GC-PX1 1stインプレッション

到着しました。早速、フィールドスープに装着。
TSN-884+TSN-VA2B
CIMG9989.jpg

なんと、手持ちのKOWA製EX-F1用ブラケットに
無改造でついてしまいます。

CIMG9990.jpg
なんか光軸も普通に合ってる…。
これは偶然にしては出来過ぎのような。

画角変化をみます。
カメラ本体 広角端38.5mm
PIC_0245.jpg
望遠端385mm
PIC_0254.jpg
フィールドスコープ併用
1367mm
PIC_0205.jpg
2332mm
PIC_0220.jpg
中央部はシャープ
これなら使えるでしょ。

5390mm
PIC_0240.jpg
さすがに甘い。
この焦点域だと、そよ風程度の刺激でも
グラグラ揺れます。

感度別の画質
カモの羽を等倍切り出し
ISO100
iso100.jpg
ISO200
iso200_20110228164057.jpg
ISO400
iso400_20110228164056.jpg
ISO1600
iso1600.jpg

ISO800撮り忘れた…。
200でだめなヒトもいるし1600でも大丈夫なヒトもいるし。

ちなみにISO1600で拡大解除するとこんな感じ。
iso全体像
用途にもよるけど、充分な気もしますよ。

GC-PX1は動画モードでも連写できるのがうれしい。
カタログを見ると静止画モードの倍、60コマ/秒で
連写できると。解像度は

動画撮影中の静止画 3200×1800(5.7M)
PIC_1292.jpg
等倍切り出し ISO200 F3.5 1367mm
PIC_1292-1.jpg
これはかなりいいよ!?
絵柄はコンデジ特有の余裕のない感じですけど
2.3型という豆粒みたいなセンサーでよくぞココまで…。

んで、動画を撮影している傍らシャッターボタンを
押すのですが、なんかノンビリ連写。

発売前情報だと、動画撮影中も連写できるはずなのに。
何度試しても駄目なので、JVCに問い合わせると

「動画撮影中は低速連写のみ。高速連写は動画待機中のみ」


とのこと。えええ、まじすか。ちょっと待ってよ。
だって、ネットの情報には確か…。

僕の事実誤認のようです。申し訳ないことです。
更に、訂正がひとつ。時間をさかのぼってのレリーズは
出来ないと思ってましたが、出来るようです。

最大0.5秒、シャッターを押す前の情報が記録できる
らしいです。これは、帰宅したらすぐ検証の予定。

次回に続く…。
関連記事

コメント

No title

をぉをぉ、ものすごくカッチョエ~です!
無理なく繋がっちゃってますね~\(^o^)/
1st Impression としては合格ですね~。
ISO100の画質は申し分ないですね。ISOが上がると急速に破綻していく・・・、まぁコレは仕方ないでしょう。
亀・・・モニュメントかと思ったら本物なんですねぇ・・・

No title

やっとインプレが ^o^/
ズッと発売日は過ぎてるのに「 GC-PX1は明日発売です!」だったのでお待ちしてました(笑
2300mmでもISO1600でも充分使えそうですねw
動画の切り出しも綺麗な感じです^^
動画中の連写は残念でしたね・・・。
ハイスピードムービーでのF1との比較や動画切り出しのGH2との比較など楽しみにしてます^^

No title

だっくさん
この後、自分なりに使いやすくモディファイしました。
来週その雄姿をお見せしますよ。雨が降らなければ。
やはり両眼視しないと飛びものはキツイです。

Re: No title

TETSUさん
お待たせしました。何しろ多機能かつ、つかみどころのない
カメラなので難儀しておりまして。説明書も不親切だし。
操作性も恐ろしくオリジナルでヘンテコです。
この先が思いやられますです、はい。

タイムパスト

こんにちは
無改造ですんなり接続できて
まさに待っていた甲斐が有りました
EX F-1のときもこの池の亀さんがモデルに
なっていたことを覚えてますよ亀の首が余りにも詳細に撮れて恐ろしいです
それを翡翠に試すことが出来るなんてなんて楽しみなんでしょうね。タイムパストは野鳥には必須に思います。

No title

NightRiderさん
3年前のことを覚えていてくれて、感謝感激なのであります。
僕も撮影しながら、そういえばEX-F1のときもそうだったなあ
と懐かしく思い出しました。あの時は、ブログ母体が解散するとは
思ってもいませんでしたねえ(爆)
ぼちぼち、テストしていきますよ。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR