Borg77EDⅡとPENTAX Q 

ボーグのHPを見ていると祭り囃子が聞こえてきます。

「わっしょいわっしょい」

自社製品を神輿にかついで、「すげえぞお」「写るぞお」
そんな誘い言葉を、連呼する感じ。いつも途中で見るのを
やめてしまうのです。なんか暑苦しくてさ。

カワセミの作例とかすごいよね。マジに。
でも、レタッチの有無も条件も書いてない。

それに、鳥までの距離が異常に近い。これなら別に
Borgじゃなくても写るんじゃあ…。

そういうわけでBorgについては、すこし引きぎみの姿勢で
おります。だけど、気になることもある。

信頼すべきプロ、伊達淳一さんも、事あるごとに、
「Borgの中心部の解像力」について賞賛されてます。

Kowaの500mmF5.6も「Borgほどのキレはないが…」
Nikkor 300mm F4も「Borgより鮮鋭さにかける…」

そんなスゲエの?改めて、自分の77EDⅡをじっとみたり。
ちょっと試してみようかな。

IMGP1349_20120129173950.jpg
Borg77EDⅡ+PentaxQ
ISO125 1/20秒

ちょっと条件が厳しかったけど、まずまず。

クリックで等倍
IMGP1347.jpg

PENTAXQに限っての話ですけど、 NIKKOR 500mm f/4G ED VRと
遜色ない写り。問題は青い色にじみ。これはちょっと…。

調整不足で最短撮影距離が25mになってた。
改めて自宅で調整。

SDIM0012.jpg

きっちり合わせるならコレです。そういわれてリング類を
そろえたら一万円超えた(泣)

僕のボーグは木目のカッティングシートを張ってます。
そろそろ飽きてきたので、なにかイイのないかな?

名称未設定-1

野鳥を驚かしてどうする…もう少し常識的なセンで考えよう。

L1280142.jpg

今回新しいパーツを付け加えました。マルチフラットナーというやつ。
周辺部の画質を劇的に改善するらしいです。

PENTAXQは中心部しか使わないので、無用のパーツです。
しかしコイツは色にじみにも効果があるらしい。

3万円以上するパーツでずいぶん悩みました。
早速テスト。カワセミを待ちます…。

2時間経ってもこないので岩でテスト(汗)
RAWでリモコン連写。遅い…。
名称未設定-2

等倍に拡大
名称未設定-3

うーむ。変わらない。高かったのに…とほほ。

フラットナーを使うと若干コントラストがあがります。
色味も見た目に近くなる。でもにじみは変化なし。

気を取り直してカワセミを待つ。
近くを歩くドバト。
IMGP1417.jpg

ムクドリをじっくり撮るのは久しぶり。
IMGP1431.jpg

結局時間切れ…最後にニャンコを。
IMGP1468.jpg

ここで、確信にいたりましたけど、ニコンのゴーヨンより
結果がいいです。前は虹彩の模様はぼんやりしてた。

QにはBorgがすごく合うみたいですね。
ゴーヨンはFマウントを通してこそ、その真価を発揮するト。
まあ当たり前といえばそうなんでしょうが。

それにしても色にじみはなんとかならないかなあ…。


関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは~
キレがいい・・・これってかなり難しい表現ですよね。
ピントが合っていてブレてなくて、滲みや流れがなくてビネッティングもない、完璧な状態を指すんでしょう。
そしてかなり主観的表現であるような気もします。

フラットナーっていったい何なんですかぁ?
何だか、3万円も出したのがもったいないような・・・(。_・☆\ バキ

No title

だっくさん
1群2枚の補正レンズで、周辺部の画質が向上するみたいですね。
大きいセンサーの機種には大変有効らしいです。
ほかには絞りユニットというのもあるのですが、これ以上
暗くなるのも…。色々セッティングを変えて試したのですが
中心部の色にじみにはあまり有効でないようです。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR