石川さん!

僕ら夫婦で定期的に話題になる人物がいて、名前を石川さんという。
出会ったのは1993年だからもうすぐ20年だ。

ずいぶん長い。もっとも会ったのは一回きりで、
ざっくり言えばすれ違っただけの関係だ。

それでも、時々話題になる。それくらい僕ら夫婦には強烈な印象を残したのだった。

L1027303_20120918153145.jpg


1993年の12月25日。僕はまだ学生だった。
クリスマスの横浜は、大変な混雑で、僕も妻も疲れきっていた。

食事をしようにも、どこも満杯で入れない。本牧のデニーズで
やっと座ることが出来た。

そこにいたのが石川さんだった。石川さんは、少し肥満気味で髪が薄く
縁なしのメガネをかけた、温厚そうな中年男性。

石川さんの向かいに、ボサボサに乱れた髪の毛の中年男性が座って
いた。彼は青色の作業服を着ており、石川さんも同じものを着ていた。

仕事の帰りか、それとも遅い夕食を取って、もう一仕事か。
何にしろ、クリスマスの夜に大変だなあと僕は思っていた。

L1027330_20120918153145.jpg

「ねえ、石川さん!」

石川さんの向かいに座る男は怒ったように話しかけていた。

「わかりますよね?結局ああなんだから。こちらが良かれと思って
 一生懸命やっても、全然ダメなんですよ。」

石川さんは、静かに聞いている。

「いくらこっちが頑張っても、評価しようって気がまるでないわけでしょ。
 無駄なんですよ。もったい無いですよ。」

石川さんは、軽くうなずいた。男のあまりの剣幕に、妻も気づいた。
男は我慢ならないというふうに話を続ける。

「とにかく、いくら心こめて、必死にやっても何にも
 ならないんですよ。違いますか石川さん!」

じっと聞いている僕に妻がこっそり目配せする。

「ロールスロイス持ってます。傷つけると嫌だから車庫から出しません。
 意味ないですよね?石川さん!」

「ボヘミアの食器持ってます。割れると嫌だから、しまったままです。
 持ってないのと同じですよ!石川さん!」

男はたたみ掛ける。石川さんは、うなずきながら、
「意味ない、意味ない」と返事をした。

しかし、その返事はいかにもおざなりで、石川さんは
「わかっているよ、そんなことは」とでも言いたげだった。

L1027311_20120918153145.jpg

ロールズとボヘミア。クリスマスのデニーズで。いったい何の話なんだろう?
そして少し迷惑そうな石川さんは・・・。

僕と妻の間で、かれこれ20年近く、「意味ないですよ!石川さん!」
というフレーズが交わされる。これもどうかと思う。

全くどうでもいい話なのだが、頭に焼き付いてしまったのだ。








関連記事

コメント

そうかもしれないなぁ。。。

でも、俺は不器用な古い人間だからなぁ。。。

昔の映画のワンシーンみたいな状況ですね。白黒映画なら格好いいんでしょうが、現実は違いますものね。

こういうおじさんたちが引退したらどうなるのかなぁ。
将来も日本ブランドのカメラや自動車は一流でしょうが、日本人や日本製品は二流以下になっていくのかもしれませんね。

No title

クリスマスの夜の本牧デニーズ・・・・
でも、私にはなんとなくLos Angelesあたりのデニーズの情景が目に浮かぶようです。
若づくりに厚化粧したメリル・ストリープ似の中年ウエイトレスが「Would you like coffee?」なんて声を掛けてきたりしてね・・・・メリル・ストリープ好きなんですよ。
ロバート・デニーロとの映画 [恋に落ちて] なんか良かったな。
このお話しの石川さん、まだ続きの展開もありそうですので楽しみです。写真もいいですね。

No title

(^・^)かるがもオフィシャルブログ管理人さん

なるほど、そういうことだったのかも。実はいまだに、石川さんが
どういう状況だったのかわからないんですよ。相手の男のヒトが
一方的に話している所から想像するしかなかったので。
でも、クリスマスに仕事着で、しかも報われない石川さんとその同僚の方みたいな
人々は沢山いるわけで・・・今は幸せになっているかどうか。もうそろそろ定年を
迎える頃かもしれません。

No title

美銀座美人さん

ちょうど「マーガレットサッチャー鉄の女の涙」を見たところでした。
メリルストリープは、僕にとっては「大御所」という感じで、このヒトが出ると
映画が物凄く締まるというイメージですね。「ディアハンター」にも出てますけど
あんまり印象がないんです。
ところで、石川さんの話はこれで終わりなんです。なんか申し訳ない感じでいっぱいです。
なんで夫婦揃ってこの事がいまだに気になるのかわからないのですけど・・・。

No title

panoramaheadさん
こんばんは。
この石川さんはこれからもpanoramaheadさんご夫婦の記憶の中に残り続けるのでしょうね。
一瞬の出会いでも記憶に残る人と、何度会っても名前を忘れてしまう人もいます。人も物も全て一期一会、様々な因果で繋がっているのですね。
ところで、メリル・ストリープ、あの「マディソン郡の橋」
のラストシーン・・・・雨の降る中、亭主の運転する車の中から彼を見た彼女がドアノブに手を掛けた。
さあ、出るか?出ないか?僅か2~3秒のシーンでしたがハラハラさせられました。
カメラマン役のC・イーストウッドが使っていたのはニコンFフォトミックでした。
大人の恋のゲーム、なかなか良かったです。

No title

美銀座美人さん

あの映画も大好きです。
>カメラマン役のC・イーストウッドが使っていたのはニコンFフォトミックでした。
そうなんですか!知りませんでした。本当にいい映画ですよね。イーストウッド監督作品は
よく見ます。もう82歳なんですね。でも相変わらずカッコいい。今でもナンパしてそうな
感じ。あんなセクシーな爺ちゃんは反則ですよ!

No title

健さんとイーストウッドは私の理想です。
おぃおぃ、バシッ!! 退場!!

No title

センセ、こんにちは~
マディソン郡の橋、私もみましたよ。
まず原作を読んで、それから映画をみました。
原作と映画では随分違うんですけどね。
雨の交差点、あれは良かったですよね。
彼女の死後の子供たちの表情、これも良かったですよ。
でもやっぱり、原作とは違うんだよなぁ(^^;)

あ、そんな話題じゃありませんでしたね、失礼しました。

>人々は沢山いるわけで・・・今は幸せになっているかどうか。もうそろそろ定年を

手抜きが平気ならそこに居なかったでしょうから難しいかも。せめて普通に暮らしていてくれるといいですね。

カメラや電気製品を買う時「これもあれも延長保障の対象です」と保証料を5%とか取って、メーカー保障が切れてから修理にいくと「これは延長保証の対象外です」と言うヤマダ電機が勝ち組の代表みたいですし。

今は几帳面で真面目な「堅気の職人気質」は負け組の代表になりつつありますけど残念ですね。

No title

だっくさん

ああよかった。お元気そうで安心しました。
だっくさんは結構映画好きですものね~。
原作まで読んでいるとは思いませんでしたが。
原作と映画の違いというと、コレで本が何作も書けるくらい
色々ありますよね。原作に忠実で映画も面白いのが一番ですが、なかなか・・・。
関東は強い雨が続いており、環境の激変があるかもしれません。
お戻りになる頃には涼しくなるといいのですが。

No title

(^・^)かるがもオフィシャルブログ管理人 さん

>保証料を5%とか取って、メーカー保障が切れてから修理にいくと
 「これは延長保証の対象外です」と言うヤマダ電機

ヒドイ話ですね・・・それは勝ちじゃなくて略奪じゃないですか。
僕は、ヨドで買う事が多いです。詳しい店員さんのとの会話が
値引きよりご馳走なんです。

No title

このお話は凄くよく解ります。
僕も学生時代につるんでた親友とバカやってたんでそういうエピソードが山ほどあります。
たった一度の一瞬の出会いでも非日常な出来事ですとその場を共有した二人にとってはずっと話題の種です。そこに記憶に残るセリフがあったのなら、なおの事お互いにそのセリフに合う場面でちょくちょく使い、笑い、懐かしみます。
「意味ないですよ!石川さん!」
これは良いですね。
このセリフに合うシチュエーションになるとご夫婦でしょっちゅう使ってそうですね(笑

No title

TETSUさん

>たった一度の一瞬の出会いでも非日常な出来事ですとその場を共有した二人にとっては
ずっと話題の種です。そこに記憶に残るセリフがあったのなら、なおの事お互いにそのセリフに合う場面でちょくちょく使い、笑い、懐かしみます。

ああもう何も説明しなくても大丈夫だ。こんな完璧な解説をつけてもらえるなんて。
TETSUさん、まさにコレなんですよおお!!
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR