手抜きなしの道楽レンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

P7080088.jpg


OM-D M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

うわさの高性能レンズが手元に届きました。35mm換算で150mmという望遠単焦点。
すでに、その高性能振りが各種レビューサイトで話題になっています。

実際に手にとって見ると、細部までしっかりと作られているのがわかります。

DSC_1721.jpg

まず感心したのは、レンズキャップ。絶妙な摺動性とでもいいますか。
ヌメ~っとした抵抗感がくせになりますね。

気がつくと、用もないのにキャップを付けたり外したり。ヘンタイ…。

レンズフードも素晴らしい。

DSC_1704.jpg

良くある爪で引っ掛けるタイプではなく、フード上にある一本のねじで
止めることでロックがかかります。これだけでとてもクラシカルな雰囲気に。

鏡体に傷がつかないような工夫もフード内側に見て取れます。細かい。

シルバー筐体だとビシッとはまるなあ…。

DSC_1800_20120709132311.jpg

なんか撮る前からすこしおなかいっぱいになってしまった。
とにかく、細かいところまで気を配ってくれている。満足度高し。

P7070209.jpg

ひとけの無い早朝の公園。この日は涼しかった・・・。
園内の小動物園で撮影。

P7070142.jpg

問題はこういうケージなんです。
暗いレンズだと、結構写り込むんだよね。

P7070112.jpg

しかし、150mm相当F1.8ともなると、目の細かいケージも
ものともしない。わずかにコントラストを調整しました。

P7070105.jpg

むう…これは。(海原雄山調)


キレまくりですなあ。どうでもいいけど、笑ってるみたいに見えてほのぼの。
動物園レンズとして今後も活躍しそうだ。

もっと目の粗いケージなら、補正なしでもビシッと写ります。

P7070041.jpg

いやはや。スゴイレンズだね。実売9万円と安くは無いけど
ちゃんと値段分の仕事はしてあります。いや、それ以上か。

150mmは確かに使いにくいけど、70-200のズームレバーが
動かないやつと思って撮るとそんなに苦になりません(汗)いやホントだって。

DSC_1747.jpg

しかし、これだけモノとしても満足度の高いレンズは最近珍しいのでは?
あまり一般的なレンズではないけど、好き者には迷わず推奨する逸品であります。


作例はすべて開放。
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8

関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは~
レンズの筐体やキャップの出来って大切だけど、大口径レンズの一番の魅力は何と言ってもガラスでしょう。
昔CANONの85/1.2を持っていた頃、あの、筐体から溢れんばかりのガラス玉に魂を抜かれそうでした(笑)

No title

70-200のズームが壊れたと思えば・・・そうか!
・・・て、なりませんよ(笑
海原調のセリフはセンセがこのレンズの描写に対して言ってるのかリスが餌に対して言ってるのか両方に掛ってるのか。
今回も楽しく読ませて頂きました^^

No title

だっくさん

まさに!あの前玉の張り出しはたまりません。ちょっと浮いているように
見えるところとか。素敵過ぎます・
ちなみにこのレンズはあんまり張り出さないですね・・・うーむ。

No title

TETSUさん

楽しんでいただけること。それがブログかきの一番嬉しい瞬間です。
ありがたいことです。
あんなに可愛い雄山はいませんよ(笑)リス君が「むう」とか言ってたら
それはそれで楽しいですけどね。
雄山ってカメラにも一家言ありそうでしょ?

No title

>モノとしても満足度の高いレンズ

これってとても重要な事のように思いますね。
造り込みの優れたレンズ、装着して美しいレンズは描写も文句なく素晴らしいものがあります。
古くはニッコールやキヤノンやズノーなど往年の大口径高速レンズがそうですし、最近では名にしおうライカノクチルクスで透明度の高い前玉から飛び込んでレンズ沼の中で泳いでしまいたい衝動にかられます。

Re: No title

美銀座美人さん

コメントありがとうございます。
僕もノクチの海でおよいでみたい・・・でも泳げません(涙)
自宅に呼びたいノクチですけど、呼べない。
もう、店先で海パンになるしかない!ああ。
その日を夢見て今は出来のいいレンズキャップを出したり入れたりします(爆)
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR