放蕩息子の帰還

L1026466.jpg
RICOH GXR MOUNT A12 / GR LENS 28mm F2.8

師匠が里帰りの様子をブログに書いて
おられて、自分も真似したくなりました。

僕の生家は職場の真裏。もう取り壊して随分経ちます。
3分くらいで到着。

L1026444.jpg

約30年ぶりだ・・・。
こんなに近いのになんでこなかったんだろう?

昔から薄暗いところでしたけど
今も全く変わらないです。

L1026454.jpg

幼稚園の頃は、この路地が世界の全てでした。

生まれて初めて時計を買ってもらった
お店は、30年前分古くなったけど
当時のまま・・・。

L1026451.jpg

いったい何だってこんなに変わらないんだろう?
ここだけ昭和のままみたいだ。

自分と同い年のカメラとレンズを持って
もう一度ここに来よう・・・何かが起きるかもしれない。

そんな妄想さえ浮かんできますね。なんか怖い。
関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは
故郷が変わらぬ姿でそこにある、それって素晴らしいことですよね。
だっくの場合、町並みも母校も全て変わっちゃってました。
あまりの変貌ぶりに、当時の事が思い出せなくなっちゃうほど。

それにしても、歩いて3分のところだというのに30年ぶりだなんて・・・

No title

だっくさん
自分でも何で来なかったんだろうって。
深層心理になんか引っ掛かりがあったのかなあ。
これといってつらい思い出も無いと思うのですが・・・。

No title

齢を重ねるにつれ、昭和の風情に強い憧憬を感じます。
センセの写真を拝見しておりますと、遠い日々が少しずつ
思い起こされ、写真の景色の中から自分の記憶を蘇らせて
おります。
幼少時、福岡は中州の袂でした。九州一の夜の街です。
しかし、一歩中に入った町家の景色は写真と重なり合う
から不思議です・・・
山陽堂時計店はデジャビュです。
何時の日か、大ちゃんとそのような探訪の旅に出たい!
強い衝動にかられるお写真です。

今から河原にWヨンニッパぶらさげてお散歩です。
まだ暑そうですが・・・行ってきます。

No title

VAIOKAZUさん

ちょっと待って!!!
なんでお店の名前まで分かるんですか。怖すぎる。
あなた本当は木更津出身でしょ!

中州で幼少時を過ごす・・・今のKAZUさんのルーツは
そこにあったのですね。
夕刻、綺麗なお姉さん達が闊歩するのをドキドキしながら
眺めるとか。そんな妄想をしてしまいます。

えらい遅レスになってしまいました。
申し訳ないです・・・・。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR