GC-PX1 連写してみる

さて、いよいよ連写編です。

実はあんまり連写してないのよね。
だって動画切り出しのほうが楽なんだもん。

絞り優先 ISO200 F3.5 1/1600秒 
TSN-884+TSN-VA2B 1367mm相当
PIC_1421_20110302153137.jpg

レタッチなしでこれだけクリア。満足。
フル画素連写は30コマ/秒で最大103枚。

書き込み速度は36秒/103枚でした。
(SDHCカードClass10)

たっぷりと待たされますね。
上限まで連写すると。

EX-F1は18秒/60枚。3.3枚/秒で書き込み。
GC-PX1は2.86枚/秒。3年前のカメラに負けてる…。

しかし、GC-PX1には書き込み取り消しボタンが
あるんです。これはデカイ。
CIMG0067.jpg
書き込みの途中でも、すぐ撮影に復帰できます。
既に書き込んだ部分は保存されます。

カワセミが動く→シャッター押す→
動いただけで飛ばなかった→書き込みが続く
→ダイブした→まだ書き込み続く→魚食べ終わった
→書き込みまだ続く…(涙)

もうこんな思いもしなくて済むと。

ところで、このカメラにも時間をさかのぼって
記録する機能がついています。

約0.5秒前から記録できるそうですがはたしてどうか。
水滴がポチョンと水面で跳ねてからレリーズ。

最初のコマ
PIC_0213.jpg
7コマ目
PIC_0217.jpg
8コマ目
PIC_0218.jpg

平均6-7コマ、着水前の記録がされていました。
秒30コマの連写ですから0.2秒くらいさかのぼってます。
残りの0.3秒は僕が反応するまでの時間ということですね。

充分実用的ですが、困ってしまうのはシャッターボタン。
とにかくカタい。ギューと押さないと駄目。
これだと望遠撮影はブレブレだよ…。

これは動画切り出し。やっぱり楽だなー。
PIC_14030000001.jpg

これは等倍で。
PIC_14480000000.jpg

動画モードでシャッターボタンを押すと3200×1800で
60コマ秒の高速連写になります。バッファ消化も4枚/秒と
高速で使いやすい。だけど、時間さかのぼりは出来ない…。

一方静止画モードだと、録画ボタン押しても動かない!
いちいち切り替えないと駄目。

ほかにも不満点はあります。
静止画と動画をそれぞれ内蔵メモリかSDに
振り分けることが出来るんです。これはいい。便利

でもレリーズした時にSDカードが入ってないと。
CIMG0070.jpg

この融通の利かなさはなに?内蔵メモリが32Gもあるのに。
そんなもん自動的に切り替えてほしいよね。
これで何度かチャンスを逃してしまった…。

次回に続く…。












関連記事

コメント

No title

なるほど!常に静止画モードにしておけばとりあえず握っても動画撮影始まっちゃうって事はないんですね?・・・まあいちいち電源落とす前に常に静止画モードにしなければならないのは億劫だから握り方を気をつけた方が早いでしょうが^^;
静止画綺麗ですね。仰るとおりクリアです~^^
記録時間もF1との画素数の違いを考えれば速いと思います。途中で記録中止できるのはホントに良い!センセの言う様なカワセミダイブでの泣かされるシーンは結構ありますからね(T T
ずっと数少ないダイブをひたすら待ち続けてやっと動いたと思ったらフェイントで・・でもすぐ飛び込んじゃってこっちは記録中でレリーズ出来ない・・・こんなに悲しい事はない(笑
動画切り出しは楽で画質も綺麗ですがやっぱり連写の方が画素数分、綺麗に思えます^^
内蔵メモリへの自動切換えはファームアップで何とかなりそうですねw

No title

TETSUさん
僕のイライラを全て汲んでいただけて、すっかり穏やかな
気分になっております。静止画モードで動画が撮れないのは
かなりストレスです。最初から静止画だけなんて決めてかかる
ことはめったにないのですから。EX-F1はカメラー動画が完全シームレスで
操作できるようになってますからねえ…。

No title

いやぁ、こりゃ凄いんじゃありませんか?
マジ、欲しくなりました。
D3とAFS NIKKOR600F4G ED を売り払ってもいいかも?(^^;)

シャッターボタンについては、メーカーさんにクレームつけて修正してもらえば良いのでは?

No title

だっくさん
昨日のブログに載ってましたよね、近接ツグミの画像。
あれを見てしまうとどうにも…やはり余裕のある撮像素子で
撮った画像は全然違います。単に解像を追求するのではない
高品質の映像。やっぱりD3はすごい。画質ではかなうはずも
ないので、別方向から攻めていきますよ…。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR