ライカM9 ホテルミラコスタ編

lobby.jpg
LEICA M9 NOKTON 40mm F1.4 ISO200 F2 1/60


家族のリクエストによりまたも夏休みはディズニーとなりました。
いつでもいける距離なのに、何故わざわざ夏休みに…というような
ことを言ってもはじまらないわけで…。

奴らが寝静まってからが親父の時間です。今回はレンズ5本を持ち込みました(馬鹿…)
それでも、ショルダーバッグは軽い。いかにレンジファインダーのレンズが
小さくて軽いかを実感します。

買ったばかりのカメラだから色々思うところがありますが
とにかくピントです。ピントを合わせるのが難しいです。

M3のファインダを見慣れた目には、M9のそれはとても小さく見えます。
視力には問題ないはずですが、それでも合わせにくい。

仕方なしに、ファインダに接続する拡大鏡(マグニファイアというらしい)を
取り付けました。ライカ純正は4万円…まじすか。店員さんにサードパーティ製をすすめられ
そいつを18500円で購入。これでも高いよなあ…。

mag.jpg
つけてみたけど、あんまり変わらないような(爆)ないよりはいいけど、という感じです。

body.jpg
まあ、それにしても難しいこと!僕のしょぼいMFだとAF一眼だったら
撮れてたかも…みたいなシーンにたびたび出くわします。

昔、師匠が

「ライカでじゃないと撮れない写真ってのは無いんじゃないかな」
と話してましたが、僕の場合はライカだと撮れない事が沢山あることがわかりました。

fazard.jpg
さっと構えて撮るのは難しいですねえ…相当ノ鍛錬ヲ要ス、という感じ。
青空が怖いくらい濃いです。このカメラの特徴みたい。

park.jpg

動き物は難しい。それでも、せっかく買ったんだし…と果敢に流し撮りに挑戦するも流れず(汗)

jet1.jpg
LEICA M9 TELE-ELMARIT 90mmF2.8 ISO80 F16 1/30秒 

夜のショーを撮ったりしていても、本当にピントがあっているのか不安になります…。

show.jpg

でも、AF一眼に比べれば、「間違いなくオレが撮りました感」はとても高い。
手振れもピンボケもがっかりはしません。まあこんなもんだろうなあ、という。

shadow.jpg

フルサイズの被写界深度の浅さに改めて驚かされます。
けれど精密なピント合わせはとても難しいという完全に独自の世界です。

しばらく練習あるのみ…。







関連記事

コメント

楽しんでいる様子

>相当ノ鍛錬ヲ要ス、という感じ。
青空が怖いくらい濃いです。このカメラの特徴みたい。

難しい操作と純正のOLDレンズの活性化
新たな楽しみに突入したご様子がびんびん伝わってきます。それにしても宝石のようなカメラなんですね。
下の息子さんの成長の早さに
驚かされます。

No title

NightRiderさん
なんか全ての物欲を無力化されるくらい強烈です。
こんな世界があるかという。カメラとしてはまだまだ
未完成な感じもしますけど。(プレビューが激遅だったり)
古いレンズ、しかもなるべく安いやつで楽しもうと思います。
外見は多少汚くても、写ればOK!最新のライカレンズは高すぎです…。

No title

センセ、こんにちは
マグニファイヤーが4万円、高くなんかありませんよ。
だってM9本体が70万円以上なんだもん。
このカメラはね、センセのように「カネには糸目をつけん!」という方専用なんですから~。
そうそう、ファームアップしてましたよ。

No title

だっくさん
いやいや思いっきり糸目つけたいです。
こういうものには全く魅力を感じない性質です。
だからフードとかがン万円で得られているのを
みても「なんじゃこりゃ?」という調子で。
Deepな愛好家はそういうものにもこだわるみたい
ですけどね。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR