FC2ブログ

「無駄」をすべて削ぎ落した末に残ったもの

DSC02831.jpg
ちょっと前に面白い体験をしました。

オプションが何にもついてないポルシェに
1日乗ってみたのです。最廉価グレードの「カイエン」 

それでも900万円以上する。ランクルならオプションをフルに盛っても
おつりがくる。ポルシェはやっぱり高いっすなあ。
DSC02864_20180906124119773.jpg
カイエンは、経営苦にあえいでいたポルシェを劇的回復に
導いた立役者です。

今や、ポルシェの販売するクルマの70%がSUV。
いまだに、カイエンの人気は衰えません。

野暮ったいデザインが多いSUVのなかで、流麗なデザインのカイエンは
異彩を放ってますね。工業大学の土木科にひとりだけ美少女がいるみたいな(爆)

オプションをひたすら削ぎ落した体脂肪率ゼロのカイエン。
はたしてどんな乗り物なのか。すごく興味深い。

ポルシェの魅力の根源ってなんだろうって話になると思うんです。
DSC02943.jpg
ドアに触れても、ロックは外れません。
キーレスエントリーのオプションがついてないので。

ま、リモコンで開ければいいか。

シートは電動です。上下前後に加えて背もたれが調節できます。
座り心地は柔らかく快適。ヒートシーターとかの快適装備はなし。

それもオプションです。腰痛持ちにはあると有り難いんだけどねえ。
DSC03008_20180824090210e9b.jpg
キーを差し込んで回す。昔ながらのエンジン始動であります。
最近は軽でもボタン式だからねえ。ものすごく古臭く感じます。

キーを持ったままエンジンをかけたいなら、これもオプションになります。

メーターナセルはポルシェ伝統の5連式。
DSC03210.jpg
相変わらずカタカナのみ。すげえ読みにくい。
そんなに漢字表示って大変なのか?

カイエンのリアシートは広くてゆったり。
ポルシェの後席でまともに座れるのはこれとパナメーラくらい。
DSC03267.jpg
例によって、シートは前後には動かせないし
チルト機構もない。

お金を払えば、シートヒーターや、ベンチレーターも付けられます。
ま、冬は厚着して乗ってくれい。

エアコンの吹き出し口。
DSC02981_20180824090209e52.jpg
ただの吹き出し口です。調節は出来ない。
後席で温度をコントロールしたいならオプション・・・ってもういいか。

900万のクルマとしては明らかに装備が貧弱です。

外見とのギャップがすごいね。優雅なデザインの高級ホテルに泊まったら
部屋のトイレがタイル張りの和式だった…そういう衝撃。

もっといただけないのは、リアシートのサイドエアバッグがオプションで
あること。安全装備をケチるかどうかをオーナーに選ばせるわけです。

これっていやーな感じの踏み絵だと思わない?
オレは絶対後席にひとを乗せないって人はいいけどさ。
DSC02907_201808241257013d4.jpg
ライトをLEDにするのもオプション。なんでも商売にする。
ドイツ人のケチぶりを逆手に取った悪辣な商法。

でも、こんなの些末事です。一番問題だと思うのは
動力性能にモロに影響してくる部分までオプションになってること。

車体のロールを最小限に抑えるアクティブサス、後輪操舵による回頭性アップ、
スポーツモード+など…。
DSC03229.jpg
ダッシュボードにストップウオッチが…ない。
付いてるクルマは動力性能が上がるのです。無いと下取りに響くのよねえ。

国産車って、便利装備が揃ってるのが当たり前で、あまりオプションで
選ぶところがないです。でもポルシェは違う。

オプション全部乗せと全くなしでは、完全に別物のクルマになる。
じゃあ本当のポルシェはどれなんだ?
DSC02864.jpg
なんにもオプションの無いカイエンはどうだったか。

感心したのは5万㎞も走った個体だったのに、車体はすごくしっかりしてたこと。
安っぽいビビり音なんかしない。

踏み込むと、なかなか元気の良いエンジン音がする。
3,598cc 狭角V6 300PSだそうですけど、車が重いので2000㏄くらいに感じます。

山道を走ると、低めのギアで高回転を保って
楽しくドライブさせてくれます。このATは頭いい。

車幅もつかみやすいし、乗りやすい。

でも、レンジとかゲレンデを運転している時に感じる
「なんかすごいモノに乗ってる感」は希薄です。フツーなの。
DSC03101_20180824132406463.jpg
900万のクルマとしては、とても割高です。
最近は軽自動車にもついてるアダプティブクルーズコントロールも付いてない。

クルマは電化製品とは違うので、便利機能がないから
駄目とは言えない。言えないけど…。

911の内装は昔から貧相だったわけですが、スポーツカーだし、ということで
皆さん納得してたわけです。でもカイエンで同じことするのはどうかと思うよ。
DSC03146_20180906131831b1c.jpg
ドイツ人というと、見栄を張らず、節約を美徳とし、みたいな語られ方をしますよね?
でも独逸人に見栄を張るひとはいます。それもかなりの数が。

何しろ、ドイツ本国では月に3000台以上ポルシェが売れるんですから。

見栄は張りたい。ポルシェのバッジがついた車が欲しい。でも削れるところは全部削るぞ。
ケチることに関しては、全く臆することはない。全国民的に認められてる「美徳」だもの。

売る方も、心得たもので、そんならいっそ 全部オプションにしてやれ。
どんがらだけ用意したから、あとは好きに盛り付けしなよ、と。
DSC03101_2018090613195014d.jpg
ポルシェの廉価グレードは、メーカーにとって利益が一番少ない。
だからとてもおトクだ、という考え方があります。

僕にはそうは思えません。

ボクスターとかケイマンなどのピュアスポーツについては
確かにお得かもしれません。レースをしたいなら、豪華装備は邪魔ですし。

でもカイエンに関しては違うと思うんです。顧客が求めているものは
ステイタス性だったり、家族を喜ばせる快適性だったりするわけで。

そもそも、ポルシェとケチバトルをしたって勝てるわけがないです。
長年、筋金入りのドケチ国民に鍛えられてるんだから。

それに、オプションを削ぎ落して残ったものは、恐ろしく商品力の低い
乗ってるだけで寂しくなるようなシロモノです。

2シーターのスポーツカーだと、余計な装備なし=スパルタンという賞賛の対象に
なるわけですが、SUVのオプションなしは、単に貧乏くさいだけなのです。合掌。


関連記事

コメント

No title

センセ、こんにちは。
オプション皆無でも、それでも乗りたい「PORSCHE」ということなんでしょうね。
何も付いてないのに値段が高い・・・その高い理由は、バックドアについている「PORSCHE」のバッジ。これが多分300万円くらいするんですよ(^^;)
それよりも7、いったいいつになったら届くんでしょうかね~。

No title

あはは、ドイツ人の国民性とポルシェのオプションとの考察、とても面白かったです。
昔プアマンズポルシェっていう言葉がありましたが、この車なんかお金持ちしか買えないけど貧乏臭さ全開、さてどういうのでしょうね?(笑)

No title

昔話です。ドイツに駐在時代、素の新車のベンツと装備充実の中古車のベンツ 同じくらいの値段だったんです。
素の新車ベンツは安い。でもオプション全くなし。

- 右サイドミラーなし・・・「ルームミラーで足りるだろ」「後ろ振り向いて 後方確認しろよ」
- 当然パワーウインドウなし・・・右だけパワーウインドウ、左は手巻きのSクラス 見たことがあります。
「運転席側のにウインドウの巻き上げ 巻きおろし 自分でできるだろ」
- エアコンなし・・・「夏は窓を開けろ、冬はエンジンの熱で温風入るだろ」
まあ エアコン装備するよりドイツ人は屋根を切ってサンルーフつけますね。夏もたいして暑い日は無いので。
- 窓ガラスも安全ガラスはオプション!

日本に輸入されているドイツ車は そこそこオプションついてますね。サイドミラーは両方あるし(爆)

ドイツ人にも見栄はあります。その見栄を示すものは (1)家 (2家具 (3) 自動車の順です。家はそうそう買い替え出来ない。家具は入れ替える人がいます。豪華な家具を買うと知人を招待してそれを披露します。
台所を自慢する人も居ます。鍋はピカピカ。そもそも料理に使わないのだから、買った状態のまま!
車もイタリア人やスペイン人ほど汚さないですね。週末になるとガソリンスタンドの洗車機に列を作っています。

No title

パノラマセンセイ、こんばんは
旅行先で良く見かけるようになりましたね~
そんな時はどんな方が降りてくるのか気になって見てますが、大体60代の
夫婦2人だけが多いです、ツーシーターより、はやりのSUVなんですかね^^
>ダッシュボードにストップウオッチが…ない。
って初めて知りましたが、ひょっとして0-100kmを何秒でとか設定出来るとか
でしょうか?

Re: No title

だっくさん

僕もそう思いますよ!あのロゴとエンブレム。印籠のご威光にはかないません。
看板を磨くためのレース活動をずっと絶えず続けてきたんですものね。
リスペクトはするもの、ちょっとあくど過ぎるんではないかと。
セブンはやっぱし年明けかも…。

Re: No title

こんにちは、お名前がなかったので、どなたからのコメントかと気になって気になって(汗)
プアマンズポルシェってそういえば最近言わないですね…そう言われていたクルマたちも立派な
価格帯になってますし、高級になりすぎた911の代わりに、ケイマン/ボクスターがありますから。
スポーツカーのやり方をそのままSUVに当てはめるのは無理があるというのが今回の感想なのです。

Re: No title

猿画堂さん

おはようございます。ドイツ人も洗車機つかうんですね!いや、そもそも洗車機の
オリジナルは欧州にあるのかも?手でくるくるウインドウを動かすSクラスってシュール
ですねえ。ケチもそこまでいくと立派です。サンルーフって冷房としての機能があるんですね。
マジに色々勉強になります。うーむ。合理主義というよりゴリゴリ吝嗇主義ですね。

Re: No title

ASKさん

スポーツクロノグラフというオプションなんですけど、これを付けると
シフトチェンジの時間が短くなるとか、レブリミットが上がるなどの
特別なモードを選べるようになるんです。ストップウオッチはその
象徴として設置されるんですね。とても人気のあるオプションです。
これとGTスポーツステアリング、爆音スイッチのスポーツエグゾーストが
三種の神器のようです。

こんばんは、パノラマセンセ

ポルシェ~何と甘い誘惑に満ちた言葉でせう。
そのネーミングそのものに価値があるのですから
お値段が高いのはしょうがない事でしょう。
今の日本車は、色々便利な機能が元々ついて居ますから
このような車に乗ると、間違いなくカルチャーショックを
起こすに違いありません。
ボクもこの数年、車のキーはいつもどこでもポケットの中です。

クロノグラフ?!

こんばんは

ストップウオッチの意味がようやく分かりました。
私の乗っていた車はエアバッグすらありませんでした。

ドイツに住んでいた知人はドイツは台所が豪華で、汚れるからお惣菜などで済ませたり、料理らしいものを作らないことが印象に残ったそうです。

奥さんが独身の頃、自動車好きのサークルに入っていました。輸入車の社長もいてツーリングに行っていたそうで、「ロータスヨーロッパは、故障で良く止まったが、それでも持ち主は嬉しそうだった。911は運転している人が嬉しそうだが底板がプラスチックのようでうるさいだけで乗り心地が悪かった、ジャガーが良かった。」という事で911(恐らく空冷)は、実用性を重んじる女性には受け無いようです。

お金があれば、豪華なカイエンは奥さんに喜ばれそうですね。

装備はよく分からないですが、ロールが多そうなのでアクティブサスはつけたくなりそうです。

近くの図書館でナショナルジオグラフィックのDVDがあり、高級スポーツカーの開発過程や生産ラインを紹介しています。

圧巻だったのは、ヴェイロンの開発とアウディR8の生産ライン!でした。

それらに比べ、パナメーラは量産車の様な作られ方。 メルセデスは時代遅れというか、エンジンを人手で一つ一つ調整して、組み上げていました。

Re: クロノグラフ?!

シュタインメッツさん

キッチンのピカピカ自慢、猿画堂さんも指摘されてますし、面白い
ところがステイタスになるものですね~。しかも使うと汚れるから
お惣菜を買うというのもますます面白い。そういう志向って我が国にも
あるのかなあ。アクティブサスは、多くの評論家が絶賛してますね。
ぜひつけた方が良いと。セールス氏は逆に「壊れるからやめたほうがいいです」と
薦めません。これもなかなか面白いのですが、買うとなると困ってしまうでしょう。

ハイドロを思い出しました。

猿画堂さんも指摘されてますね。

後、やたらと本が高価で、シュタイナーも知られていないと聞きました。

壊れるのであれば、無しでノンビリと走ります。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

月別アーカイブ

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR