ギラギラ、テカテカのG-Shock

90年代後半にG-Shockブームがあった。

僕もブームに踊った一人で、
限定のG-Shockを並んで買ったりした。

その後ブームは沈静化し、人気モデルを
定価の4-5倍のプレミアムをつけて売っていた
「専門店」は軒並み閉店している・・・。

しかし僕の中ではG-Shockはまだまだ熱い。
今回はコレを買った。

DSC_8656-1.jpg

Model GA-110GB-1AJF
NikonD3 ISO200 F8 1/60秒 マニュアル

すごいギラギラ。視認性は極端に悪く
なれないと時刻を確認することさえ出来ない。

その名も「Black&Gold」
過去にゴールドのモデルがあるにはあったが
もっと控えめな色調だった。

これはベゼルもテカテカと光っており
はっきり言ってかなり下品な感じがする。

でも好きなのよね~こういうのが。
ちょっと記念写真のつもりでパチリ。

DSC_8342.jpg

ところがやってみるとものすごく難しい。
ストロボとレフ一枚で始めたのだが
全然うまく撮れない・・・。

ああでもない、こうでもないと試行錯誤。
ストロボをもう一灯持ち出してみたり。

で、こうなった。
DSC_8409.jpg

ここでG-SHOCKのサイトに載っている写真を。
GA-110GB-1AJF_l.jpg

さすがプロの技。G-Shockのカタログ用の写真は
8灯!使用していると、ブツ撮り本に書いてあった。

じっくりプロの画像を眺めていると、何が足りないのか
だんだん分かってくる。

DSC_8409-1.jpg

まあ他にもいろいろあるけど・・・
まずはキチンとフォルムを出す意味で
下から補助光を。(フィルインライトというそうです)

DSC_8448.jpg

カタログの写真を見ると、ベタッとした光は
ひとつもなくて、エッジを効かせたライティングの
集合体であることがわかってきました。

ブツ撮りの本を見ながら、黒レフで反射の
具合を調節するとか。もう午前1時過ぎたよ・・・。

DSC_8494.jpg

んで、冒頭の写真になるわけね。
DSC_8656-1.jpg

まだまだ理想のブツ撮りには遠い。
でも、眠いのでここでギブアップですわ。

カタログの写真とか今まで無造作に転載して
ましたけど、深く反省。あの写真には匠の技が
結集していたんですね。






関連記事

コメント

No title

こんにちは。
G-Shockは一世を風靡した感がありましたね。
かなり多くのモデルが市場に出たと思います。
まるでエヴァンゲリオンみたいな型ですがディープマニアにはたまらない一品でしょうね。
私にも恋の遍歴、あっ、いゃ、時計の遍歴がありますが最後に行き着いたのは何の変哲も無いごくごく普通に見えるグランドセイコー でした。

No title

美銀座美人さん
おはようございます。所用で出かけており返信遅くなり
ました。大変失礼いたしました。
グランドセイコーはいつも気になる時計です。
ちなみにプアマンズという言葉を検索しますと
ポルシェ、BMWに続いてGSが出てきます。
代替品が出るくらい神格化されているようですね。

No title

センセ・・・見間違いでなければ夕方から夜中過ぎまでやってません・・?
センセも凝り性で一度嵌ると抜けられないタイプでしょうかw
しかしそう考えるとやはり宣材写真はホントに綺麗に撮れてますもんね・・僕もしょっちゅう勝手にネット上から転載してますが相手からすれば使うなら使用料払えと言いたくなるのでしょうね・・・^^;

No title

TETSUさん
野鳥撮影研究室
http://www.digisco.jp/
ここでちょうどタイムリーな記事がありました。
かなり背筋の寒いはなしですよ・・・。

No title

センセ

これは恐らくフジの何らかの機種の宣材写真を転載したおり、その背面液晶に写っていたモデルさんの肖像権について損害賠償を求められた例の様ですね・・・なるほど・・相手の芸能プロダクション(?)の方はかなり手慣れた感じでわざわざ探し漁っては損害賠償請求をしてる感じですね。
あまりカメラの宣材写真を転載してカメラメーカーから訴えられるという事は聞きませんし無いかと思いますが写っていたモデルさんとは・・・気を付けなければなりませんね^^;
何はともあれ転載はやめといた方が良さそうですね・・過去に遡ってまで請求されるなら今までのも削除しようかな(笑

Re: No title

TETSUさん
>カメラの宣材写真を転載してカメラメーカーから訴えられるという事は聞きませんし無いかと思います
おっしゃるとおりですね。それは大丈夫ではないかと。ヒドイ悪口を書いたら駄目かも(笑)
それにしても色々考えさせられる話ですね。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR