フェールセーフなのかお節介なのか

L1840869.jpg
LEICA X Typ 113 
ISO200 F1.7 1/15秒

ライカX Edition Monclerのレビューその3であります。

このカメラには、不思議な機能がついていまして
被写体に近づくと、自動的に絞りが動きます。

具体的には開放値F1.7から最大F2.8まで
被写体の距離に応じて自動的に絞り込まれます。

まずはやってみますか。

L1840827.jpg
ISO400 F1.7 1/60秒

被写体までの距離は1.2mくらい。
1mまで近寄ってみる。

L1840831.jpg
ISO400 F2 1/60秒

F2に絞られました。ちなみに、ダイアルはF1.7に
固定してあるのですが、カメラが勝手に絞る。

さらに60㎝まで近づく。

L1840835.jpg
ISO400 F2.5 1/60秒

40㎝まで近づくと、絞りはF2.8になりました。

L1840843.jpg
ISO400 F2.8 1/60秒

撮影はマニュアルモードで行っているので
絞り込まれた分、暗くなっていきます。

ま、これはこれでいい感じだけどさ・・・。
まとめるとこんな感じ。

徐々に暗くなる

なんでこんな仕様なのか不思議でありますが
実際に撮影していると、なかなか理に適ってます。

例えばコレ。

L1840674.jpg
ISO200 F2.8 1/250秒

至近で人物を撮ってみたんですが、この時も
自動で絞り込まれてF2.8になった。

せっかくのF1.7大口径なのに残念すぎる。
と思ったのですが・・しかし。

L1840674u.jpg
等倍でみると、目は解像してるけど鼻はすでに
ボケ始めている。

APS-CのF2.8だから、フルサイズのF4相当です。
こんなに絞ってもまだこれだけボケる。

逆に考えると、これ以上絞りを開けるとボケ過ぎて
写真として破綻しちゃうかもしれません。

これくらいの絞り値が、「いい塩梅」なわけですな。

L1880093.jpg
ISO200 F2.8 1/160秒

だからと言って「さすがライカ」なんて
ちっとも思いません。勝手に絞るな。

おそらく近接領域では、絞らないと
想定した描写性能が保てないんでしょう。

「AFが合わない」という顧客からのクレームも
深度を深くすることで防げそうですし。

でも、絞りのダイアルをF1.7にしてるのに
勝手にF値が変わるってどう考えても気持ち悪い。

絞りを開けすぎて失敗する「自由」も
ユーザーの裁量範囲として残すべきです。

ところで、このカメラは人間の肌との相性が
良くない。馬鹿正直に過ぎるところがあるんだよね。

L1840098_20150115161704886.jpg
ISO200 F2.8 1/100秒

等倍
L1840098u_20150115161706cad.jpg

業界用語でいうところの皮膚紋理まで
バッチリ写る。写り過ぎだと思う。

幼児の張りのある肌ですら、グロテスクなまでに
細かく描写する。中高年の顔を撮る際はかなり気を遣う。

L1840150_20150115161703506.jpg
ISO1600 F2.5 1/250秒

さらに、高感度の問題もあります。

ライカXの高感度は解像感はあまり落ちませんが
その代わり輝度ノイズが目立ちます。

等倍
L1840150u_201501151237208f3.jpg

もともと肌と相性が悪い上にザラザラ(汗)
これは許容できません。

僕はRAWが大嫌いなので、JPEGでなんとかしたい。
カメラ内の設定をいろいろ変えてみましたがどうもしっくりこない。

諦めて、ライカXに同梱のLightRoomを使って
みたりするわけですが、まあメンドクサイわけです。

名称未設定-1

結局NeatImageのお世話になる羽目に。
なんか久しぶりに使ったなあ、このソフト。

NeatImage併用ならISO1600くらいまで
いけそうですね。肌の具合もやっと健康的になったし。

やれやれ、それにしても今回のブログ作成は
時間がかかりました。

なんか、つかみどころのないカメラと対話するのは
ひどく消耗しますね。もっと気楽に遊べると思ったけどなあ。








関連記事

コメント

No title

センセ、おはようございます。
勝手に絞り込まれたりノイジーだったり・・・
撮影者の意図に従わないカメラって不思議ですねぇ。
でもこの解像感、鳥撮りには良いかも!
って・・・このカメラで鳥撮りするわけないか(^^;)

No title

panoramaheadさん
こんにちは。
機能の特徴としては『ライカの迷走』という点が良くも悪くも指摘されないでもありませんが、レンズ性能はそれなりに高いレベルにあるとも言えますね。

・・・・で、私が気になったのがGT-R
これだけの状態、それもオリジナルに忠実に保たれているのであれば相当に維持管理費に掛けているはずですね。
昭和44年、当時の私の愛車は2000GTで86万円でした。
それがGT-Rになると154万円。
超弩級・超精緻なS20型エンジンが吠える160PSの
咆哮を聴けば思わずお漏らしちゃいそうな異次元の世界でした。
懐かしい写真を有難うございました。
なぁ~んか、このGT-R、欲しくなりましたね。

No title

だっくさん

こんにちは。このカメラで鳥撮りは考えてませんでしたね(笑)
デジスコはいけそうですけど・・・。
初号機はライカ製のフィールドスコープにつけるアタッチメントが
出るなんて噂もありましたね。そういえば。

No title

Biginzaさん

こんにちは。初号機の開発者インタビューでも、繰り返しレンズ性能への
こだわりは言及されていて、相当にハイレベルだと思います!

予備校生の時に第三京浜でこのGT-Rに乗せてもらいました。
すでにその時点で貴重な旧車だったと思いますが、その方が
スピード狂で、ただただ恐ろしかった記憶しか(笑)
この写真はお台場のヒストリーガレージで撮りました。車内にこそ
入れませんが、そとからその美しい姿をじっくり眺めることができます。
もう一度その咆哮を生で聞いてみたいものですね。

おはようございます

昨夜は、遅く帰りブログも手をつけて居ません
スカG懐かしいなあ~青春時代が夢なんて~
今や運転し易い小さめの車を探しているる今日この頃
やはり青春時代は夢だったんですね~
お子様何とも可愛いです~(^▽^)

No title

TKNさん

あとからほのぼの思うもの・・・でもないですね。
時々、布団の中で叫びたくなるような恥ずかしい思い出ばかりです。
現役時代を知らない僕らの世代も、箱スカは特別な車としてリスペクト
されましたね!TKNさんの車さがしは僕も興味あります。
何に乗って登場されるのか楽しみです。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR