個人的には神機である マンフロットのフォト-ムービー雲台 レビュー

軽量な雲台をさがす旅。
いつまでたっても終わらない。

しかし、暫くはこれでいいんじゃねえか?
と思えるスグレモノに出会ったのだ。

055マグネシウムフォト-ムービー雲台Q5付き」(MH055M8-Q5)
P1130397.jpg

この雲台には2つのモードがある。
「MOVIE」と「PHOTO」で異なる動きをする。

「MOVIE」では上下左右だけ動く。
気取っていえばパン&ティルトのみということになる。

フツーのビデオ雲台の動きだね。

「Photo」では、タテ位置がとれるように
ヘッド部分が傾けられる。ナナメに固定も可能。

002111.jpg

外観からは、ヘッドが自由にくるくる動きそう。
実際は直線的にしか動かない。

そのおかげで、安定した動作が得られる・・・。

カウンターバランスは片側にしか効かない
簡易タイプだけど、特に不便は感じない。

耐荷重は7kgと立派な数字。しかし、2.5kg程度の
荷重で、レベリングベースとの接合部にわずかなガタが発生した。

複雑な構造ゆえの現象だろうか。ちょっと残念。

P1130394.jpg

雲台単体では水平出しが出来無い。
必ずレベリングベースが必要になる。

美点は、ロックの調節幅が広いこと。

パンとティルトにフリクションを個別調節可能。
ロックダイアルもそれぞれに設定されている。

何を書いてるんだか分からないヒトも多いと思う。
すいませんなあ。

要するに、カチッと固定するダイアルと
ヌルヌルとした動きを調節するダイアルが別になってるわけ。

で、上下と左右それぞれに担当のツマミがついてるから
全部で4個。モード変更とカウンターバランスのツマミもある。

ツマミだらけなのよねえ。この雲台。

ところで、動画でタテ位置にすること無いから
「Photo」モードの意味なくね?

P1130402.jpg

ところが、そうじゃないのよ。おいらの場合は。

P1130418.jpg

車載カメラの固定には、PHOTOモードが大活躍。
固定具は、「Skier」というメーカーの吸盤ダブルポッド。

P1130407.jpg

国内ではプロ機材ドットコムが代理店。
39800円なり。


吸盤式の固定具には苦い思い出がある。

ラリーの振動にも耐えると言われて購入した
某製品が、ちゃんと吸着しなかったのだ。

何度やってもポロリとおちるので
販売店に見てもらったら、「これは壊れてます」

交換品も微妙にユルい。大丈夫かなあ?と。

富士スピードウエイ走行会で使ったところ
1コーナーで外れてカメラごとバラバラになった(涙)

武士の情けで、特にメーカー名は秘すが
Hamaという会社の商品である(爆)

Skierはどうかというと、今のところ全く問題ない。

耐荷重80kg(!)とのことだが、両手でぐいぐい
力をかけてもびくともしない。これはすごい。

P1130405.jpg

車外に取り付けても問題なさそうだ。
しかしそんな勇気はない。

大枚はたいて購入した業務用カムがふとみると、
取り付け場所に無かった・・・なんて想像したくもない。

サンプルとして、アキバからアクアライン出口まで走行した
車載映像を紹介する。



ISO6400 SS1/60秒の映像である。
画質はyou tubeなのでボソボソ。元は鮮明である。

並みのビデオカメラだと真っ暗になってしまうが
そこは業務用。ちゃんと写る。さす業。

雲台の話にもどる。

ところで、この雲台は左側にパーン棒がついている。
右利きの僕には大変に使い難い。

仕方なく、180度回転させて逆向きで使っている。
しかしプレートの挿入も逆方向になってしまう。

困ったものだ。でも、ブツブツいいながらも毎日使っている。
それくらい魅力ある商品である。

左効きのヒトにはマストバイの逸品となるだろう。









コメント

Gratitude

懇切丁寧なレビュー、誠に有難う御座いますm(_ _)m
Kazu point100です。
カイエンターボのタイムプラスで酔ってしまいました(T_T)
湾岸に入ると狼になるのね!安全運転でお願いしますよ!

ちょっくらクリニックで甘えてきます(-o-)

No title

VAIOKAZUさん

>湾岸に入ると狼になるのね!
アハハ!最初はノンビリ流してたんですけどね。
その時は全く気づきませんでしたが、確かに急に運転が
荒くなってるなあ・・・。
そんな艶っぽいクリニックなら僕にも紹介して下さい。
甘えさせてくれて、腰痛も良くなるという。
夢の診療じゃないですか!

No title

センセ、こんばんは~
万風呂の雲台はなかなか面白いものが多いのですが、問題はオイルなんですよね。氷点下になると途端に動きが・・・
モービルF1にオイル交換したくなります(^^;)

最後の動画・・・
ひょっとして・・・あの「さす業」を車外に貼り付けて撮ったんですかぁ?!?
ひょえ~・・・
も、もちろん、落下防止用のケーブルを付けましたよね?
だっくだったら、助手席に置いて撮影するだろなぁ。
センセの無謀、いや、見事なまでの撮影意欲に脱帽です。

No title

だっくさん

モービルワンの宣伝、懐かしいですね!!あれはインパクトあったなあ。
幸い、関東の平地で使う分には大丈夫みたいです。河原が寒い時間には
眠くていけないし(爆)
カメラは勿論車内ですってば!!落っことしたら目もあてられませんよ。
室内で、写り具合をモニタしながら停車して微調整ー走行再開を繰り返してます。

No title

panoramaheadさん
こんばんは。
極めて多機能ながらも優れたデザインにまとめ上げてきたと思います。
さぞ、周囲からは目立った事と・・・
それにしても、強力な吸着力をクルマのボディでやられるとは驚きました。

突然相手の亭主が帰って来ちゃった緊急時、パンツ1丁で窓ガラスにコレくっ付けて外でぶら下がっててもだいじょぶそうですね。 \(^o^)/

No title

美銀座美人さん

おはようございます。

>突然相手の亭主が帰って来ちゃった緊急時、パンツ1丁で
窓ガラスにコレくっ付けて外でぶら下がっててもだいじょぶそうですね。

仕事中なのに、吹き出してしまいました(笑)想像するとおかしくって。
「おかえりなさい、あなた」なんて普通の会話が交わされている
壁一枚へだてて、吸盤にすがる男。
二個あれば、高層ビルも登れますね、きっと。どうも香港のメーカーの
ようですが、造りはとてもしっかりしてました。でもなんでスキーなんでしょうね。

No title

>吸盤にすがる男・・・・

こういう男を「東京キューバンボーイズ」と言いますぅ。

昔々、力道山なんかで華やかだった時代の赤坂界隈
から出たラテンミュージックバンドが東京キューバンボーイズでした。結構有名ですよね。
くだらない話しばかりですいません。

No title

美銀座美人さん

気になって調べてみたのですが、映画のようにスマートな
形じゃないですね。

http://dailynewsagency.com/2012/06/10/students-invent-spider-man-suit-for-air-qwn/

>東京キューバンボーイズ

吸盤をもった奴がウロウロしているんじゃあ、おちおち
家も空けられませんね。
六本木ヒルズの壁に吸盤でぶら下がったパンツ野郎が
点々と見えるのを見物する日が来るかもしれません。

No title

ニューヨークマンハッタン摩天楼には
蜘蛛の巣スーツ姿のスパイダーマン。
東京六本木ヒルズには
BVDブリーフ姿の吸盤マン。
あたしもせいぜい長生きしてこんなシーンを見上げてみたいもんです。

うむ

この雲台の詳細なレビュー初めて拝見したので参考になりました。
ここまで凝ったものを作るのなら、レベリングも組み込めば面白いのに、思いましたが、まぁレベリング三脚を使うのが普通ですかね。
備考)ズーミングやMFを優先したい人は、右ハンドル、カメラ側のシャッターボタンを優先したい人は左ハンドルなんでしょうね(フォトの場合)。僕なんか左に付け替えるか、外しちゃいますが。普通はやっぱり右ハンドルが自然かな?
※ところでよくある手段として、前後入れ替えたら右ハンドルになりませんか?

No title

monopodさん

おはようございます。

大砲の方は、パーン棒は外している方が多いですよね。
レンズが大きいので、体で抱え込んでいく感じで。
中型レンズでパーン棒を使う方は、有線リモコンをパーン棒に装着してます。
皆さんAFで合わせてMF調整を多用しておりレンズから手を離すことは
少ないようです。僕の周囲だけかもしれませんが。
僕は動画でAFを使うことはあまりないので、左手はいつも、レンズに添えてます。

この雲台はリバーシブル仕様とのことで、パーン棒はどちらからでも刺せるように
なってますね。

非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR