超広角・ねこマクロ

海野和男さんの「昆虫撮影テクニック」はすごい本です。
撮影のノウハウを惜しげもなく、詳細かつ丁寧に解説されてます。

こんなに書いちゃって大丈夫!?みたいな。
通常は弟子入りして、殴られ蹴られ、艱難辛苦の末、眼で盗むものでしょう?(一部妄想入ってます)

某有名写真家も言ってました「僕は何にも教えません」

それが機材から撮影データまでバッチリ書いてあるんですからねえ。必見です。


この動画で紹介されていますけど、超広角マクロともういうべき独特の画像。
被写体が大きく写ってるのに、背景にもピンが来ている不思議な感覚。



まずこれをやってみようと。それが今回のテーマ。
OM-Dで一番広角よりの9-18mmにツインフラッシュを装着。

9mm

PA290014.jpg

うーむ、えらいケラレますな(汗)ツインフラッシュのフードがデカイからねえ・・・。
ケラレの無いところまでズーム。

PA290015.jpg

14mmでケラレがなくなった。換算28mm。これじゃあ普通の広角じゃないか・・・がっくし。


このレンズは最短撮影距離20cm。結構寄れる。
F4の開放の写りはこんな感じ。
PA290004.jpg

F11まで絞ってみた。
PA290005_20121031093727.jpg

これだと背景も程よく形が分かる。この杭にトンボでも止まってくれれば・・・。

じっと待ちましたが、何も来ない。カメラを持って出動。
公園に住むネコを狙ってみた。

ISO200 F11 1/200秒 マニュアル ST-22使用
PA290032.jpg

なんだか臨場感あるなあ・・・これはこれで。
いきなり近づくと逃げちゃう。ジワリジワリとにじりよってみる。

ISO200 F10 1/200秒
PA290049.jpg

なんかパチパチ眩しいのが来たぞ・・・そう思ってるかも。
フラッシュの光量は1/64まで絞ってます。

あんまり、動かずにじっとしてれば、猫も逃げずに付き合ってくれます。
この子は股ぐらを、ひたすら舐めてきれいにしてました。

PA290118.jpg

リラックスしすぎ(笑)

しかし広角マクロはなかなか面白いものですね。できればもう少し画角を広げたいけど・・・。

関連記事

コメント

おひさしぶりです~(笑)

あそこは覚悟を決めて見ないと・・・・生物マクロには参考になりますが・・・・虫が苦手だと危険サイトです(笑)

表情や行動がよくわからない生き物を撮るのは、手法よりもセンスだよって言われてる気もします(^^;
虫の喜怒哀楽は私にはよくわからないですし。。。

No title

(^・^)かるがもオフィシャルブログ管理人

こんにちは。どうもです~。
虫が苦手とのことですが、僕もそうなんです。
カブトムシのおなかとか、もう無理(汗)うえー気持ちワル!みたいなね。
でも、自分で撮影すると、昆虫の持つ細密な構造にサブイボが立ちつつも感動します。
人工物をいくらマクロ撮影しても、そういう気持ちにはならないんですが。


顕微鏡写真も

鳥の羽毛や植物の葉や繊維などは面白いですね。種類の違いとか、数百倍の顕微鏡写真とか、のめり込みそうなほど(笑)

虫のマクロはエイリアンぽい気持ち悪さがありますし、部分拡大するとコオロギもゴキブリもそっくりで(汗)

No title

(^・^)かるがもオフィシャルブログ管理人さん

>虫のマクロはエイリアンぽい気持ち悪さがありますし
まさに!それです。大変きついものがあります。はい。

マクロでみないで、ミクロで見ることでなんとか克服しました。ふうう。

No title

ツインフラッシュブラケットFL-BKM03のようなもので取り付けるというのはどうでしょか?
9mm域でもケラレることはなくなると思いますが。
http://olympus-imaging.jp/product/dslr/accessory/flash/tips/flbkm03/index5.html#anc03

No title

xia さん。こんにちは。コメントありがとうございます。
これは便利そうですね~テレコン+魚眼という海野スタイルでも大丈夫そう。
情報ありがとうございます!
ところで、ツインフラッシュのブラケットは67mm径ということに気がつきまして
9-18mmの径が52mmですから・・・54-62mmのステップアップリングをかますと
ケラレ無く使えることを発見しました(後日ブログで報告いたします)
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR