Nikon1でスローモーション動画を撮る

DSC_1470.jpg
Nikon1 AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR+TC-14EⅡ


Nikon1V1のファインダは見やすい。
動画を撮る際には、強い武器になる。

しかしスロー動画モードだと、画面の上下が
大きく裁ち切られてしまい、とても見難くなる。

横移動はともかく、上下にひねりが入ると全く
対応できない。

さらに問題になるのが一眼のレンズが動画撮影に
向かないことだ。ピントリングのギア比が速すぎるのだ。

動体を追いながら、じんわりとフォーカスを合わせたくても
それが出来ない。数mmリングを動かすと10m以上ゾーンが移動する。


言い訳を長々させて頂いた上で(汗)動画を紹介。
500mF4+1.4倍テレコンで1890mm相当。




もう少し短いレンズにすれば、追尾が楽だけど
迫力がなくなっちゃう。悩ましいところです。

関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは~
わざと上下をキレさせて迫力映像をひねり出す斬新な技法、お見事です\(^o^)/
そうなんですよね、スチルでもムービーでも、鳥の躰全体が写っていなきゃダメということはないんですよね~。

No title

だっくさん

何しろ640x240という上下が異常にせまいアスペクトなので
鳥をフレームに収めるのは、ものすごく難しいです。
画面全体に鳥が写るのが理想ですけど、まあ~おえませんね。
はみ出しまくり…。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR