FC2ブログ

EOS-1DX MarkⅢはハイブリッドモンスター

PA2803568,011160200191028152315
キヤノンとニコンが、ミラーレス市場で苦戦している
という報道がありました。そりゃまあそうでしょうね。

レンズは、まるっきり揃ってないし、ボディもこれからという感じ。
ソニーの5年前みたいなもんです。
無題11
キヤノンHPより転載です。2018年のデータ。

キヤノンの売り上げのうち、イメージング部門の割合は26%。
意外と少ない。その中の6割がカメラ。

2018年度はイメージング部門で1兆円の売り上げがありましたが
今年は大きく落ち込むのが既に確定。カメラもプリンタも斜陽産業だもんね。

キヤノン全体では、3兆6250億円の売り上げになる予定。
2年前は4兆円あったんですけど…カメラが足を引っ張ってるのは間違いない。

伸びてるのは東芝からまるごと引き継いだメディカルシステムだけ。
コレがなかったらお通夜状態だった。

ちなみに、中国のネット通販アリババは11月の特売日に1日で4兆円売上げ(汗)
たった1日でキヤノンの1年分を売り上げる。

もうあの国はどうなってるのかわからん…。
PB0400887,02,8601250191104152440
ミラーレスでは、ソニーが独走の気配です。
5年のリードはつくづくデカい。

α7初代のころはレンズラインが貧弱で買いたいレンズが
見当たらなかった。特に望遠は弱かったです。広角ばっかし出してたイメージがある。

それでもα7が売れたのは、目新しさがあったのと
オールドレンズ愛好家に魅力的だったからですよ。

レンズの焦点距離そのままで秘蔵のクラシックレンズを
楽しめるというのは相当ポイントが高かったのです。

α7初代から5年。いまだに500㎜F4は出てません。

スポーツの現場でαを使うプロがほとんどいない現状では
400㎜と600㎜があるだけで有り難いのかも?

キヤノンも早くα9みたいなプロ機を、とユーザーは思ってるでしょうが
肝心のプロはそう思ってません。
PB0401247,02,8601000191104152615
EOS-1D X MarkⅢが発表されましたが、これはかなり面白そうなカメラです。

従来通り、光学ファインダー+メカシャッターで秒16コマの高速連写
ライブビューで電子シャッターによる20fpsのAF連写が可能。

しかも、ライブビューでの動体追従は
「today’s top-notch mirrorless cameras.」と同等とのこと!

α9やE-M1Xと同じってか?本当ならエライこってす。

これは、すごく良い妥協点を見出したなあという感じですわ。
現在のレンズ資産をそのまま活かして、ミラーレスとしても使える。

プロにもすんなり受け入れられそうな気がします。
PB0400287,08,0500200191104151237
レフ機はガソリン、ミラーレスは電気自動車に置き換えられます。
いずれは電気自動車とミラーレスが主流になるんでしょう。

でも、自動車については、まだまだガソリンが主流です。
カメラも同じでそんなにガラッとは代替が進まないんじゃないか。特にプロ機は。

30万円以上のカメラは、固定資産として申告が必要で、減価償却は5年。

MarkⅢを導入したら、プロは当分の間はそれを使うわけで、
スポーツ報道の現場では、まだまだレフ機の時代が続くんじゃないのかね。

ミラーレスのプロ機とその周辺環境は、ゆっくりと整っていくんじゃないかと。

ここまで、ニコンの話が全くないのはお察しください(汗)
ヤバいと思う。かなり。
関連記事

コメント

おはようございます、センセ

そうなんですか~ニコンは他社に2歩も3歩も遅れていて将来性も無いと~
それならそれで仕方がないです~色々あってニコンという機種を選んだ年配者の宿命ですニコンと共に滅びましょうぞ
今の写真生活には不満がありません。重さが苦痛になったらゴーゴー6でも~
ニコン社も昔のブランドイメージにしがみついていては、進歩発展は望めない
それは分かって居ますから~でもEOS-1DXMarkⅢのスペックは知りたいですね

Re: おはようございます、センセ

TKNさん

キヤノンは総合企業なので、今は不振でも、そうそう全体がダメって
ことにはならないと思うんです。でもNikonは、イメージング部門が
メインですからキツイっす。
ニコンでずっと過ごしてきたので、もちろん頑張ってほしいですけど…。
何より、ソニーという会社に、いまだに信用が置けない(笑)いつ寝首を
かかれるか分からない。
レンジローバーがインドのタタに買われてからグッと良くなったように
ニコンも外国資本を入れたほうがいいかもです。

No title

こんにちは。
そうですね、ソニーさんはプロサポートで一生懸命プロを呼び込もうとしていますのでその熱意は感じるものがあります。私のように比較的機材投資が軽い場合はキャノン→ニコン→ソニーと乗り換えたりできますが、一般的にはメインのカメラを複数台、レンズその他ソフトや撮影用品などの周辺機材を合わせると、投資額の桁が変わるので、他社のミラーレスにおいそれと乗換えはできないでしょうね。

そういう意味ではマウントアダプターで現有資産が使えるのは意味ある方向と思います、ただ、マウントアダプターによるスペックダウンがあるとどうなんでしょ、ミラーレスをわざわざ使うメリットってなんだろうと考えると。あと、ミラーレスもメカシャッターで15枚/秒以上のスペック出さないとスポーツ関連のレフユーザーには手が出ないのではないかしら?
1DXMKIIIのライブビューで20fpsのAF連写・・そのシーンは三脚必須かしら・・・600持ち上げてライブビューを覗く撮影スタイルは腰にきそうで私には想像がつかないです。笑

フランジバックの制約が少ないミラーレスでレンズ設計や高性能化のメリットはあると思いますが、良いレンズやボディを横目でみつつも、panoramaheadさんのおっしゃると通り、ミラーレスにはなかなか移行できないのが現状だと思います。

Re: No title

bab3さん

こんにちは。プロの方の意見が頂きたいと思ってたんですよ!
色々勉強になります…MarkⅢは、今まで通りのEFレンズを使って
お仕事をこなしてもらって、空いた時間にライブビューで、
電子シャッターによる無音無振動AF連写を試してもらうと。
「ミラーレスになるとこんな感じかあ」とベテランの方々に
予行演習をしていただく(笑)
そういう意味合いがあるのではないかと。止まりものを撮ることも
あるでしょうし、シャッター音を鳴らしたくない時もあるでしょうから
結構使い出があるんじゃないでしょうか。そうやってアレルギーを
減らしていこうという、メーカーの深慮遠謀を感じます。

記事にわかりにくいところがありましたので、直しておきました。すみません。

No title

こんにちは。
>ミラーレスになるとこんな感じかあ・・

ステージ撮影用にα7sを導入した頃は、まだニコンのセットがメインでしたが、無音無振動のメリットは絶大なものがありました。レフ機の背面液晶でやろうとは思いませんが。(*_*; これで、記者会見のシャッター音も静かになるだろうと思いましたが、早合点でした・・まだまだですね。笑 
私の場合、α7シリーズでニコンのレンズが使えたのもマウント変更に拍車が掛かった一因です。大判の絵画等のデジタイズには今でもAI AF Micro-Nikkor 200mm f/4Dや、まれにAI AF-S Nikkor 300mm f/4Dを使ったりします。この種のレンズはまだソニーにはありませんし、ボディがα7RIVになっても使える良玉だと思います。

マウント変更を考えていた頃の話で、あくまで個人的な意見ですが、主にデジタイズに使うレンズに限って言えば、VRレンズの光学特性や実写性能を某社のそれと比較するなか、もうこれは行くしかないと感じた次第です。('_')

ニコンさんですか・・ちょっと微妙ですね。会社の事業内容からしても昨今の半導体不況やロボット業界の不況もあり、結構厳しいのではないかと感じています。

Re: No title

bab3さん

高感度無双のα7sだったり、超高画素のRだったり、ソニーの繰り出す新機種には
目が離せない時期がありました。アレをこれから辿っていくのかと思うと
NやCの道のりはまだまだ長いと感じます。
>今でもAI AF Micro-Nikkor 200mm f/4Dや、まれにAI AF-S Nikkor 300mm f/4Dを使ったり
まさにまさに。こういうコンパクトで高画質な単焦点が欲しいですよね。

こんばんは

panorama先生、1DX-mk3ですか、いよいよ百万円台のカメラになるかも知れませんね😲!

一眼レフでありながらミラーレスとしても使えるのはD90と同じパターンみたいですね♬

ディープラーニングAI搭載のAFがどのくらいmk2よりも良い結果が出せるものなのか興味深いです。

Re: こんばんは

yukun2008さん

今後もデジタル一眼レフが出続けるのか、それともこれが最後になるのか。
このカメラがヒットすれば、かなり悩ましいことになりそうです。
カメラ市場はどんどん縮小してますけど、ライトユーザーがいなくなって
マニアだけが残るわけで、意外と面白い方向に行くんじゃないかなあ
などと夢想しています。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR