平べったくなる三脚

SIRUI S-2204-N 
P1790399.jpg

D810強化計画の一環として三脚を購入しました。
たたむと、平たくなるという面白い構造。

P1790393.jpg

平べったくなるとなんかイイことあるの?
いまひとつ、メリットが良く分からない。

旅行の時は、もっとコンパクトな三脚な方が良いしねえ。
薄いから隙間に突っ込みやすいというのはあるかも(爆)

実はSIRUIの三脚を買うのは初めてでしたけど
梱包もしっかりしてました。

P1790390.jpg

黒に金とか、一応オシャレ(笑)

付属のキャリングケースは、サイズぴったりの
しっかりしたものがついてました。

でもぴったりすぎて、これじゃあ雲台を
付けた状態では閉まらない。

もうちょっとゆるく作って欲しかったなあ。

P1790435.jpg

雲台もSIRUI製にしました。

K-10Xという一番小さく軽い
モデルですがこれでも耐荷重20kg。

380gと軽量なわりに、しっかりとまりますし、
これは良いものですね。

P1790445.jpg

三本の脚が全部違う高さで軸に接する。
なんだか不安定な感じです。

でも使ってみるとそんなことはないですね。
かなりしっかりしてます。

ところで、なんでこの三脚にしたか?
別に平べったくなるのは、どうでもいいのです。

この三脚の前足がグイッと出てる感じがすごく
いいんですよ!カウパー出そうなくらい(爆)

これって、一脚で撮影するときのスタイルに似てる。
一脚と両足で、人間三脚を形成するという。

P1790399.jpg

もういちどじっくり、前足の張り出しぐあいを
見ていただきたい。

しばらくすると、じっとりとカウパーが(以下略)

写真家フィリップハルスマンによる
「三本足のアイゼンシュタット」という奇妙な写真があります。

カメラを構えた写真家アイゼンシュタットから、
三脚のように足が三本張り出しているというもの。

PC050010.jpg

この写真がすごく、気持ち悪くも面白くて
記憶に残るわけです。

とくに、この力強く張り出した前足をSIRUIの
三脚は連想させるわけですねえ。

P1790371.jpg

話は飛びますけど、バッテリーグリップに装着する
電池を購入しました。

ROWA製でAmazonで3980円。

P1790374.jpg

バッテリーホルダーと一体成型で充電は
ホルダーのわきについてるソケットから行います。

ホルダーとバッテリ本体は分離不可能。
ほかのカメラには流用できません。バッテリグリップ専用です。

P1790359.jpg

それでも、純正のD4バッテリと充電器は
両方買うと54000円超!

ROWAなら充電器こみ3980円だもの。
びっくりだよなあ。

使ってみたところ、問題なく動作しました。
これでガリガリ連写するです・・・。




関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは~
バッテリーはともかくとして、SIRUIの三脚は本当に良く出来ていますよね。造りがしっかりしています。とても、中華品とは思えません。きっと、ドイツの三脚メーカー辺りから技術導入されているんじゃないかと思いますよ。
雲台の出来もかなり良さそうですね。

No title

だっくさん

中華製品には辛口のだっくさんが「SIRUIはしっかりしてますよ」
と言ってたのが印象に残ってました。雲台は、やはり用品好きの同僚が
小さいけど、きちんとした製品でおすすめだよと言ってくれたのです。
実際に使ってみると、なるほどよくできてます。しかも安いんですよね。
いい買い物でした!

こんばんは

知る人ぞ知るシルイの三脚~変わっていますね
平べったくなるのは、収納し易いため?
途中のアイゼンシュタット氏の3本足には爆笑しました~以下自粛
明日はどうぞよろしくです。

No title

TKNさん

明日こそはハッピーマンデー!!と行きたいところですが
きっとそうならないのでしょうねえ。
まあ朝から撮れるだけでも感謝しなくてはいけませんね。
さあいよいよです!
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR