夕暮れの河原でGH2の高感度を試す

一週間に一度しかカワセミ河原には
行けない。自宅からすごく遠いのです。

早朝撮影した後、仕事。意地汚くも
日没寸前にまた河原にいきました。

もう少しで日が暮れそう・・・なのに
カワセミは来ない。

暇つぶしに枝を撮ります。GH2の高感度はどうなんだ?
枝

中心部500x800の切り出し
ISO.jpg
徐々に眠くなってますが、あんまり変わらない
ようにもみえますね。

もう少し拡大。250x400で切り出し。
ISO比較
ISO400で早くも、暗部の情報は失われてます。
とはいっても、超拡大でやっとわかるレベルですけどね。

面白いのは、ISO800から突然カラーノイズが
消えるんです。明らかにISO640とは絵作りの傾向が
変わってます。

ISO800前後を多用しますので、なるべく鮮鋭度が
落ちないようにパラメータを調節してみました。
フィルムモードは「スタンダード」
yukiti.jpg
試行錯誤の後、とりあえず暫定的に各値を
きめてみましたよ。モデルは諭吉(爆)

ISO200とISO640(シャープネス+2 コントラスト+2)
ISO640の比較
ISO200とISO800(シャープネス+2コントラスト+2、NR-1)
ISO800.jpg
まあ、ISO200のノーマル画像にそこそこ近いかなあ?
暗部の情報は潰れたりしてますけど、まずまず。

フィルムモードを「ダイナミック」にしたりすると
暗部が豪快に沈んでしまいます。ノイズは目立たなくなりますけどね。

で、いよいよ暗くなってきたときやっとカワセミ登場。
P1030745.jpg
止まり木に来たかとおもったらUターン。
めちゃくちゃビックリしたみたい。
「なんでこんな時間まで人がいるんだ!?」みたいな。

しばらく遠くからじっと睨まれました。
P1030790.jpg
この画像はISO640 露光0.5秒 
カワセミ撮影としては長時間露光だと思います。

動画はノイズだらけ。出力が秒60コマだから、原理的に1/60秒以下には
SSを落とせないのかも。まあ仕方がないですね。超特殊環境下ですもの。

室内の暗さはどこまで耐えるかテストしてみようかなあ・・・。












関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは
ISO=800、健闘しているじゃありませんか。
でも最近ではISO=800は「高ISO」とは言わないのでは・・・(。_・☆\ バキ

セミナー冒頭のひと言「皆さんMACで作業をされているでしょうから、話はMAC前提で進めますね」
う~ん、画像処理の世界ではWinは異端なんですね・・・

No title

だっくさん
いやいやマイクロの世界ではISO800は十分に
高ISOです(笑)
>皆さんMACで作業をされているでしょうから
ふざけた話ですね。勝手に前提をこしらえるとは。
でもパノラマ作成とか動画はMacでやる人が多いかも。
でもってPCが苦手なユーザーはMac使用者が
多いような・・・。

律儀な

>この画像はISO640 露光0.5秒 
カワセミ撮影としては長時間露光だと

ちゃんとPHさんのお時間に合わせてくれて
なんとも心優しい翡翠さんだこと

モノトーン調のカワセミフォト
とっても絵になってますね。

No title

NightRiderさん
最後の最後でサービスしてくれました。
おもいっきり警戒されてましたけど・・・(笑)
それが逆によかったかな?足回りがよければ0.5秒でも
とまりますね。でもせわしない子だとダメだったかも。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR