ことばオンラインがオモシロイ

00060033.jpg
LeicaⅢf SuperWideHeliar15mmF5.6


日本経済新聞のサイトに「ことばオンライン」
というのがありましてこれがとても面白いのです。

2輪車なのになぜ「単車」なのか
インフルエンザは「かかる」のに風邪はなぜ「ひく」

そういう疑問に明快に答えてくれます。
その中でも

「大統領」の語源は大工の棟梁

これは、読み応えありますよ~。
濃い記事が無料で読めるヨロコビ。日経ありがとう。

福沢諭吉はプレジデント=監督と訳しているなんて
知りませんでした。

もしかしたら、オバマ監督になってたかもしれませんよ?
まあ、江戸末期の「監督」はもっと重い響きだったのでしょうけど。

00020027.jpg

ところで、言葉の使い方について
気になったことがありまして。

「そんなの全然大丈夫だよ!」

取り越し苦労をしているヒトに、僕はよく
こんな風に声をかけていました。

しかし、複数の方から、それは間違いだよと
指摘されまして。

それ以来、使わないように気をつけているのですが・・・。

このことについても、ことばオンラインで取り上げています。

記事によると全然は必ず否定で、というのは
間違い。それは迷信であると断言してます。

凄くわかりにくいね。要するに
「全然大丈夫」もOKだし、「全然ダメ」もOKだと。

00020024.jpg

驚いたことに、「全然」は必ず否定形で、
という考え方は、最近のことなんですね。

試しに昭和一桁の父に聞くと、否定文で
しか使わないという感覚だそうです。やっぱり。

肯定分で使うときは「断然」にしていると。

やや得意げに「英語でいえばnot at allだもんな」
そんな風に言っておりました。

ちなみに、英文学者・福原麟太郎が
全然をnot at allと訳したのが、迷信のはじまり。

そういう記事もことばオンラインに載ってました・・・。

00020014_20130403113026.jpg

これで、安心して「全然大丈夫」を使える。
そうはならない気がします。

使い方を注意された時に、上手く説明する自信ないです。

「肯定でも使うって日経に書いてありました」

これは地雷だな。ダメでしょ。
もっと怒られそうだ。

「芥川や漱石は肯定で使ってます」
「戦後のある時期から、そういう風潮が出てきまして」

なんてことをゴニョゴニョ説明しても
間違いなく響かないだろうなあ。







関連記事

コメント

No title

panoramaheadさん
こんにちは。
not at all はどういたしまして・・・とも訳されますし
どういたしましては you're welcome になりますね。英語でさえこれですから日本語ではさもありなん。  世界一難しい日本語を私達は自在に操るのですから自信を持っていいはずですよね。
但し、近年ではそんな日本語の乱れが気になるのも事実です。
身近な例では「見れる」 「食べれる」 「半端ない」
などなど、どうみても?な日本語が氾濫しています。
とりたてて難しく考える必要はないのですが正しい日本語を正しく使いたいものです。

No title

センセ、こんばんは~
え?言葉の使い方?
そんなの、全然OKです~!
なんて言っちゃって宜しかったでしょうか~バキッ!!☆/(x_x)
だっくの世代では、「全然」はやはり非定型で用います。
全然OKなんて言う人の気が知れません(笑)
とくに最近の若い人の言葉遣いには呆れます。
おいおい、学校で何習ったんだぁ?
あ・・・学校じゃちゃんと教えてるんですよね。彼らの父母が家庭でメチャクチャな日本語を使っているから、そうなってしまうのでしょう。
PS 最近ではNHKですら妙な言葉遣いをするようになりましたよね・・・文化は常に作り続けられる・・・のでしょうかねぇ・・・

No title

美銀座美人さん

美銀座さんはよく長文をお書きになりますよね。
しかし単に長いのではなく流れがきちんとして分かりやすいのです。
言葉遣いに細心の注意を払っておられるのがみていて
良く伝わってきます。ちょっとした言葉の使い方で、それに
続く文章との整合性がとれなくなったりします。
もしかすると僕の無神経な書き込みでイライラさせているのではないかと(汗)
しかし慎重になると何もかけなくなってしまいますし、難しいところです。


No title

だっくさん

宜しかったでしょうか?も良く聞きますよね。
最初聞いたときはちょっと驚きました。
どこの方言だろうと。
いまはかなり定着してますよねえ。言いやすいんだろうなあ。
使っている人も悪気は無いと思いますけどね。
いちいち反応してたら、キリがないのでスルーしてます。
でも、美しい日本語を話したり書いたりしている方をみると
憧れますね。滲み出る教養といいますか。

No title

「宜しかったでしょうか?」も「全然OK」も何の違和感もなく使ってます^^;
ホントに言葉・・・というか日本語は難しい様で・・。
とある外人さんが日本に住んで間もない頃は「今、手が離せない」を「今、手が話せない」と勘違いして相当困惑したとか・・・これは多分ギャグなんでしょうけどw
常々言葉の語源とか不意に気になったりすることも多かったのでご紹介のサイトは有難く使わせていただきます^^

No title

tetsuさん

全然大丈夫派閥の仲間発見(笑)こころ強い!
僕は~でしたは北海道弁だと思ってたんです。
どっかできいたことのあるような。これはどこがオリジナルの
言葉なんだろう。
他にも、いろいろありますよね。見ているヒトを不快にさせないように
うまいこと使い分けられればいいかなあ。
仲間内ではスラングだらけの汚らしい言葉を使うと、一体感が
あるのも事実なわけで。ネットはパブリックスペースですからなあ。

No title

Panoramahead様、こんばんは。

乱語、乱文コメお許しくださいませ。
以後、慎みますので・・・ウチョ!

No title

VAIOKAZUさん

それがKAZUさんの芸風だと思ってますので、むしろそのままで
いてください。乱暴者の服の中には、品のいい良識人が
いることをわかってますから。
ところでD7100は買うんですか?7Dの後継もスゴイらしいとの
ことですが。D300のあとってもうでないんかしら。


No title

Panoramahead様、おはよう御座います。

今日は夜が長いので少しゆっくりです。
80-400にD7100で超軽量の鳥撮りセット。買いますけど
撮影はお気軽に!と言う訳には行かない2400万画素。
低ISOで光をたっぷり回し、ピントとブレに注意を払いながら
のシビアな撮影を心がけないとグダグダ画像量産の高画素機。
ディスプレイの高精細化。
今以上にピクセル等倍バチピンを求めますから、これからは。
動き物、飛び物は大変だ~。
D800E・7Dヨンニッパ使っての感想とD7100のサンプルからの
意見でした。


No title

VAIOKAZUさん

分かりやすい解説ありがとうございます。
超高画素機ならではの特性。
じっくり取り組むタイプのカメラなんですね。うーむ。
いわゆるD300Sの後継ではないと。
そういえばアニイは7dも持ってたんですね。色々持ってるなあ。
やはりそういう方の意見は含蓄に富んでます。

No title

面白いですね!
言霊って行くくらいだから、言葉に込められた意味って色々あるのでしょうね。
最近はカタカナ英語のオンパレードで、翻訳の妙っていうのはなくなっちゃいましたね(^^;)

No title

Monopodさん

おはようございます。
ログに出てくる本のなかで、「イベント」にどんな訳を
つけるかという話が出てくるんですが。確かに説明しずらい。
しかも、まだその頃は、今ほど「イベント」が人口に膾炙していた
時代ではないんです。
植草甚一さんはそのまま「イベント」としたという。うーむ。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR