死のダイビング

P1110772.jpg

自分は高所恐怖症だと思っていましたが、よくよく考えるとそうでもないみたい。

高いところから景色を眺めるのは好きだし、吊り橋も普通に渡れます。
世の中には、これらに近づくだけで、精神的に参ってしまうヒトもいるようです。

バンジージャンプ好きです。もちろんコワいです。足がガクガクします。
しかし飛んだ後は、虚脱感と共になにか憑き物が落ちた感があるのよねえ。

オーストラリアを旅したとき、大渓谷に掛かる鉄橋からバンジージャンプをする
ツアーをみつけました。さっそく同行の友人を誘ったんですけど断られちゃった。

友人は「オーストラリアのゴムは信用できない」と強く主張するのです。
かの国に失礼な話ですけど、その時は納得させられてしまいました。

オカモト製のゴムだったら、飛んでいたかなあ・・・。

P1110804.jpg

思い余って、飛び降り自殺をはかり、運よく生き残る。
そういうヒトが、事故の後、意欲が出て、前向きになることがあります。

どうも高所から落ちることには、精神浄化作用があるらしい。

だからといって本当に飛び降りてはイケナイ・・・人を巻き込んだりすると最悪です。

死なない・怪我しない保証があれば、エンパイアステートビルから落っこちてみたい。
将来的には、そういう脳内アドベンチャーも可能になるんじゃないですかねえ。

P1110823.jpg

で、飛び降りたいけど、怪我はいやなので、カメラに飛び降りてもらうことに。
耐衝撃、防水、ハイスピード動画機能で富士のFinePix XP50をチョイス。

コイツを地元の橋からダイブさせるわけです。かなり高いところから
落としても着水までは数秒。ハイスピードじゃないと面白い動画にならない。

今日は強烈な風が吹いてまして・・・20mくらいあったんじゃないかな?
吹き飛ばされそうでした。風が最高潮になると、橋全体が鳴る。ひゅおおおおお。

P1110781.jpg

しかし、ここで引き返すわけにもいかない。前傾姿勢でよろよろ進んで・・・。



うーむ、面白いぞお。個人的にはかなりツボです。
いろんなところで飛び込んでみるかなあ。

ちなみに1万1千円です、このカメラ。タフだぜ!
















コメント

No title

センセ、こんばんは~
ヒマなのは解るけど・・・釣り竿からカメラぶら下げて川に落とすとは・・・
次回は暖かい南国の珊瑚の海に放り込んでください~!
だっくは正真正銘の高所恐怖症です、2階の屋根にも上れません。橋の上から下を覗くだなんて絶対に嫌です。ましてバンジージャンプだなんて、岡本理研製のゴムでも絶対に嫌です!

Oh!

面白い!!!!!
もう少しカメラの視線(視界)が安定するように工夫されたら
かなりナイスな画像体験になると思います。

Re: No title

だっくさん

いやいやいや、暇潰しじゃあないんですよ~。
かなり長い間温めていたアイデアなんです。
今回やってみていけそうな感触なんで、いろんなところから
落としてみようと思います。
それにしてもジェット戦闘機に乗ってたヒトが高所恐怖症というのも
妙な話ですね?自分で操縦するとまた違うのかなあ。

Re: Oh!

monopodさん 

ありがとうございます!
視界が不安定なのは、視覚効果の一部・・・というのは
ウソで、これは制御が難しいです。釣具の仕掛けをつけてみたり
したんですが、効果なし。パラシュートとか羽根を試してみようかなと
思ってますが、視界の中に余計なものがはいりそうで。

No title

panoramaheadさん
おはようございます。
岡本理研にビビビッ!と飯能、いや、反応しちゃいました。 \(^o^)/
それにしても面白いトライアルですね。
男は幾つになっても遊び心が大切です。
この途中で途切れた橋梁は記憶があります。
確か、平成7年頃でしたかLAXーNRTのインフライトで観たスピード1の中の暴走バスが切れた橋に向かって突入するあのシーンです。

No title

美銀座美人さん

一番大事な部分を拾っていただきました(ホッ)
スルーだとやっぱし寂しいんですよね・・・。
ところでLAXですが、ああさすが美銀座さん、ルクセンブルグに出かけてたりするんだなあ。
と思いましたがそれはLUX、はて?ああそうだったLAXはロサンゼルスでしたね。
もうずいぶんいってません。飛行機怖いんです。高い所は平気ですけど、飛行機ダメです。
でも、それだと海外はおろか、北海道も沖縄もいけません。なんとかならないかなあ。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR