HDR 事始め

夕暮れの東京湾。とても魅力的な時間帯ですが
夕焼けを生かそうとすると、橋が暗く沈んでしまいます。

UDgwNzg5ODTNcg_enlargement.jpg

逆に橋をしっかり描出すると、空が明るく飛んで
しまいます。

こういう場合、HDRI(ハイダイナミックレンジイメージング)
という手法を使うことでうまく解決できます。

露出を段階的に変えて撮った画像から、いいとこ取りをして、
幅広いダイナミックレンジを得ようとするものです。夕陽とか
逆光などのハイコントラストシーンで力を発揮します。

NZaHU1Q_enlargement.jpg

出来上がったのがこれ。

UDgwNzg5ODVfMV8yXzNfNF90b25lbWFwcGVkp_8_enlargement.jpg

この画像も
UDgwMTg2MTfAQA_enlargement.jpg

HDRなら暗部を持ち上げて、しかも空はそのままです
UDgwMTg2MTZfMTdfMThfMTlfMjBfdG9uZW1hcHBlZGwn_enlargement.jpg

-2EV,-1EV,0,+1EV,+2EVの5枚を撮って統合することが多いのですが
できれば、連続的に間をおかず撮るのがいいです。

やってみれば判りますが、一枚一枚露出を変えて撮るのは
大変ですし、撮影中に雲が移動して、ズレが発生し
合成が困難になってしまいます。

特にこういうシーンでは雲がズレやすいんです

MjIy_enlargement.jpg

オートブラケット機能があればこれを一気撮りすることが可能です。
3枚一気撮りが一般的ですが、高機能なカメラですと5枚連写
できたりします。この画像はSP-550UZで撮影してます。

HDRI用に沢山ソフトが出ていますけど、僕が使用しているのは
Photomatixです。ちょっと取っ付きにくい印象ですが
最近日本語版がでて、随分扱いやすくなりました。

こちらに使用法を簡単に紹介してます。

HDRI画像を見せると「絵みたいだね」という感想をいただくことが多いです。
絵師は自分の目でみた光景を再現しようとするわけですから、人間の目に近い
ダイナミックレンジをもつHDRIが絵のように見えるのは、自然なことかもしれません。

絵画っぽいHDRの例
MTEx_enlargement_20100409083019.jpg

これもそう
UDgxNjkzMDZfMDdfMDhfMDlfMTBfdG9uZW1hcHBlZGs-_enlargement.jpg

まだ逆光の写真を見たことのない、あるいは見慣れていない幼児は、
HDRIと通常の画像とどちらを自然だと感じるのでしょうかね?
とても興味深いです。
関連記事

コメント

No title

センセ こんちわ~

HDRすごく綺麗で見入ってしまいました。
それにしても驚いたのは550UZだったという事。
やはり機材ではなく腕なんだな~と感じます。
α550にはオートHDRなるものが付いてますがやはり手作業はオートHDRよりも振り幅が大きくてきれいですね。雲の動きなんかはオートの方が連写してくれるので楽でしょうけどw
私はまだちゃんとHDRの効果を発揮出来るような撮影には至ってませんがセンセの様な写真が撮りたいと思いました^^
話は変わりますが今雲台で悩んでます。
マンフロの701HDVかジッツォのG2380です。
価格は似た感じですが地元ではほぼ皆さんマンフロを使ってらっしゃるのですがネット上ではこの2機種だとG2380の方がしっかりしてるというレポを見て悩んでます。究具などとても買えませんのでセンセにはレベルの低い選択でしょうがどちらがマシでしょうか?
あ、因みに三脚はマンフロの055XPROBで考えてます。カーボンより重いアルミの方がイイと思いまして^^

Re: No title

tetsuさん
αのオートHDRは結構気になっているんです。
僕は絵画っぽいHDRはあんまり好きじゃないんで
自然な仕上がりが望めるオートはどんなもんかなー?と。
でも、たしかにふり幅を広く出来る分、専用ソフトは
色々遊べていいですね。ある程度自分の好みの仕上がり
になるようにカスタマイズできるオートHDRがあれば
最強ですね~。
G2380は最初に使った雲台です。とても良い雲台で、500㎜F4
クラスを着けて使用している方もいます。701HDVは残念ながら経験
なしです。ただどちらも、定評ある機種ですので、好みで
良いんじゃないでしょうか?
気をつけていただきたいのは、固定したつもりでレンズプレートが
しっかり溝に入ってないというトラブルがあることです。
手を離したとたんに、レンズが地面に落下させたことが何度かありました。

No title

こんばんは
HDR、なんだか魔法のような(笑)
確かに、表現方法としては素晴らしい技法ですね。
これが常に簡単に使えれば、暗いところで高速SSで撮影して、後処理で何とかする・・・なんていうことも可能かも(^^:)
でも、果たしてそれが最終的に満足出来るものとなるかどうかは、かなり難しそうですね~。

TETSUさん、私としてはGITZOをお勧めします。
何故って?
それは「見た目」がカッコいいから・・・(。_・☆\ バキ

マンフロ、性能面では遜色ないのでしょうが・・・どうしてもプラスチッキーというか・・・

No title

だっくさん
HDR、オモロイでしょ?でもおっしゃるとおり中々モノに
なる画像がすくないんですよ。普通に撮るほうが歩留まり高し、です。
まあジッツオの存在感は特別なものがありますよね。
でもG2380って、ぐっと上に向けてコンパクトにたたもうとすると
パーン棒が抜けちゃうんですよ。そういう構造になってるんです。
それがどうしてもなじめずに、ザハトラーにしちゃいました。

HDR魔力

HDRの製作過程まで丁寧な手引書を
作ってくださり素晴らしい事です。
夕焼けの雲が魅力的なフォト
その手前にはカワセミというと黒くつぶれるカワセミをブラケット連写で夕景とカワセミの表情までもが同一のフォトで見られたらどんなにか面白い事でしょうか!
いつかお願いします。
わたしは例の新兵器で遊んでます。
(たのすいいです)

No title

HDRの画が自然に見える為には
より高画素、高速撮影が不可欠ですよね。
物理的にDRを拡げる為に、35mmセンサ
を600万画素以下にして弩?アンダーの
階調を残す方法も、考えられていますが・・・。
DRは音も光も、本当に重要ですからね!
Kazuはブレークスルーを期待してます。

センセに「仕事しなさい」と、お叱りを受けて以来
励んでまいりましたが、そろそろアクセルを緩めて
もよろしゅうございますでしょうか?
七夕になりそうで・・・(T T)
PS  先日、海ほたるでUターンしました。

No title

NightRiderさん
たのすいい~ですか?
それは良かった。僕もニコニコ。
ちょっと時間があるときに遊ぶのに
もってこいなんです。ケロケロジャンプ
みましたよ~。

No title

おお!KAZUさん。お久しぶり。
だっくさんも寂しがってましたよ。
ぜひ、河原でお会いしたいです。
僕は毎週日曜夜は狭山に泊まってます。
雨さえ降らなければ・・・。
海ほたるでUターンする人結構多いんです。
ま、ある意味正解ですけど(爆)
折角だから、富津岬までいってください。
猛禽の渡りで有名なんですよ。
景色も壮大ですしね。

お久しぶりです

こんにちは。
HDRIですが、実はコンデジでもカメラ内で同じことが出来る機種があります。
RICOHのCX1以降の機種は、DR拡大と言うモードで出来ます(オートブラケット機能も付いてます)
ひょっとしてこのHDRIという手法も、動きモノに弱いという弱点が無いですか。
僕もCX2のDR拡大機能を使って、このような魅力的な写真が撮れる様になりたいです。

No title

じあんとーさん、こんばんは。
DR拡大は大抵半段マイナス補正の画像を
同時に撮って合成、というパターンが多いので
あんまり派手な仕上がりには出来ないですよね。
CX2はどうなんかしら?
動き物には弱いですね~。いちおうゴーストを
除去する機能もありますけど、やっぱりね。
動き物はRAWからの-1、0、+1の3枚を現像して
擬似HDR合成でするしか無いと思います。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR