待ちかねたよ!

IMG_2778.jpg

地元の池にコガモ軍団が到着しました。
コガモ大好きなんです。待ちわびたよ!

非繁殖期の地味な体色です。
いわゆるエクリプスというやつ。

夏の間だけ、この体色で過ごすものもいるし
春まで地味なままの種もあるとか。

何故、エクリプスがあるのか?
どこかで読んだ解説によると

「エクリプスの時期は飛行能力が落ちる。
外敵に捕食されやすい。なので地味な羽色になる」

実際、非生殖羽の時期は、長い距離を
飛べなくなるそうです。

なるほど、よく出来てるね。自然ってスゴイ!
・・・と思いたくなるけど、すぐに疑問が涌きます。

なんで、渡りの時期にまで、非効率的な
羽を維持するんだろう?

渡りの時期こそ捕食される可能性が高いから?

でも、春は派手な生殖羽で渡るわけで。
どうもよくわからない。

一年中、派手な体色の鳥が淘汰されて、
彼らが生き残ったのかも、という流れなら
なんとなくわかるのですが。

なんでもかんでもシステマチックに出来て
いるわけじゃないと思うけどなあ。

「・・・だと考えられている」という解説は、時に
合目的的(ごうもくてきてき)に過ぎるんです。

日本の学会で腰痛だとまずこの先生、という
大家が書いた本をみると、

「何故このような症状が起きるのかはわからない」

というフレーズがたくさん出てきます。

ものすごい量の研究・解析を提示されたうえで
このフレーズが出てきます。それがスゴイ。

これぞ自然科学・・・だよなあ。ひとつの事象を説明
するにも、実は相当量の調査検証が必要なんですよね。

パンの耳をのどに詰めそうになっているハト

これを見ていると、奴らもそう深い考えが
ありそうには見えない・・・。

IMG_2580_20101026212513.jpg










関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR