ひとりでもさみしくないんだ。OM-Dがあれば。

P4041199.jpg
E-M5 M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
「ラフモノクローム」

カメラのイイところは、独りでも面白いところ。
とういか、連れがいると集中できないので独りのほうがいい。

P4041219.jpg
「ジオラマ」

独りでご飯食べてる姿を見られたくない。
友達がいないと思われたくない。 

便所の個室で昼ごはんをたべる「便所飯」という言葉が
話題になりましたけど、気持ちは分かります。

思春期に仲間がいないって…。冬の冷たい海に頭突っ込んで
息をガマンしているようなもんでしょ。苦しい。

P4041328.jpg
「ジオラマ」

某掲示板で「ぼっち」にならないためには、こうするべし、という
テーマで熱く語論が交わされてました。実際深刻だよ。若者には。 

P4041376.jpg
「ジオラマ」

・仲間や恋人がいて現実(リアル)世界で充実している=リア充

これは最近良く目にする言葉です。それだけじゃなくて

・独りでも楽しむことが出来る=ソロ充
・ひとりぼっちがいやで常にキョロキョロ周囲をうかがう=キョロ充

なんてのもあるそうな。最後のは充実してないよね?
それにしても辛いなあ。学生の頃はすごく周囲の眼がきになるものね。

P4021035.jpg
「ドラマチックトーン」

OM-Dは、いろいろ遊べる機能がついてます。
特にフィルターの充実度はスゴい。

全部のフィルターを一気に出力するモードもあります。

コンタクトシート-001

一気にザッピングして、最適なフィルターを選ぶのもありです。
それにしても、フィルター処理の速いこと!!

初代PENデジタルとは比べ物になりませんね。
画像エンジンも相当強化されているようです。

駐車場を普通に写すと…。
P4041295.jpg

「ドラマチックトーン」

P4041294.jpg

地面のしみが一気に浮き出てきます。
掃除の拭き残しの確認にも使えるね。そうじゃないって。

ともかく飽きない。普通に撮ってよし。遊んでよし。
時間を忘れます。

これぞソロ充…ではないな。単に家に帰りたくないだけ。
おいちゃん独りになりたいんだよお。

リア充になりたい若者も結婚すればわかると思う…。
新入学、新社会人の皆さんに幸多からんことを祈ってます。


関連記事

コメント

No title

今日のブログを読んで
「センセ、ずいぶんと屈折した過去があったんだなぁ」
と思うのはだっくだけでしょうかバキッ!!☆/(x_x)
だっくの人生なんて、全く屈折してませんでしたよ、まっすぐ、ま~~~っすぐ、一直線です。はい、三途の川まで一直線(^^;)

No title

だっくさん
>「センセ、ずいぶんと屈折した過去があったんだなぁ」

だからオリンパスが好きなのかも。なんて冗談です。
幸い心優しい友人に恵まれて学生時代を過ごしました。

でも、知らない環境に入っていく時の不安はやっぱり大変なものだと思うんです。
ましてや、自意識過剰な思春期、なんてない一言でひどく落ち込んだりしますからねえ。
今は独りを渇望してるわけで、勝手なもんです。

No title

Photographってリア充でソロ充。それでいて鳥がいないとキョロ充。

友人って大人になってからは、然う然う出来るものではないですよね。
KAZUは中坊の頃、部活で共に鍛えた仲間と心の友、心の柱である大ちゃん
が友だと思ってます。大ちゃんはせせら笑うでしょうけど・・・。

KAZUも忙しくて家に帰れない時、妙に安心するですよね~。

No title

VAIOKAZUさん

畏兄にして心の友。それがKAZUさんです。
河原に出入りしていて本当に良かったと思ってます。

No title

さすがお医者さんです。
今の若者の心のケアにも余念がありません。
そんな言葉が流行るくらい色々とそういう悩みがあるんですね・・・今の時代って一人でも退屈しないアイテムがギッシリですもんね。
一人で遊ぶのに困らない。
大人になってこういう時代はまだ有難いです。
・・・でなければ仕事仕事で息抜きも出来なさそう。
でも子供の頃は一人で遊べない方が良いですよね。絶対友達作りますもん。
・・・で身体使って遊ぶしかないからある程度体力もつけれるし・・・。
今の若い子は可哀そうだと思います^^;
それにしてもあれほどキャンセルしようかどうか悩んでたOM-D、結構気に入っちゃってません?(笑

No title

tetsuさん

今日は僕も夜更かししてます(笑)
今の子供、特に男の子はほぼ100%ニンテンドーDS持ってます。
与えておけばおとなしい。
おかげで店の中を走り回る子が少なくなりました。親は楽です。
ゲームの世界にこもってしまうのでは…という心配もある一方で
すれ違い通信やモンスターの交換など、コミュニケーションツールと
しても優れてます。小さいときからこういうものに親しんだ子供たちが
どうなっていくか、予想もつきません。

今の子にとって、一番きついのはネットで悪口を言われることでしょう。
昔だったら気づかないですんだかもしれない自分の評判がもろにさらされる
わけで。他の子も敏感に反応しますし。その分、周囲により気を配るように
なるのかも。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR