ヤキ入れましょうか? ズマールに悶絶するはなし

00010006.jpg
GR28mmF2.8 LEICA Ⅲf

フイルムカメラ修行を続けています。
難しいです。しみじみ。

あんまりにも出来が悪いので、
道具に問題があるのかなんて。

(良くある勘違いです・・・)

美銀座先生おっしゃるところの
「バルナックライカの定石」

DSC_2486.jpg

ライカⅢfです。セルフタイマー付き。
シリアルをみると1954年生まれですな。

DSC_2491.jpg

たしか師匠も同い年だった気がします・・・。

お店に置いてあるⅢfで一番安いものを買いました。
でも、ファインダもきれいで快調そのものです。

デジタルライカで使って、なかなか印象が良かった
ズマール50mmF2とのコンビ。

DSC_2494.jpg

ズマールは、独特の写りで有名です。
オールドレンズらしく、軟調だと聞いていましたが・・・

00080001.jpg

昭和だよ(笑)
デジタルライカの結果と全然違うんです。

デジカメの癖で、いつもアンダー気味に
撮るんですけど、結果みんなこうなっちゃう。

レタッチで直せますけど、それもちょっと違うだろ、という。
しっかり、露光しないとダメみたい。ヤキを入れないと。

00060011.jpg

暗いところでばかり撮っているので、絞りは開放付近ばかり。
軟調なんてもんじゃないですね。もわもわです。

00030025.jpg

これはバルブで3秒くらい露光。
やっぱり昭和になった(笑)

00010033.jpg

レタッチして、黒を締めるとずいぶん
見栄えがイイです。でもそれはズマールの絵じゃない。

00010037.jpg

00010010.jpg

強烈なモワモワと、正面から取り組まねば・・・。
ひとり、そんな思い込みに鼻息を荒くしてます。

名称未設定-1

ちょっと気に入ったので白枠をつけてみました。

それにしても、フィルム10本弱をDVDに焼いてもらったら
1万円以上取られた!

これじゃあ、気軽に出せないなあ・・・。




関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは~
レトロだな~昭和だな~\(^o^)/
はい、だっくと同い年ですね。
だっくのライカⅢfはタイマー無しです。

DVDに焼いてもらって1万円?
センセ、このカメラはね、自分で現像しなくっちゃ(^^;)

No title

だっくさん

おおやっぱり同い年でしたか!

>自分で現像しなくっちゃ(^^;)

もうあのすっぱい臭いと、赤電球の世界に戻りたく
ないです。考えてみると、自分で焼いて、それを
スキャンしてって相当な手間ですね。ある程度の
値段もやむなし・・・かな。いやでもやっぱし高い。

No title

panoramaheadさん
ほら、レンズの中に密封された製造当時のドイツウエッツラーの空気が、ちゃんと写っていますよ。
この空気はデジタルでは写りません。
もし、私が仮に昭和のリアルタイムにズマール付けたⅢfを持っているとしたら三池炭鉱や足尾銅山や軍艦島や豊洲や佃島などなど撮り歩いたでしょうね。
Ⅲfに最も相応しい被写体・・・ポートレイトもそうなんですが、やはりいまだに昭和が香る時代から取り残された町の一角でしょうね。
私は是非 [佃島] をお薦めします。
春の1日、日比谷線の築地から勝鬨橋を渡って月島を歩き佃島へ至る、なかなかのライカルートですよ。

No title

美銀座美人さん


ありがとうございます。さっそく佃島行ってまいります!
でも、フィルム20本消費しないと現像しないので
ご報告は、うんと後になりそうです。とほほ。
ズマールの筐体には、戦前の空気が封入されているわけですね。
わくわくしてくるなあ・・・。

No title

初めてお邪魔します。
私はこの2枚目の写真、お気に入りです。昭和だよ(笑)。
これって逆に今の時代撮るの難しいのではないでしょうか?この写真が2013年撮影というのがなによりすばらしいです。あのいい時代が目の前に甦ってくるようです。
ズマール、惚れ直しました。
目の保養になりました。ありがとうございます。

No title

フジワラカオルさん

こんばんは。コメントありがとうございます。
デジタルとフイルムの写りがあまりに違うので、最初は
戸惑いました。デジタルライカだと、たいていのレンズが
クリアに写るんであんまり旧さを感じられないのです。
逆にフイルムで写すと本当に難しく感じますね。
修行と思って、今でも折をみてネオパンで撮ってますけど
仕上がりをみては絶望しております(汗)
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR