FC2ブログ

α9Ⅱで野鳥撮影

DSC095114004,06400200190107005748
α9Ⅱ FE 400mm F2.8 GM OSS クリックで等倍

α9Ⅱある程度使い込んでみました。
まずは、ヨンニッパ単体。トリミングなし。

サーファーに驚いて飛び上がるカモメたち。
精細な描写に大満足であります。
DSC095474004,06400200190107005750
ISO200 F4 1/6400s -1EV

後ろに波の穂。ミラーレスカメラが苦手とするシーンでありますが
ガッチリとつかんで離さない。

カメラを振っても、甘くなる気配もなし。
こいつはスゴい。でもα9と較べると…どうなんだろうね。

α9のVer6.00って相当完成されてるんです。
差を見出すのはかなりムズイと思う。

電車とかモータースポーツで定点撮影してみたんですけど
どっちも良いんだよね。ううむ。
DSC090848007,14000400190107004907
SEL20TC ISO400 F7.1 1/4000s -1EV

DSC093738007,14000400190107005123
SEL20TC ISO400 F7.1 1/4000s -1EV

二枚とも2倍テレコン使用。条件が良ければこれだけ解像します。
特に2枚目は、虹彩や瞬膜がはっきり描写されています。

ただし、条件が悪いと、AFはだらしなくなり、画質もメロメロに…。
DSC086815604,02000400190106002535
三番瀬に移動。ミズクラゲが打ち上げられている。
よく、持ち上げて海に戻したりしたなあ。「クラゲの恩返し」

その後、若い娘に変身したクラゲがやってきて…ということは
全くないですね。打ち上げられた時点でもう死んでるし。
DSC086475604,0500400190106002233
コメツキガニが作った巣穴と、食べ残しの泥団子が
浜辺に無数に広がっていました。

シギチの主食がこのカニなら、食うに困ることはないだろうなあ。
DSC071995604,01600400190105234050
SEL14TC ISO400 F4 1/1600s 560mm

シロチドリが逃さすキャッチ!

コチドリが自分に向かって猛ダッシュしてきて「なんだなんだ」
と思ったら、手前のカニ目当てだったり。
DSC059625604,01600400190105223048
SEL14TC ISO400 F4 1/1600s +0.7EV 560mm

三番瀬と言えば、ハマシギ。1000のオーダーで生息。
来年の初夏くらいまで楽しませてくれます。

この画像には、動体ゆがみが出ている気がする(背後の柱)
DSC072515604,01600400190105234218
SEL14TC ISO400 F4 1/1600s 560mm

1.4倍テレコンをつけて、560㎜。テレコンをつけると、このくらいの
解像を得るのは至難の業。ほとんどピンボケになる。

よーし、今のはきれいにトレース出来たなあ…と思うくらいじゃないと
アタリが出ないんです。これは重要だと思う。

一眼レフでしばしば起こる画面端のまぐれアタリは期待できません。
α9ではほとんど見たことがない。
DSC066158005,61600400190105230453
SEL14TC ISO400 F5.6 1/2000s +0.7EV 800mm

2倍テレコン800㎜でこの大きさ。まあ仕方がないのかもしれませんね。
このチビスケにAFがついていってるだけでもすごい。

浜は立ち上る水蒸気で、撮影条件としては最悪ですもん。
結局、距離が全てってことよね。
DSC056415604,02000400190105220924
SEL14TC ISO400 F4 1/2000s +0.7EV 560mm

1.4倍テレコン使用。これもやや眠い。ちなみに全ての画像はシャープネス処理なし。
レタッチすれば、キリっとしますが…。

曇天の干潟というのは飛びモノ撮影には本当にキビシイ。
テレコン入れるとAFも妙な動き連発。

「そっちじゃないよ~!」

とツッコミを入れたくなること、しばしば。
素の状態の素晴らしさと較べると大いに不満が残るのであります。

ところで、この日はミヤコドリがたくさんいました。
1.4倍テレコンと「スーパー35㎜」ONで換算840㎜。
DSC073025604,02000400190105234246
SEL14TC ISO400 F4 1/2000s

なかなか見る機会がない鳥が群舞。すごい豪華(笑)

撮影は難しい鳥ですね。顔が真っ黒で、羽が白いでしょう。
オナガが上手く撮れないのと似てる。
DSC056095604,01600400190105220917
SEL14TC ISO400 F4 1/2000s +0.7EV 560mm

ミヤコドリがここまで近くを飛翔するのはあまりない。
それには理由があるんです。

一見ベテラン風のバーダー。
DSC072195604,02500400190105234211
このヒトと連れのもう一人が、とにかく寄りたがる。
あらゆる群れに近づいては、飛ばしてしまう。

20分ぐらいじっとしていれば、ミユビシギなんかは手で触れるくらいまで
近づいてくるのに…。

ミヤコドリの群れには、みなさんかなり距離を取って
観察してるのに、お構いなしに進む→いなくなる。の繰り返し。いやはや。
DSC081415604,03200400190106000732
SEL14TC ISO400 F4 1/3200s  560mm

撮りまくって感じたのは「違いがよくわかりません」

一番違いを感じるのはAF-ONボタンだね。マジにこれはいい。
幼児の耳たぶみたいな柔らかさ。絶妙のタッチなんだよ兄貴!

これだけは、もうα9に戻れないかんじです、はい。



関連記事

コメント

こんにちは~!

Panorama先生、α9Ⅱでもテレコン使うとAFが迷い易くなるのですね~!、その辺りが性能アップして、α9だとMC-11で連写が秒10コマまで落ちてしまうのが15コマくらいまで撮れる様になるのであれば僕もα9とM6mk2を下取りに出してα9Ⅱを購入することを考えるのですがなかなかそうは行かないみたいですね...💦
今朝は朝活で小田原へ行ってパール富士を撮った後で湘南海岸へ戻り、早朝のミサゴを手持ちで撮りました。α9はAF1点Mサイズで飛翔姿もまずまず追えました。 なかなか他のカメラにはできない芸当ですね。

No title

E-M1mk2を下取りに出してα9Ⅱにいってしまいました。

AFの追従凄いですね。
航空機しか撮ってませんが、かなり違います。
撮るのが楽ちんです。

電子シャッターの連写が速いので月撮影でも重宝してます。

Re: こんにちは~!

yukun2008さん

> 今朝は朝活で小田原へ行ってパール富士を撮った後で湘南海岸へ戻り、早朝のミサゴを手持ちで撮りました。
あなたこそ、絶倫α9ユーザーの頂点です(爆)僕、そんな活動する気力ないですもん。
遠征も良くしてらっしゃるし、マジにそのバイタリティが眩しい。僕も見習わないと。
α9Ⅱは、やっぱし9.1くらいなんじゃないでしょうか。価格差を正当化出来るのは商業カメラマン
だけのような気がします。

Re: No title

jetさん

おめでとうございます!E-M1MarkⅡからの乗り換えだと、撮りやすさに
感激されると思います。僕はE-M1MarkⅡを手に取った時、これは最高だ!
と確信したんですけど、そのあとα9がすぐ出て、使ってみたら全然レベルが
違うので、虚脱感がありましたね。オリンパスのファンだけに…。
α9Ⅱユーザー同士、頑張りましょう!

おはようございます、センセ

拡大するとびっくりする事が多い等倍画像は迫力がありますね~
コチドリが河口に来ないので寂しい気がしていました~
都鳥一家と言えば名立たる時代劇の悪いやくざの集団ですが~
このミヤコドリは可愛くて、1回撮ってみたいと思っていました~
α9Ⅱ良さそうですね~河口にいらして激解像のキセキレイ見せて下さい。

Re: おはようございます、センセ

TKNさん

おはようございます。先日の月曜日は絶対に行くぞ!と決意を
固めていたのですが、家族が急病になってしまい断念。
職場にも迷惑をかけてしまいました。
こっそり行こうかと思ったのですが(爆)さすがに…。
これから、ジョーを始めとして、いろんな冬鳥が現れて
くれると思います。とくにカモメは期待ですね。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR