け、血清をはやく!

000010000001_20110530163104.jpg

恥ずかしながら初めてマムシに咬まれた
ヒトを見たのである。

「急げ!はやく血清を!早くッ」

なんてテレビの見過ぎかも。
でもそれしか思い浮かばない。

調べてみると、マムシの血清は6時間以内に
投与すればいいらしい。それより遅くなっても
効果はある。

受診先の病院に血清がなくても
すぐ届けてくれるシステムになっている。
安心です、はい。

咬まれた腕(足)を縛る。毒を吸い出す。
これもよく聞く。

実際に退院までの日数が減るなど
効果があるそうだ。

草むらで用を足していた友達が、
イチモツをマムシに咬まれて

「助けてくれ、早く毒を吸い出してくれ!」

こういう悪夢的な状況ではどうしたら
いいのか・・・やはり慌てず騒がず病院である。

所で、マムシに咬まれたのが2回目以降だと
血清は使えないという話を聞いたことがある。

何でだろう?調べてみた。ちょっと長くなる。

マムシ血清の正式名称は乾燥まむし抗毒素だ。
なかなか凄みのある言葉だと思う。

マムシの毒を弱めたモノを馬に注射する。
こうすると、マムシ毒に対する免疫が出来る。

免疫成分を馬の体から採取して
精製したものがまむし抗毒素だ。

人間の体は、マムシ毒にたいする免疫が
つきにくい。そこで馬に代行してもらう
わけだ。

しかし、馬由来の成分が、人間にとっては
異物なので時に強いアレルギーをもたらす。

具体的には、マムシ血清を注射した時に
めまい、吐き気、意識低下などの
症状がおきるのである。

注射するたびに、この反応は鋭く強くなる。
よって、2回目以降の注射はかなり慎重に
行わなければいけない。

マムシの毒で亡くなる方が毎年いる。

しかし適切な治療を受ければ、
死にいたる可能性はかなり低い。

なんで突然こんな話をしたかというと
元に戻るが初めてマムシに咬まれた人を
みたのだ。それだけです、はい。

000010000000_20110530163104.jpg

写真は特に関連なし(爆)
ちょっとブログ更新が滞ったけど
次回から、ちゃんと更新します。










関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは~
もぉ、吃驚しましたよ~、センセがマムシに噛まれたんかと思ったじゃありませんかっ!ったくもぉ!
あ、さすがのマムシもセンセには噛み付かないか・・・(。_・☆\ バキ

美しい女性なら、毒を吸い出すのに躊躇しませんが・・・
野郎だったら・・・ほっときます(。_・☆\ バキ

No title

panoramaheadさん
こんばんは。
とてもためになる学術論文でした。

>草むらで用を足していた友人が「助けてくれ、早く毒を吸い出してくれ」

こ、こ、ここなんですがね?、ここで笑っちゃダメなんですよね?
私、笑いを堪えるのに懸命でした。 \(^o^)/

No title

だっくさん
おはようございます。妙な心配をおかけしました。
カワセミ撮影って実はマムシの出没場所と結構
一致するみたいなのです。特に夏は。
僕も野郎は・・・(笑)

No title

美銀座美人さん
おはようございます。学術論文なんてたいそうなモノでは・・・。
毒を吸い出すとき、口腔内に傷があったらどーするの?
縛りすぎて血行障害を起こしたらまずいんでないの?
とか。結構細かいところで、議論があるみたいですね。
>ここで笑っちゃダメなんですよね?
ここがキモです。実は(笑)
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR