's Factory製Eマウント用補助ヘリコイド付Mマウントアダプタ(ノブ付)
DSC_0014.jpg

正式名称長すぎ(汗)
商品名が説明になっているという。

で、またヘリコイドがめちゃ渋いのよ。
ロックピンを押しながら回そうとしても絶対回らない。

最初は壊れてんのかと思った。

ピンを押しながら、もう一本の指で横向きの
力をかけるとスルリと回る。かなり慣れを要します。

早速使ってみました。

DSC02707RAW.jpg
α7Ⅱ LEICA SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH
ISO 1000 F2 1/60秒

これが、ノーマルの状態。最短撮影距離70cm。
アダプタのヘリコイドを繰り出すと・・・。

DSC02715RAW.jpg

おお、寄れるぞ。すげえ新鮮です。
今まではトリミングに頼るしかなかったのに。

こうなると、イッキに撮影の幅が広がるなあ。
そんな風に喜んでいたのもつかの間。

DSC02885RAW.jpg
ISO400 F1.4 1/8秒 -0.7EV

開放だと眠い。眠すぎ!

合焦面はバキバキシャープでぼけは溶ける
ように甘い。それがズミルックスのはず。

主題がのんのんずいずいと浮き上がる
愛と官能の大口径レンズが台無しよ。

んじゃ少し絞ってみるかと、それも問題あり。

DSC02883RAW.jpg

このボケの形・・・ズミルックスってちょい絞りの
時にこういう形になるんです。イヤだよこんなの。

これは極端な例だけど、使い方がなかなか
難しいアダプタであります。

DSC02889RAW.jpg
UltraWideHeliar 12mm F5.6

同じ位置から12mmで撮ると、全焦点マクロ
風になります。こっちのほうが面白いかな。

花にくっつきそうになるくらいまで寄っても
こんな具合。

DSC02753RAW.jpg

虫撮りにも使えそうだねえ。
やりませんけど。

なんか諦めきれずに家でズミルックスを
つけて色々試してみる。

通販の会社がくれた誕生日の記念品。
もちろんイミテーションなんだけどなかなかイイ雰囲気。

DSC02813RAW.jpg
SUMMILUX-M f1.4/50mm ASPH 開放

コイツで絞り値をいろいろ変えてみた。

クリックで等倍
名称未設定-1

うーん、いっぱい並べ過ぎてよくわからん(汗)

F2で既にカッチリ来てるようにも見えるね。
あとは、深度のコントロールとボケですか。

過度の期待をしなければなかなか面白い
デバイスだと思います。

ヘリコイドを繰り出さなければ、通常の
アダプタとして使えるわけだし。

DSC02860RAW.jpg

最後に普通に撮ってみた。
うん、別にマクロ出来なくてもいいや。

それが結論かよって。
でもまあそんな気分ですね。









関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは。
写真の世界って奥が深いというか難しいというか・・・
だっくの結論は「自己満足の世界」
誰が何と言おうが、自分が気に入ればOK。
その気に入る点が、機材のブランドでも、性能でも、画質でも、何でもOK。
それに、「どう?コレ」と人に見せて「う~ん、ダメだね」という人は殆どいないしバキッ!!☆/(x_x)
というわけで、「自己」を「満足」させる方法も各種あるけど、手っ取り早いのはオカネ使うことですよね~(^^;)

こんにちは

今日はセンセらしい、探求心溢れる真面目な実験
とても参考になります。
こちらも同じ画像を明るさを変えて、また絞りを変えて
全部で10パターンぐらいは撮ります。
また引いて撮ったり、寄って撮ったりするといったい
何パターン位にになるでしょうか…
そしてそれを後でモニターで見て選ぶのですが~
すごく面倒な作業です~
でも僕らの力では、いわゆる「決め打ち」の1枚撮り
はまだまだ先の話です。
大きな画面でじっくり観ると、ファインダーでは
見えなかったものが見えて来たりしますね~
だっくさんのおっしゃる通り、奥が深いですね写真は

Re: No title

だっくさん

> それに、「どう?コレ」と人に見せて「う~ん、ダメだね」という人は殆どいないしバキッ!!☆/(x_x)

あっはっは!確かにそうです。むしろ言ってくれるヒトは貴重かも。
黙殺というのが、実は一番キツイですよねえ。
特に自信を持ってアップしたネタの時は・・・。
誰かが見つけてくれると、暗闇で光を見たような気持ちになります。

Re: こんにちは

TKNさん

TKNさんは写真のサークルにはいっておられるので、
定期的に作品を選ばなければいけないんですよね。
僕みたいに適当に撮りちらしていてもOKというわけにはいかない。
写真の先生に毎回添削されたりしたら緊張するだろうなあ・・・。
でもどんどん上手にはなれそうですよね。
>すごく面倒な作業です~
とてもわかるお話・・・選択肢が多いのも考え物ですよね。
でもあとて、もう少し絞れば良かったなあなんてのもおおいわけで。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR