FC2ブログ

新年超解像祭り

DSC03002.jpg
今年初めてのフィールド。気合を入れて早起き。朝4時に自宅を出発。6時現着。
夜明け前の入間川は、幻想的な色を帯びていました。

しかし寒い…車の気温計はー1.5℃を指しています。
フィールドに設置の気温計ではー4℃。スキー場かよ!
DSC09792.jpg
埼玉寒すぎです。川面も一部氷結しております。

毎回不思議に思うのは、野鳥の足がしもやけにならない理由。
専門書には以下のような解説がある。

鳥の脚、特にすね(脛骨)のあたりは、動静脈が交差した構造になっており
いわば熱交換器なんだそうです。(ワンダーネットと呼ばれる)

冷やされた末梢血は、動脈血により温められて中枢に戻る。
逆に動脈血は冷やされ足先での熱の損失はほとんどない。
DSC09467.jpg
 α9 SEL400F28GM SEL14TC ISO1600 F4 1/640s クリックで拡大

なるほど、と思うけど、それだと足先は凍らないまでも
いつも冷え冷えなことは変わりないでしょう?

生物の体は、ある程度の温度内でしか、正常に機能を保てないわけです。
これだと爪が生えてこないとか、傷が治らないとか弊害がありそうだけどねえ。

水面が凍結しているので、これじゃあカワセミは来ないですねえと
常連さんに聞くと、

「いや、薄い氷はあんまり気にしてないみたいです。
普通に、ダイブしますよ。」

ええ!マジですか?
DSC09378.jpg
 α9 SEL400F28GM ISO2000 F2.8 1/4000s クリックで拡大

マジでしたねえ。
バリンと破る感じこそないものの、果敢にアタックします。

すげえっす。鳥に生まれなくて良かったよ。
寒中水泳なんて絶対したくないもん。
DSC00069.jpg
 α9 SEL400F28GM SEL14TC ISO400 F4 1/2500s -0.7EV クリックで拡大

DSC00072.jpg
今回は1.4倍テレコンをつけて560㎜に挑戦。
明るいところで、撮るとやっぱり解像しますね。

師匠に見せると、

「ちょっとシャープネスが強すぎるんじゃないの?ギラギラしてるなあ。」

確かにそうですねえ…でも初期設定のままのJPGなんです。
すさまじい解像力。絞り開放のテレコンの絵じゃない。

悔しかったのはコレ。2倍テレコン使用。
DSC09921.jpg
 α9 SEL400F28GM SEL20TC ISO800 F5.6 1/1250s -0.3EV クリックで拡大

正面でガバッと羽を開いてる。なかなかこのタイミングで
撮れないことが多い。ヨシっと思ったんだよねえ。だけどブレた。

F5.6を甘く見てたねえ…。欲張れば必ずそのツケは来る。
DSC09485.jpg
 α9 SEL400F28GM  ISO640 F2.8 1/5000s クリックで拡大

今回、驚いたのはセキレイがカワセミの真似をして
ダイブする姿。ホバリングから、浅瀬に突っ込んでエサ取り。
DSC00305.jpg
 α9 SEL400F28GM SEL14TC ISO800 F4 1/2000s -0.3EV クリックで拡大

DSC00312.jpg
DSC00319_20190105203654b85.jpg
水面から、上がるときに首を振るところなんかソックリ。

これも常連さんから教えてもらったんですが、いつもカワセミの魚を
横取りするモズが、いつの間にか自分で川に入ってエサ取りしてた。

そんなことがあったそうです。三歩歩くと忘れると馬鹿にされる彼らですが
なかなかどうして、素晴らしい適応力があるんですね。
DSC09698_20190105204230d4b.jpg
 α9 SEL400F28GM SEL20TC ISO400 F5.6 1/2500s +0.7EV クリックで拡大

このところ、アカウント危機とか、仕事に追われたりで
どんよりしてたんですが、やはりフィールドに出ると違いますね。

ありがたいことです。

関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは。
カメラのモニタで見るとキレッキレ!すっげ~!
でも帰宅してPCで見ると・・・あれれ・・・
というパターンは結構あるのですが、今回の画像は「すんごい!」ですね~。しかも発色も良いし。こういうのって、年に何回も撮れるもんじゃないんですよね。
やっぱり「機材8割、運2割」という私の言葉に間違いは無いなぁバキッ!!☆/(x_x)
セグロセキレイのダイブ、この画像は極めて貴重だと思います。web上でごく希に見ることはありますが、これほど高解像なものには滅多にお目にかかれません。

こんばんは

Panorma先生、やはり埼玉は寒そうですね😵💦、池の氷をぶち割って飛び込んで魚をとってくるカワセミパワーにはビックリしますね~❗、それをド迫力で撮影された先生のテクニックも素晴らしいと思います。
ハクセキレイはカワセミがストイックに魚を探して狙いを定めていると、からかう様に翔んできて先に飛び込んでみせたりしますね(笑)

こんばんは、センセ

ついに秘密のベールを剥がしましたね~キレッキレの画像
ソニー派の面目躍如となる素晴らしい画像群です~
アンダーで撮られている意味が今頃になって良く分かります
ピンアマと仰って居る画像も結構使えるんではないでしょうか
ボクのピンアマと来たら、この倍率で大きくしたら~
グズグズに溶けてしまいそうです~次回から頑張ります。

Re: No title

だっくさん

師匠がここ褒めてくれるのは、年に一度あるかないか。
家宝として、このレスを保存しなければいけませんね。
機材8割とかのくだりは見なかったことにして(笑)
でも本当にそうですよね。楽をしたければハイエンド機という
法則は常にあると思います。

Re: こんばんは

yukun2008さん

おはようございます。埼玉も、僕が長く住んでいた浦和はそうでも
なかったのですが、北部や西部の奥深いところはかなり厳しい感じです。
もちろん、本物の豪雪地帯とは比べ物になりませんが。。。
カワセミの氷破り、本当にびっくりでしたねえ。

Re: こんばんは、センセ

TKNさん

おはようございます。うれしいコメントいただきました。
ま、それも束の間で、「時間よとまれ」のカワラヒワバトルを
見た後はしばらくあっけにとられたわけです。あんなことが
起きてたんですね…。いやはや驚きました。
ちょっと状況は悪いようですが、がんばってください!

No title

おはようございます。
まだ、一度しかお会い出来ていませんが、今年も宜しくお願いします。
ヨンニッパの破壊力まざまざと見せ・・・いや、魅せつけられました。
ホント、凄い!!
個人的には訳あってソニーから脱落してしまいましたが、
自分には縁が無かったレンズということで、これからもこちらで楽しませて頂きます(^^)

Re: No title

きーじぇいさん

こちらこそよろしくお願いします。
きーじぇいさんのブログ、強烈解像の映像が並んでますが
あれがD5とゴーヨンのコンビによるものとは!
正直に告白しますと、僕は最後までD5を使いこなせてなかったように思います。
特に我らがフィールドでは毎回涙目になってた気が(笑)使いこむごとに
新しい悩みが出てきちゃうんですよねえ。きーじぇいさんが今後どんな風に使っていくのか
とても楽しみです。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR