FC2ブログ

ドアップ狂は何度でも死ぬ

DSC017565604,04000640200120210043
α9Ⅱ FE 400mm F2.8 GM OSS

雄々しく立ち上がってますなあ…。
背筋のびのび。タツノオトシゴ型離水とでもいいましょうか。

わがフィールドは、空前の活況。
大食いの♀カワセミが30分おきにやって来るのです。
DSC012465604,04000640200120202721
SEL14TC 560mm ISO640 F4 1/4000s -1EV

常連のみなさんは、鳥の個体識別もシビアです。

左から13番目の羽(次列風切)が傷ついている
からあれは別個体だね、とか。

普通そんなのわからないよ…。
DSC015065604,04000800200120203444
SEL14TC 560mm ISO800 F4 1/4000s -1EV

ひっきりなしにやって来ては水に飛び込む。

漫然と撮り続けると、とんでもない回数のシャッター
を切ることになります。

ブログをやっている皆さんは、最初は嬉しい悲鳴を
あげてたんだけど、そのうち本当の悲鳴に(汗)

帰宅してからRAW現像、選別、トリミング等の処理、
ブログアップまで8時間とか.。これが毎日続く。

一文にもならないのに、なんでこんな大変なことを
しなけりゃならんのだと皆さん嘆いております。

休むなり、やめるなりすればいいわけですが
それが出来ないのがブログ収容所の恐ろしさ…。
DSC022948007,1200125200120225544
SEL20TC 800㎜ ISO125 F7.1 1/200s -0.3EV

この日はめったに来てくれない超至近(7~8m)の
ダイビングスポットにも来た!

この距離だとため息が出るような解像。

反射的にやっていたのは2倍テレコンの装着(爆)
こんなに近いのに、なぜ…。
DSC023758005,640002000200120225639
SEL20TC 800mm ISO2000 F5.6 1/4000s -0.7EV

800㎜での超至近ダイブ…もう死んでもいい。

何回死ぬ気なんだと、常連さんから冷やかされ
ましたが、いやあ、たまらん。

でも、キレという面ではやはり物足りない。
テレコンを外して、400㎜に戻す。
DSC015195604,04000800200120203457
DSC027014002,84000500200120235935
400㎜なら至近でも、ファインダで追えて
撮りやすいし、画質も安定します。

長年の望遠バカが広角側を選択するとは!

林に打ち込んだボールをイチかバチかで、
グリーンめがけて強打するんではなく、横に短く出す。

そういうのをみて、ケッとか思ってたんですけどね。
オレもオトナになったなあ…。

皆さんが帰ったあと、動画でも撮るかと残業。
DSC026204002,84000320200120235903
ISO320 F2.8 1/4000s -1EV

いきなりやってきて、突如ホバリング!

瞳にだけピンがくる深度の浅さ。そしてこのキレ。
もう死んでもいい(本日2回目)

テレコンを付けてたら、撮れなかったな…。
間を置かず、またホバリング。

ほぼノートリの画角でGIFを作ってみた。
gif.gif
うーむ、満足ぢゃ!

最後に動画を。



もう死んでも(以下略)

最後のダイブなんですけど、着水直後に羽を
大きく広げてますよね?浅いところではこうやってブレーキをかけるのかと感動。

高いところから、子供用のプールにダイビングする
チャレンジでも、着水寸前に、体をばっと広げるんだよね。同じ理屈なんです。

いやはや、それにしても今回はなかなか濃い
展開だったのでござる。それではまた。



関連記事

コメント

No title

センセ、おはようございます。
いやぁ、今回のハイスピードは濃いっ!
お見事です~!
昨日は、何と26回連続ダイブがありました。
でも全くと言って良いほど・・・歯が立ちません(T^T)
私もセンセのように「もう死んでもいい!」と言ってみたいものです。
今の状態では「死んでも死にきれない・・・」ですから。

おはようございます

panorama先生!、なんとも凄いカワセミのホバリングからダイビングお魚ゲットまでフルコースの満漢全席、超絶品のカワセミフルコースを魅せていただき感激しました!!
そういえば、数年前に川に作った浅いガラスのボウルに小魚を入れて止まり木からカワセミが1mほどダイビングして魚を獲る様子を見せて貰ってました。 当時はGH5の4K30Pフォトで撮影してたことを思い出しました。ガラスの底にぶつかって身体を強打しないように上手く翼を拡げてブレーキを掛けてましたね♪
やはり僕の場合は至近距離のカワセミダイビングを撮るには川岸を歩いて千載一遇のチャンスを待つのが良さそうです。

Re: No title

だっくさん

忘れ物の連絡ありがとうございました。
撮影のあと、編集のことで頭がいっぱいでした(汗)
ハイスピードは、あれと同じクオリティのものがほかに10個
撮れたんですけど、変わり映えしないので泣く泣くカットしました。
>今の状態では「死んでも死にきれない・・・」
まさかそんな(笑)今後は一番右の席がチャレンジシートになりそう
ですね。

Re: おはようございます

yukun2008さん

こんにちは。僕も小さなワンドにGoPro入れて撮ったことあります。
設置したカメラの真上でカワセミが歩いたり、ダイブの
瞬間に防水ハウジングにカワセミがキックを決めてきたり(汗)
どうしても遠隔操作がうまくいかず、10mの延長ケーブルをセット
したり、色々やりました。最近は実験系の撮影はご無沙汰なんですが
フィルム時代のプロは水槽にカメラをセットしてフラッシュ焚いたりと
色々工夫していたようですね。

こんばんは、センセ

ノートリのGIF、絶品です~踊って居るように飛んでます
またお腹に水の揺らめきが映って、キレイでした~
そして静止画~今まで生きてきた中で最大のカワセミを観ました
動画も観ましたよ~水上がりにゴミの葉だけ飛ばして上がって来る~
何れも感動するシ~ンばかりです、ありがとうございました。

No title

パノラマセンセイ、こんばんは
滑らかな、ハイスピード動画、何度見ても凄いです、今回は水中での羽根の動きに感激です。
撮影距離8m以内で焦点距離800mmはチャレンジャーですね~
ダイブポイントの予測がドンピシャ、素晴らしいです
500mmレンズでも殆どカワセミの尾羽しか撮れないとか被写界深度が浅く右足にピンが来ても左足が暈けるとか、とにかく難易度高く面白いです。

Re: こんばんは、センセ

TKNさん

今回一番嬉しかったのは、800㎜の止まりものだったんです。
そこを拾っていただいて感謝感激なのであります。
表現の繊細さがイイですよね。
枯れ葉だけ飛ばすって器用です。アレもスゴテク!

Re: No title

ASKさん

動画残業したら?と言っていただいたのが
運命の分かれ目。あの時点で満腹して帰ってたら
この結果はありませんでした。ありがたい!
あの距離だと、ココに落ちるという一点が仮にわかってても
上手く撮れないですよね。やりがいはありますけど、失敗ばっかりで
泣けてきます。

No title

動画素晴らしいです!
NHKワイルドライフに出せます。

>普通そんなのわからないよ…。
今日、ドキュメンタリー(カナダ)で砂州の上を2万羽の大群が飛んでいるのを、飯を食いながらTVで見ていたら、家人がビール片手にぼそっと「トウネンやな~」と一言。
解説を聞いたら正解でした。
「普通そんなのわからないよ…」

Re: No title

monopodさん

動画を見て頂いてニコニコの管理人です。おはようございます。
奥様は猛禽の眼を持っていらっしゃるようですね。
誰よりも早く気が付き、素早く同定する。そういう動体視力を
持つかたが時々います。世が違えば、大空のサムライとして
活躍していたかも…。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR