ペンタックス Kマウントレンズ用アダプターQを使ってみる

IMGP0041.jpg
BORG71FL PENTAXQ
ISO125 1/400秒 -O.7EV

クラスを超えた解像感。それがPENTAX Q。
久しぶりに使うと圧倒されます。

ペンタックス Kマウントレンズ用アダプターQという長い名前のオプションが
手元に来ました。待ち望んでいた商品なわけですが。

PA290005.jpg

いったいナニをするのか?これです。



マウントアダプタにシャッターユニットが内蔵されてます。

ペンタックスQはボディにシャッターがついてません。
交換レンズにシャッターがついてるんです。

だから純正レンズ以外を使うときは電子シャッターしか使えなかった。
これだと、手ぶれで、被写体がブヨブヨ変形する現象がおきます。

今までは、動いているものなどは、撮影が困難でしたけど。これならいける。
ただ、実焦点距離の5倍以上の画角になりますのでねえ。ボーグ71FLなら2200mmですか。

PA290003.jpg

とても小さく短い。このシステムが2000mm超えというのだから
痛快です。しかも画質がイイ。

問題は、シャッターユニットの音が結構大きいこと。振動も結構あります。
ブレの対策は必ず必要。手持ちはムリだ。

ゆっくりと流れていくカルガモ。追うのが大変。

IMGP0121.jpg

カメラをななめに傾けてやっとマガモのくちばしが入った。
2000mm超を使いこなすのは、ものすごく難しいです。

IMGP0264_20121029152651.jpg

今日は明るかったので少し絞りも入れてみました。
71mm口径を65mmに。この程度でも色収差を抑える効果はあります。

PA290011.jpg

河口にてカワセミを撮る。

IMGP0066_20121029152652.jpg

ちょっと、露出オーバーだ(汗)でも、この解像ぶりを見れば、文句もないです。
ピントがくれば、眼の覚めるような解像。
 
IMGP0041_20121029161044.jpg

本当にこれ2.3型のセンサーなのか?そういう感じですよね。

数少ない不満点は、連写の遅さ。
今回は、リモコンで無限連写して撮影しましたけど、「カッタン、カッタン・・・」

これってQ10になると少しは解消されるのかなあ。
そういえば、ど派手カラーリングのQ10がそろそろ届く頃だね・・・。

コメント

No title

センセ、こんにちは~
うひゃ~!もの凄い解像感ですね!!
それにしても、遠枝10mの翡翠が広角端で収まりきらないなんて・・・あはは・・・(^^;)

となりで「カッチャン・カッチャン/カッチャン・・・」というシャッター音・・・結構気になりましたよ。
 いえ、音の大きさじゃなく遅さが・・・バキッ!!☆/(x_x)

No title

panoramaheadさん
いやはや、とてつもない解像度ですね。
超望遠さえ超えて既に顕微鏡の世界ですね。
これでは野口先生や北里先生もビックリなさるでしょう。あの真珠の耳飾りの少女のラピスラズリの青さえも凌ぐ翡翠の青が綺麗です。

No title

だっくさん

いろんな長距離砲を試してきましたけど、2200mm単焦点って
本当に扱いにくい(汗)これは相当修練が必要ですね。
でも、近距離で撮った時の解像感。これは本当にたまりません。
等倍でみても、塗り絵にならない。久しぶりにゾクゾクしましたよ。
これも、フィールドを日々整備していただいているおかげです。感謝です。

No title

美銀座美人さん

お帰りなさい。金谷Hのブログを楽しみにしていましたよ。
だっくさんの特設スタジオから撮らせて頂きました。
今日は光の具合も良くて、輝く清流の宝石を捉えることが
できました。(あんまり清流でもないですよネ)
超望遠システムにおいては最安にして最良の組み合わせかもしれません。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR