ドーピング祭り!に関する妄想

いつもオリンピックシーズンになると考えてしまうのが
ドーピングの規制が無かったら、ということ。

それどころか人体改造OKだったら一体記録はどこまで伸びるのだろう。

例えば、競泳の選手は、改造手術の結果、アゴの横に鰓(えら)がヒクヒクしてたり。
長時間、水を離れると呼吸が苦しいので表彰式はみんな顔色悪いとか。

陸上競技の選手は足がどう見てもタイヤ。
スタート前に雨が降ってきて慌てて脚を交換したり。

怒られそうなんで、もう止めますけど。

P6170075.jpg



でも薬で手軽にムキムキの体になれたら、
誰よりも速く走れるようになったら。

そういう気持ちは誰にもあると思う。


アンチドーピング機構の定める禁止薬物リスト


じっくり見ていくとかなり面白い。

一番わかりやすいのは興奮剤。それと筋肉増強剤としてのステロイド。
しかし、一見なんに使うんだ?というのもある。例えば利尿剤。

利尿剤を飲むとオシッコがじゃんじゃん出てくる。競技前にこんなものを
使ったら、競技に集中できない、

おそらく、禁止薬物を体から洗い流す目的なんだろうね。
ヤバイ薬は、検査前にサヨウナラ。そんなに甘くないと思うけど。

リストの中には麻薬も入ってる。痛み止めとして使うのだろうか?
競技中にこんなものを使ったら、だるくて何もしたくなると思う。

ベータブロッカーも禁止されている。
これは、心臓の薬だ。心拍数と血圧を下げる効果がある。

この薬をクラシックの演奏家が使うことがあるというのを
何かで読んだことがある。ドキドキが取れて、手の震えが止まるらしい。

ベータブロッカーは射撃やアーチェリーで禁止されている。
なるほどね。

アルコールが禁止されている競技は意外と少ない。
ほとんどメリットが無いんだろうなあ。

景気づけに一杯あおって颯爽とフィールドへ・・・というのは、
なかなか豪快でいいと思う。砲丸投げの選手とかにやってほしい。

P8040547.jpg

遺伝子ドーピングという項目もある。
競技者の遺伝子を組み換えて、より強い肉体を得ようとするものだ。

SFみたいだが、実はマウスでは既に成功しているのである。
大幅に持久力を強化された個体「マラソン・マウス」を作成した研究が発表されている。

英語が得意なヒトはこの解説を読んでみよう。

まだ実用化されていない技術に対しても、わざわざ釘を刺しておく。
ほっとくとやりかねないということか。。いや、既に始まっているのかもしれない。

それにしても、スゴイ数の薬剤が規制されている。多くは「普通の」病気を
治療するときにつかうクスリだ。うっかり風邪薬を使って、ドーピング検査に
ひっかかるというのも納得できる。

P7161011.jpg


僕はリポビタンDの愛飲者である。例のタウリン2000mg配合というやつ。
これはいかにも競技成績が良くなりそうだが、禁止薬物は入ってない。

主な有効成分のカフェインもセーフ。タバコはどうかと思って調べると
ニコチンも大丈夫。タバコすぱすぱ、健康ドリンクぐいぐいの状態でも
ドーピング検査は怖くない。そんなヒトはオリンピックに出られなそうだが。























関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは~
写真と文章が全く無関係というのも、これまた面白いです!(^^;)
ドーピングかぁ・・・
まぁ、記録を出す必要もないので服用したことはありませんが。
あ、あっちの方のドーピングはどうなんでしょうかね。
え?アスリートがそんなもん使うかって?
あはは、そりゃそうでしょう、邪魔になってどうしようもない。
いやね、先日の新聞報道で、中国産の偽薬で健康被害続出って書いてあったから(^^;)
中国は「何でもあり」の国ですからなぁ。
ドーピングだって、隠れてやってるに違いない!バキッ!!☆/(x_x)

No title

だっくさん

言われてみれば、全然関係ない画像ですね。なんでこうなったんだろ?
僕のブログらしいテキトーさです・・・。
女子選手の記録が一部男子選手の記録を上回ったことで、盛んにドーピング
じゃないかといわれてますね。というか誰も褒めてない感じで(爆)
もし本当にインチキなしだったら選手は気の毒ですけど。
これが地元イギリスの選手なら扱いが変わったかなあ。

No title

こんばんは。
オリンピックもいよいよ終盤に差し掛かり最高潮を迎えました。
幾つもの名勝負・名場面がありましたが、やはり圧巻はボルトの超人的な記録でしたね。
思い起こせばかつて、あのベンジョンソンの出した9秒76はリアルタイムで見ていた私も驚きました。
もうこれから何10年も破られる事は無いだろうと言われた彼の大記録でしたが、その後のドーピング問題が発覚し彼は陸上界から永久に抹殺されましたね。
これは芸能界から消えた田代まさしにも通じます。(関係ないってば \(^o^)/)
ボルトに至っては9.5秒台の世界新を破る人類夢の9.4秒台突入も期待されましたが、それでも9.6秒台のオリンピック新記録が出ました。凄いです。
精神的にも肉体的にも極限に置かれたアスリートの精神状態は、時として人間の弱さや脆さを露呈し故意にせよ或いはそうでないにせよ薬物に依存する気持ちに苛まれるのでしょうね。私達凡人には知る由もない世界ですが。

No title

美銀座美人さん

ボルトすごかったですね~。ドーピングが世間的に認知されるように
なったきっかけは間違いなく、ソウル五輪のベンジョンソンだったと思います。
実はいまでもあのときのベンジョンソンはカッコよかったなあ、と。
筋肉モリモリのサイボーグみたいでした。スリムなカールルイスはどうも
迫力を感じなかったものです。その記録を易々と上回ってみせるボルトは
本当に異次元ですね。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR