VF-2はそのままライカMに使える

img24280.jpg

ライカMからEVFが装着可能になりました。
中身はオリンパス製VF-2らしい。

試しに手持ちのVF-2をつけてみると
「こいつ、動くぞ・・・」

DSC_2772.jpg

DSC_2774.jpg

いやまあ、驚きました。
これを買ったのは、かなり前なんだけど。

ファームウエアを当てるわけでもなく
オリンパのEVFをライカに差し込むと動く不思議さ。

しかもファインダの下にある切り替えボタンも
完全に動作します。

つまり、まるっきり中身は同じ。

それだけじゃなく、出力もオリンパス製EVFに
合わせた形で出ているってことだね。

ちなみに価格はオリンパスが2万、ライカが5万。
まあいつものことですな。

じゃあ本当に違うのはロゴだけなのか?
実はちょっとだけ違うの。

名称未設定-1

ライカは、円筒を切り落としたような
形になってます。

なんで、わざわざこんな小変更をしているのか?

これは、間違いなくヴィゾフレックスに対する
オマージュなんだろうと思います。

L1200060_201310041816015bc.jpg

M型ライカを一眼レフのように変身させる
VISOFLEX。

レンジファインダーの泣き所、マクロや望遠に
対応できるデバイスです。

その形は良く見ると、たしかに似ている。

このへん、ライカは本当に上手い。

EVF単体だと印象は良くないです。
いかにもプラスチックという佇まい。

精緻な造りのライツ製外付けファインダーに
比ぶべくもない仕上がりです。

こんなのヤダ・・・と思うひとに
「これってビゾに似てない?」

そういうだけでかなり印象が違ってくるわけ・・・。

L1003157.jpg
LEICA M Kern-Macro-Switar 50/1.8


掲示板で「OLYMPUS」のロゴを消して使って
いるという投稿をみました。

うーん。分からないでもないけどねえ。

僕はオリンパスをリスペクトしているので
それはちょっと出来ないよ・・・。

L1002891.jpg
Kern-Macro-Switar 50/1.8

ライカMにマクロスヰター。
こういう撮影ではEVFはとても重宝します。

ライカにEVFなんて・・・と思うことも
ありますけど、便利なのよね。

正確に撮影範囲を表示して精細な画像で
ピントの深度を教えてくれるのです。

気がつくとレンジファインダーは使わず
ライブビューばかりになって・・・。

進化と言うものは常に残酷で寂しいと
言う言葉を思い出しました。


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR