コヤニスカッツイ

体に沁みこむ様な寒さのなか、撮ってます。
飽きもせず。



夢中で撮ってるうちに、そういえばそういう映画があったな、と。

コヤニスカッツイという映画。

517ttfGCk6L.jpg

映像の大部分が高速度撮影と微速度撮影で占められています。
もう今の自分にど真ん中。高校生の時に見たんですね。確か。

台詞もナレーションもなし。同じフレーズを執拗に繰り返す音楽。
正直、前半はかなりだるい。

ミニマルミュージックの巨匠フィリップ・グラスが音楽を担当。
興行成績は全く振るわず、地上波では深夜に一回放送されただけ。

なのに、いまだに心に残る映画です。忘れがたい。

ネットで検索すると、深夜にたまたま見たんだけど・・・という
同じ体験をした方が結構いらっしゃる。

いまだに新品のDVDが売ってる。それだけ需要があるんだね。
もうこうなると毒電波が出ていたんじゃないかと。



映画で一番の盛り上がりをみせるチャプターですね。これ。

途中でイヤになるかたは・・・まあ正常ではないかと(汗)
夢中になってしまうヒトは、あきらめてDVDを買いましょう。




関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは~

いやぁ~っ、凄いっ!凄すぎるっ!
って、何が凄いかというと・・・
秋葉の歩道に三脚据えて、延々と撮影しているセンセが凄い・・・バキッ!!☆/(x_x)

Part2、途中でヤになりました・・・正常なのかな(^^;)

No title

だっくさん

幸い職質は受けませんでしたよ。怪しさ満点なんですけど(汗)
新宿と違って酔っ払いがいませんし、紳士の街なのでw
安心して撮影できました。ホームは聖橋から。昔から好きなんです。

だっくさんは正常ですね。安心したような寂しいような。

No title

panoramaheadさん
おはようございます。
今でこそ私は夜も手持ちで歩きながら撮りますが、まだ下手ッペな頃は(今でも下手っぺですが)
 銀座4丁目交差点に三脚立ててずっと撮影してました。
交差点を渡る人が奇異な目で見るんですよね。
でも、そんな冷たい視線もお構いなし、楽しくてしょうがない頃でしたね。
Nikon F3にNoct Nikkorの時代でした。

No title

微銀座美人さん

こんにちは
。僕がまさにその時期なのかもしれません。
カメラを手にしてから、だいぶ経つんですけど・・・(笑)まだまだ熱いですよ。
なんでもやってみたい性分なんです。
銀座の歩行者天国を、業務用カムを担いで歩こうと思っています。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR