余生は夕日の見えるところで・・・

仕事の合間に夕日をパチリ。

CIMG1723_20110330190105.jpg
海辺の街に住んでます。
毎日規則正しくドブンドブンと夕日が沈みます。
真っ赤な夕焼けとともに。いいよお。

CIMG1796_20110330190105.jpg
しかし、仕事が終わる頃には、とっぷりと暮れてる。
毎日あんなに焼けてるのに。浜にいきたいなあ。

夕方になると仕事を辞めたくなります・・・。

今は使われていない休憩所で撮影
CIMG1687_20110330190105.jpg
さてどうやって撮ろうかな。思案していると

「あらあ、こんな所でお仕事ですか?
 大変ですね」

なんて話しかけられたり。慌てて仕事に戻ります。
後で考えるとあいつもサボりに来てたんだなあ、とか。
まったくもう。

暗くなってからは、もっぱら店の中でHDRに
励むことになります。

CIMG1800_20110330190143.jpg
飲めないけど、酒瓶をとるのは愉しい。

CIMG1813_20110330190143.jpg

帰り際に、未練たらしくもう一枚。
CIMG1666_20110330190105.jpg

夕日の見える老人ホームで余生を過ごすつもりです。
もう場所は決めてあります。アクアラインの近くに。

毎日欠かさず夕日だけブログにアップ。
肺炎になって2ヶ月休んで、奇跡の復活!とか。
もう展開まで見える。

さすがに入所予約はまだ早いのでしてませんがね・・・。

全てEX-ZR100で撮影。






関連記事

コメント

人生のフィナーレ

こんな事が実際にこの国に襲い掛かると、自分の人生の締めくくり方なんかも具体的に考えておかなければならなくなります。(笑)
あと5年働いて65歳で年金を貰うと同時にリタイヤ、少しは旅行などにも行って女房殿への罪滅ぼしもせにゃいかん。
ツリーハウスは叶わず夢に終ったものの、秩父か名栗あたりにパイン材で小さなログハウス作って暮らすのもいいかも、朝飯は生みたての玉子かけごはん、子供達の世話にならないよう脳卒中かなんかでポックリとお洒落に逝くのがいいかもしれません。

老練老連労連

夕陽ですね
西伊豆町も良いですよ
魚も美味しいし。
NRは翡翠と山翡翠を動けないBEDから
モニター遠隔リモコン撮影で撮ってブログにアップ
若い衆にはまだまだ負けんよ!と云いたいね。

陰翳礼讃

子供の頃、夕焼けを浴びながら友達と家路に
着く幸福。
日々、夕日を味わいながら人生の終を迎える
希望。
真に至極なり。
近くに品のよい女学校があれば、尚うれし。
大チャンがそばに居ること、言うまでもなし。

夕日はあらゆる写真に、芸術性というスパイスを加えます。
昨今の明るい光(LED.HID)には憂いてます。(経済性は認めますが・・・)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

センセ、おはようございます。
人生の終焉は海の近くで・・・
いやいや、海のそばは津波も来るし、液状化もありますよ。
やっぱり新鮮な空気がいっぱいの山暮らしが良いように思います。野鳥の声を聞きながら・・・
あ、だっくはマンションで孤独死だな・・・

No title

美銀座美人さん
>朝飯は生みたての玉子かけごはん
んーたまりませんねえ。ログハウスじゃなくても
これは毎日やりたい!でも美銀座美人さんの
優雅な余生はたして5年ではいれますでしょうか?
周囲がまあまあもう少し、なんて。事業主のかたは
働き者が多いのでそのままずっと。なんて。
じつはそのケースをたくさんみてます(笑)

No title

NightRiderさん
あーそれですな。西伊豆にかなうものなし!
富士山とダブルですから。
こんなことをいったら、瀬戸内のほうが
すごいです!と強く広島のヒトに言われました。
まあ、みなさん色々お考えはあると思いますが。
僕の妹は伊豆長岡病院で働いていたのですが
やっぱり西伊豆が一番と申しております。

No title

VAIOKAZUさん
おお、詩人モードだ。
味わい深く、繰り返し読みました。イイ。
>近くに品のよい女学校があれば、尚うれし。
これはテレなのか本音なのか(笑)

No title

こんにちは。
僕は非実力派宣言というタイトルにぶっ飛んだ記憶が。
でもその後の活躍をみると実力も兼ね備えていたのですね。
渡良瀬の野焼きは中止になったらしいですね?
そうするとあの子もしばらくは?

No title

だっくさん
ゲゲ・・・確かにその可能性はありますね。
ホーム入所の頃は足腰立たないから逃げることもできないし。
今回の震災でも、多くの入所者が犠牲になっているはずです。
うーん、厳しいなあ。それにしても終の棲家で津波に
襲われるなんて、過酷過ぎる。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

順調な回復ときき、ほっとしております。
これから季節も良くなりますし、あせらず続けてくださいね。
あの病院は半島の下半分の急患を引き受けてますからね。
それこそ現場のスタッフは不眠不休で働いていると聞きます。
搬送にすごく時間が掛かって状態が悪くなるケースも
ままあるとか。景観も環境も素晴らしいのですが、いざ
体に不調が起きると困ってしまいます・・・。
>美味しいものを食べに行きましょうね。
必ず実現させましょう!

No title

僕も絶対海辺にいつかは・・・と思ってましたが流石に今回の事で考え直しましたーー;
海面から4~50Mくらいの断崖絶壁の上なら大丈夫ですかね・・・?そこから水平線に沈む夕陽が見える・・・て言ったら日本海か・・。あっちならプレート型は起こらないでしょうから大丈夫かな・・・てあっても買える値段じゃないでしょうけど。
・・・まだこんな話し、不謹慎ですかね^^;

No title

TETSUさん
断崖絶壁のうえだと、さぞ壮観でしょうねえ‥。
ただ、歩いてすぐ浜にいけるのは本当に良いものです。
僕は浜辺で生まれ育ってますから、やっぱり浜の近くで
過ごしたい。津波が何度も起きているのに、浜の方たちが
転居しないのはやはり愛着があるんでしょうね。
東京湾は津波が起き難い地形ではあるんですが、どうでしょうね。
(入り口が狭くて中が広い)
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR