4Kフォトモードで、カワセミ祭り!

P1700443.jpg
FZ1000 TSN-884+TSN-VA2B
1400mm相当

さて、FZ1000の4Kフォトモード実践編です。

今日は、スロー動画は諦めて、切り出し用の
撮影に徹しました。

アスペクト比は3:2。

動画として楽しむには16:9がいいわけですが、
とにかく今日は静止画の素材として割り切りました。

至近の枝に来たカワセミ。

P1700489_20141020215325713.jpg
ISO200 F5.6 1/160秒

画面中央切り出し クリックで1600x1066
P1700489u.jpg

高倍率ズーム機のデジスコ画像としては
まずまずですかね?

この日は、ホバリングを沢山見ることが
出来ました。

これが一番近かったかな・・・。

P1700470.jpg
ISO200 F5.6 1/500秒

P1700454.jpg

P1700455.jpg

良く写ってますけど、等倍でみると、やや甘い。
ピントが微妙にズレているのか、ブレているのか・・。

師匠に、あんまし良くないですよねえ?と聞くと
「いや、十分でしょ。これだけ写れば」と言われてしまいました。

多くを求めすぎかなあ・・・でも、止まり物の精細感と
較べると、なんか物足りない。

横っ飛びを並べてみます。

P1700548.jpg
P1700549.jpg
P1700550.jpg
P1700551.jpg

これらは、まずまず良い写りですよね。
一方、水絡みはダメダメ。

P1700526.jpg
ISO200 F5.6 1/1600秒

まともな写りはこれくらい。
あとはボケボケ、ブレブレ。

AFが使えないからしょうがないですけど。

一方飛び出しは得意。
30コマ/秒無限連写の威力ですな。

P1700533.jpg
ISO200 F5.6 1/800秒

P1700522.jpg
ISO200 F5.6 1/1000秒

使ってみて、動画切り出しモードとデジスコは
とても相性がいいですね。

デジスコの泣き所である、連写力は強力無比。
連写数の上限もありません。

止まり物に関しては、カメラから完全に手を
放すことが出来ます。

録画を開始すれば、後はパーン棒とピントリングの
操作に集中できます。

P1700465.jpg

動き物については、電子シャッターゆえの難しさが
あります。

動体歪みも出ますし、微妙なブレでも画質が低下
しやすいです。

動画の特性として、

「絵柄の変化が少ないほど高画質になる」

というものがあります。止まり物は信じられないような
解像感がでますが、飛翔物をカリッと撮るのは
なかなか難物ですね。

ともあれ、4Kフォトとデジスコは暫く僕のメイン
機材になりそうです。これは、本当にイイですね!




関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは
これほど撮れていて何が不満なのでしょう。
これ以上望むのであれば、レンズもカメラも自作するしかありませんよ~(^^;)
Web画像を見る限り、デジスコで撮ったと言わずに大砲で撮ったと言っても、疑われないレベルだと思います。

それにしても、天候にも翡翠の出にも恵まれた月曜日でしたね。

Re: No title

だっくさん

> これほど撮れていて何が不満なのでしょう。

はい、全くその通り・・・いままで撮ってきた画像を考えれば、FZ1000の4Kフォトは
本当に優秀です。ただ、止まり物があんまりにも良く写るので、つい欲が出ました。

> それにしても、天候にも翡翠の出にも恵まれた月曜日でしたね。

3番子が出るまでは、ブルーブルーマンデーでありましたが、本当に一変しましたね。
あんなこともおこるんですね。次の爆発は1年後だったりして(汗)

おばんです(おじん)

先日はお世話になりました~
久々の賑わいでしたね~ボクは色々撮逃がしたものの
満足でしたよ~センセイも満足されたご様子~良かったです~
次の爆発は~今年中にはムリですね~(^ω^)
でもだっくさんのガスで癒されましょう~えっ、ボクのGAS?

No title

TKNさん

皆さんが、ホクホク顔で帰る中、全く撮れずに呆然とした日が
何度あったことでしょう・・・。それもこれも内なるブログの
ご主人様が新機材のテストをお命じになり、その任務を果たさなければ
いけなかったからです。今回は、十分にテストをこなした機材でしたので
助かりましたが、こういう僥倖はなかなか続かないでしょうねえ・・。
それでもまた来週うかがいます。よろしくお願いします。

非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR