進化し続けるPhantom

名称未設定-1

愛用しているラジコンがモデルチェンジ。
こんどは「2」になりました。

発売以来、次々小改良を重ねてます。

ジンバルが搭載できるようになったり
本体のモジュールが小型化されたり。

ようやるよ・・・と思うくらい短期間に
パワーアップしてきました。

名称未設定-2

今回のモデルチェンジで飛行時間は25分に。
旧型の5倍ですよ!スゲエ。

バッテリがビルトインタイプになって、
交換もラクチンに。

もう、かじかむ手でコネクタつないで
コードを押し込んだりしなくてもいいんですか。うひー。

名称未設定-3

さらにスマホをディスプレイがわりにして、
ライブビューを見ながら飛行できます。

でも、これ5.8GHz帯の電波使用・・。
この時点で日本での使用は違法になりますな。

しかし、こう短期間でのアップデートが続くと

「最初からそうしてくれ」

そういう気分になりますね・・そのうち
もっと色々良くなりそうです。

しばらく様子見ですな。

ライブビューを見ながらアングルを調整できたら
動画の撮影もラクになりますねえ。

今までは、地図を片手に、方向と仰角を想像しながら
撮影してましたから。

撮れた動画を自宅でチェック。
また出かけて撮影。

2回、3回とリトライが当たり前。
根気が要ります。

現在のバッテリでは、最長でも4-5分の飛行です。
新型は25分飛行でしょう?

これにライブビューがつけば1回のフライトで
欲しい絵は必ず撮れます。

こうなると、是が非でもライブビューを
実現したい!

でも、日本では動画送信の許される周波数が
ラジコンのコントロール用とモロ被り。

ここが一番の問題です。

海外製の送信機なら被らないんで
まあやってみるか、なんてのはマズイ。

コッソリやってるつもりでも、摘発される例
あるみたいですよ(汗)

ライブビュー見ながら飛べればこんな
撮影はラクラク出来るはず。



なんか小鳥がビックリして飛んでいるのを
機体が追いかける格好になってますな(汗)

飛ばしているときは、全く分かりませんでした。

遠くまで飛ばすと機体の向きが分からなく
なったりします。

手元に向かって飛ばしてるつもりなのに
どんどん機体が離れていくのは、かなりの恐怖です。

自分の手の届かないところで、操縦不能になったら。
そう思うと、恐ろしいですね。

やっぱし見ながら飛びたいなあ・・・。

関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは~
この手のR/Cヘリ、今もの凄く進化していますね~。
ソチオリンピックの撮影でもかなり使われていますし。
これはもう、R/Cヘリというより、撮影機材つまり雲台の一種と捉えた方がいいのかも?(^^;)
それにしても、フルパワーで前進、機体が前屈みになっているのにカメラは見事に安定していますね~。

No title

だっくさん

こんばんは。
これ、2軸ジンバルなので左右の動きに敏感なのですが
3軸になると、本当にぶら下がっているだけのブレ無し動画に
なりますね。機体は上下左右に激しく動いているのにカメラは
微動だにしないという。前にだっくさんはそれじゃあ臨場感が無いと
おっしゃってましたが。
ソチの空撮カメラ、状況によりちゃんと追いきれてなくて、隔靴掻痒の
感があります~。

こんばんは

R/Cヘリ…ソチでも使われて居るみたいですね~
このレベルになると大人のおもちゃではなく~
スパイ活動機材と言っても良いのではないでしょうか~
ボクも本当は欲しくてたまらないのですが…
「確保」されるのがコワくて~(。×)☆\バッキ~~ン!!!!

No title

TKNさん

こんにちは。あんまり高く飛ばすと法律にひっかかって
しまい、「確保」されかねません(汗)
しらずに500mまで打ち上げている方もいるようですが・・・。
それはそうと、ソチHP会場でのカメラワークがあまりにもひどいと
一部で話題になってますね!
あれは、ワイヤで天吊りした、リモートカメラだと思うんですが・・・。
Phantomでアレをとっているのなら逆に神業だと思います~。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR