どでかい夢をみよう

R1288752_20120322094127.jpg

ここのところ、テストにあけくれなかなか更新できないです。
今日は雑談でも。

宝くじに当たったら何をするか良く考えるわけです。
家だの車だのって。でも、なんか夢がないよねえ。

できれば、でっかい夢をかなえたい。
周囲の人があきれるような。

新聞配達員 お金を貯めて戦車を購入

これはイイ話だなあ。なにがイイって、大金使って
誰も羨ましがらないものを買うという。

素直に頑張れよ!といいたくなるものね。
まあ家族にこういう人がいると、それはそれで困るのかもしれませんが。

スピーカーのコードに大金を注ぎ込む人もいます。

AET、5.4mでペア300万円の最高級スピーカーケーブル

素晴らしいねえ。全然羨ましくない(笑)
人にみせることも出来ないし。

自慢したい人はこんなもの買わないでしょう。
このコード、実はね…なんて話に持っていくまでが大変だもの。

んでWikiのティラノサウルスの項をみてたらこんな画像が。

MUJA_04.jpg

交尾をしているところだそうです。いやあビッグだなあ。
そういう問題じゃないか。

貴重な化石の無駄遣い…いやいや、そんなことないです。
学術的に意義深いですよねえ。

それにしても、と。

発掘や再現の手間を考えると何億円というレベルだよね。
苦心の末、出来上がったものが秘宝館の出し物みたいな。

いやいや、だからそんなこと無いですってば。



  



関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは~
お忙しいようですね。
300万円のスピーカーケーブル・・・
その昔だっくがオーディオに凝っていたころは、メートル1万円のケーブルを使っていました。
わぉ!さすが!音がまるで違う!
なんて・・・ことは・・・ありませんでした。
つまり、だっくの耳では、1万円のケーブルと150円のケーブルの差は聞き取れませんでした~(笑)
マイクロの糸ドライブのターンテーブルがいいとか、プレヒートに5時間はかかる真空管アンプがいいとか、スピーカは自重50キロ以上なきゃダメだとか、これって全て、単なる「自己満足」の世界なんですよね。
ん?100万円のレンズ使って翡翠撮るのも同じだろって?
はい、全くもってそのとおりですっ!

No title

だっくさん

ステレオという雑誌では、スピーカーをいろんな条件で鳴らして
比較してましたね。ブチルゴムで防振するとか。
自宅の基礎からやり直す愛好家もいたような。それでもよく分からないという。
CDは音が軽いとか(汗)単なる印象論という気も。それでも皆さん夢中でしたね。

No title

そうですよね。
究極は人としてのフォルムも色彩も崩された訳の解らない絵が数億円とか。
まぁ欲しいと思える人が出すんですから買う人は満足するわけだし良いんですよ。
でも他人や財団から援助してもらって高額な発掘費と研究費の成果が巨大なスペースを使っての交尾の再現というのはどうなんですか?(笑

No title

tetsuさん

そうそう!
>援助してもらって高額な発掘費と研究費の成果
まさにそこですよね。いやあ大英断だと思いますよ(笑)
中には強硬に反対した人もいるだろうなあ。
大変な手間と金をかけて結果が妙な方向に行っているというのが
とてもイイかんじです。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR