40年分の進化

世界の中古カメラ市で発見してしまいました。
探していたんです、これ。テリート6.8。

以前にテリート560mmF5.6を購入。
性能は40年前のレンズとは思えない素晴らしさ。

しかし、操作性に難があります。
ピントリングが右にあり、しかもガングリップが
やたらとデカイ。

Novoflex製のノフレクサー600mmF8もかなりの
高性能と聞いていまして、ミントコンディションの
ブツが格安(ほんとに安かった)で悩んだり。

しかし、F8はいくらなんでも暗すぎる・・・。
テリートF6.8は、初代560mmF5.6より暗いけど
描写はより洗練されているらしいです。

もってみると本当にかるい!
虚弱体質のおいらでも手持ちできます。

大きさを較べてみました。
PA200717.jpg
こうして並べてみると壮観・・・。
嫁から「中古屋さんになれるわね」
なんてイヤミをいわれても無視です。無視。

で、較べた結果は・・・あんまりかわらない(笑)
F5.6はもっと大きいイメージだったけどなあ。

ちなみにNIKKOR500mmF4、ゴーヨンと較べると
PA200738.jpg

ゴーヨンって小さいね・・・テリートはフードを取っても
同じ大きさです。

ただ重さが全然違う。ゴーヨンはレンズが
ぎっしり詰まってます。テリートは前玉2枚だけですから。

前玉の大きさを較べると
PA200729.jpg
F5.6はやっぱりデカイ。テリートF6.8と
ボーグ77EDⅡとほとんど同じですね。

カワッテルなあ・・・とおもうのはピント合わせ。
リングがなくて、鏡筒を伸ばしたり縮めたりする
直進式。
PA200719.jpg
このイボイボのついたボタンを押すと
鏡筒が伸ばせるようになります。

こんなんで、ピントが合わせられるのかしらん?
店頭で試したときは不安になりました。

でも、やってみると意外に快適。使えます。
14倍拡大のライブビューで追い込むときも
ちゃんと微調整できます。

マウント近くには、90度回転させるラッチが
付いていて、スッと一瞬で縦位置になります。
工作精度高し。
PA200723.jpg
テリートに共通しているのは、絞りが
まん丸なんです。とてもきれい。
PA200730.jpg
単純な構造だから、この先にボーグのレンズ付けたり
すぐ出来そう。77EDⅡにこの絞りをつけて使いたい・・・。

マイクロフォーサーズ機で使用する場合は
1120mmの超望遠。でもこれは手持ちしたいなあ。

一応、PENデジタルは1000mmまで手振れ対応してます。
SSが3ケタあればなんとか止まりそう。

今回もヨックレンズ製の電子マウント装着。
F6.8、焦点距離1120mmがちゃんとExifにでます。

とりあえず、寮の廊下で実験。
15m先のミニチュアを撮影。等倍切り出し。

ライカ テリート560mmF6.8+E-P2 1120mm
PA210785.jpg
ボーグ77EDⅡ+E-P2 1020mm
PA210793.jpg
ボーグはハイライト部分の色にじみがほとんど無い。
細かい文字もくっきり解像。

うーん・・・EDレンズってスゴイ!そういう結論か!?
でも本当にそう。こういう高性能レンズが安価に
手に入る時代なんですね。

EDレンズが何枚入っているとかカタログスペック
みても、いまひとつピンときませんでしたが、
これならわかる。なるほどなあ。

でも40年前のライカレンズも相当いけてますよ。
等倍で目立つ色にじみなんて、印画紙にしたら
全紙とかでやっとわかるくらいでしょ。

普通は、キャビネとか四つ切がいいとこですから。
今のレンズは恐ろしく高水準での性能が求められて
ます。

さてこのレンズで何をとろうか・・・。
富津岬のミサゴをこれで、なんて夢想してみますが
俺の腕じゃあ絶対無理だね・・・まずは練習しよう。






関連記事

コメント

No title

センセ、こんばんは
あらあら・・・あらあらあら・・・あららのらぁ・・・(^^:)
そのうち中古カメラ屋を開業したりして(^^:)
お医者様って収集癖がお有りの方が多いんでしょうかね。

作画比較、EDⅡが凄いですね。ここにゴーヨンも混ぜて欲しかったなぁ。

それにしても長いなぁ・・・センセは長いのがお好きですかぁ。だっくは、どちらかというと太いのに憧れます(。_・☆\ バキ

No title

だっくさん
この3本を合わせても、ゴーヨンの1/4にしかなりません。
ゴーヨン高すぎですね。ま、それくらいのコストが
かかってるんでしょうけど。中古屋を開いても
ゲテモノレンズばかりなので、たちまち商売は
左前になること間違いなし!
商売柄、いろんな逸物を見てきましたが、立派な
モノをお持ちのかたは、痛みに強く、横柄なひとが
多いです。逆に粗末な方は、良く気がつき優しく
そして痛がりです。

レンズの博物館

>でも40年前のライカレンズも相当いけてますよ。
そのレンズには見えない歴史や
光学機器のパイオニア達の熱い情熱までもが
克明に写しだされていた!!
PHがその時携えていたレンズはLEICAだった!!

No title

NightRiderさん
おはようございます。今歴史の勉強中なんです(爆)
あんまりお金が掛からないところがいいですね。
昔から変わらないところ、大きく進化するところ
それを体感してます。
非公開コメント

プロフィール

panoramahead

Author:panoramahead
ハイスピード動画公開中
youtube.com/user/panoramahead

カテゴリ

since 2010.3

検索フォーム

QRコード

QR