ああ美麗水玉への道 試行錯誤編

さていよいよ始めますか。最初は主に馬鹿企画のブログの再録。
2007年6月の記事です。

キレイな水玉を撮るべく試行錯誤です。
今回はEOS20Dを使用。撮り始めて気付きましたがこのカメラ
最高1/8000秒のシャッターが切れるんですね。すげえ・・・もう何年
も使っていますけど知らなかったなあ。

3.jpg
4.jpg

次に風船を破る方法。針が写るのはかっこ悪いし手を伸ばすのが大変なので
エアガンを使用してみました。使ったのは3000円弱の安価なタイプ。
単に風船割りに使うだけなので安いのがいいや、ということで決定。

で早速撮影を開始したんですが、まずエアガンが駄目でした。全部跳ね返されて
しまうんです。しかも、超高率に自分の顔に跳ね返ってくる。危ないです。
たまに貫通しても、穴が開くだけで破裂しないで、小便小僧よろしく
シャーと水をカメラに吹きかけてきます。あわわ・・。
ガスか電動のエアガンなら結果が違うのかもしれませんが、
そこまで投資するのもねえ。

ただ、怪我の功名といいますか、エアガンの衝撃で風船内部に起こる波紋が
撮影できたのは収穫でしたね。

2.jpg


エアガンをあきらめて、針で突く方法に変えましたが、これもなかなか
難しい。単に風船に穴が開いて終わりとか、おかしな裂け方をしたり。
風船自体の出来ばえにムラがあるみたいで、球にならずにボトル型になったり。
まあ、それはそれで面白いんですけど。

1_20100315233708.jpg
6.jpg
5.jpg


で、今回の結論は
1.5コマ/秒連写でも大丈夫。(徐々に崩れる様子は観察できないけど)
2.針を突く箇所は、下側が良さそう。
3.破裂直後は水玉表面にしぶきが毛羽立って、キレイにみえない。
  少しタイミングが遅れたくらいがいい。
関連記事

コメント

No title

panoramaheadさん
お久しぶりです。
ずっとブログの再開を楽しみにしてたんですが、
発見するのが遅くなってしまいました(^^;
この風船割りの実験、以前のブログで拝見しましたが、
ハイスピード撮影の王道ですね。絶対に肉眼では
わからない世界が見られるのは、本当に面白いです。
今後とも色々な実験、楽しみにしておりますので
頑張ってください。とはいっても、無理は禁物ですよ~(^^)/

No title

>針を突く箇所は、下側が良さそう。
そう言われてみれば、テレビ番組などで見る風船割りは下の方をつついてますね
水の重さに関係しているのでしょうか
とても興味深いです

P.S.日曜日に39度6分の熱が出てしまいました
今日は熱は下がりましたが、まだフラフラする状態です(泣)

No title

起承転結
まとめが次にお試しする人に
とっても参考になります。

どれくらいの人が実行するのか
興味有りますが どうでもいいことですね。

No title

ちょしさん
どうもお久しぶりです。
これは2007年のブログ再録です。
みてみてブログが閉鎖になってしまい
過去ログが見れない状態なので、ここに
載せなおしていくつもりです。
今後ともよろしくお願いいたします。

No title

影名さん
おお39度6分。それはかなりきつそうですね。
いったん下がっても油断せずに・・・。
どうかご自愛ください。39度を超えると
寒くて寒くてつい風呂に入ったりします。
やっちゃいけないのはわかっているのですが・・・。

No title

NightRiderさん
今後も過去ログ再録が続きます。
NRさんはやさしいので律儀にレスくださる
と思いますが、どうぞスルーしてください・・・。
過去ログ再録に加えて目次のリンク付け替えも
あるんですよねー。現実の引越しより大変かも。

No title

センセに逢った その日から
撮りの奴隷に なりました
GITZOの足に絡みつく 土鳩のように
だからいつも そばのおいてね
邪魔はするかも
悪い時は どうぞぶってね
センセ好みの センセ好みの 男になりたい

出張先で頭部を負傷、3針縫ってその後2日間
仕事続行。今、 お家で養生してます。
寝てたら、センセの夢見ました。
二人でオオワシ撮ってました、近所で!

No title

VAIOKAZUさん
うーむ凄い力作ですが、知らない人がみたら
誤解しますよこれ(汗)
本当に随分ご無沙汰してますね。でも師匠が
拡張工事してくれたおかげで、随分撮りやすい
環境になっているみたいです。4月からは
本格参戦できそうです。ぜひ子育ての瞬間を
目撃しましょう。それにしても縫合を要する怪我
とは・・・ゆっくり休養してください。忙しすぎる
のかもしれませんね。
非公開コメント

トラックバック

『そうだ! 水玉を撮ろう!』 変なアートアニメ化か!

  天気が良いけど 出かける時間が無い しかしカメラで遊び隊 『そうだ! 水玉を撮ろう!』 NRの師匠の熱意を受けて 直伝の技を使って水風船の破裂の瞬間を撮影 やってみるととても奥が深く面白い あっという間に規定の...

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR