OM-Dで飛び物

五月の爽やかな風がそよそよと。
カワセミがやってきました。

P5140017.jpg
E-M5 Borg71FL

今日こそは、飛び物を撮る!そう思っていたのですが。

P5140105.jpg

ピンボケばっかり(涙)そりゃあそうよね。
マニュアルフォーカスでそうそう上手く撮れるわけない。

それでもピントリングを回して、あてずっぽうで追いかけてみる。

飛びつきとか。
P5140039.jpg

画面の端っこで写ってた。
P5140138.jpg

ピンボケの画像の中には、ああちゃんと追尾出来てるのに…。
なんてのが多数。うーむ。

だけど、これを中級一眼に換えても、どれだけ良くなるか。
フラッグシップだってピントが抜けるんだもの、ねえ?

車の中から、巣材を取りにくるツバメを。
P5140343.jpg

秒9コマでひたすら連写…全然ピントこない(涙)
難しいです。いくらかまともなのを数点。

P5140530.jpg

画像もことごとく甘い。車の中から手持ちで撮ったのが良くなかった。
やっぱり、ちゃんと固定して丁寧に追わないと。

P5141142.jpg

こういう、照り返しがキツイ場面では、レンズの性能がもろに出る。
100万クラスの大砲は大丈夫でも、デジスコやBorgはどうしても甘くなります。

P5140570.jpg

全然上手く撮れないし、たまにピントが来ても甘いので
だんだん心配になってきました。

いやいや、OM-Dはもっとちゃんと写るはず。
態勢を整えて、某所で取り直し。

P5141585.jpg
(シャープネス処理なし)

ふははは、見たかあ…圧倒的じゃないかッ!
ちょっと安心。ふう。


次回に続きます。
関連記事

コメント

No title

panoramaheadさん
こんにちは。いやはや凄い凄い、特に最後の翡翠はド迫力ですね。
ところで、今日本には、ツバメが少なくなったと言います。日本野鳥の会が 「最近あなたはツバメを見ましたか?」 というようなアンケートを無作為で実施しているようです。営巣出来る日本家屋が少なくなった背景が原因のようですね。同様に瓦が無くなった和風の家ではスズメも住めなくなってしまいました。
私達の暮らしに密着したツバメやスズメも貴重種になるのはどうやら時間の問題のようです。
これから先の日本、人間も動物もいったいどのようになってしまうのでしょうか?5年10年はまだいいとしても仮に50年先の将来は想像もつきませんね。

No title

センセ、こんにちは
昨日はお疲れ様でしたm(__)m
ツバメ、思いの外難しいですよね。しかもあんなに強烈な照り返しの下では・・・
やはり大砲に持ち替えましょう(^^;)
ミ○ミさん、ツバメ・・・減ってると言われているんですが、河原では邪魔になるくらいたくさん飛んでます・・・
そういえば1000年後の日本では、子供が居なくなるんだそうです。ヒトの子も絶滅危惧種・・・(^^;)

No title

美銀座美人さん

最後のカワセミの1m横にアカショウビンがいました(笑)
上野にお出かけの際には是非。パンダもいますし。
スズメもツバメもいなくなったらどんなに寂しいことか。
一方でカラスは相変わらず隆盛を誇ってます。
最後は適応力の勝負なんでしょうか。

No title

だっくさん

1000年後には子供がいなくなるという推計。東北大学が発表しました。
現代の出生数減少がそのまま1000年続くという、絶対にありえない仮定の上に
成り立っており、なんら意味のあるものではありませn。
今の少子化がいかに深刻かを考えてもらう機会にして欲しいとのことですが
そんなお手軽な数字遊びを国費でやるんじゃねえ!と憤っています。

No title

これはE-M5ユーザーとしては励みになります!
腕さえあればちゃんとツバメの飛翔も撮れるし、最後のカワセミの様にキッチリ解像した絵が撮れると・・・有難うございます^^
最後のセリフはビグザムのシーンでしたっけ?(笑
1000年後の話はホントにありえないし国費の件も同感です・・・もっとじゃあ少子化をストップさせる為にはどうすれば最も効果的かという様な実のある論文を発表してください(--;

No title

TETSUさん

そんな立派なもんじゃあありません(汗)
たまたま写ったと言う…。

ドズル大好きなんですよね~。
圧倒的…はアムロの台詞ですけど、あのシーンは特に印象的。
消滅してしまったブログでもドズルネタをチラホラつかってたり。
ガンダムの話はかなり広い世代に通じるのが驚きです。

非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR